ぎぼむす最終回の視聴率が19.2%もあった理由!

 

ぎぼむす最終回の視聴率がすごい事になっていますね!

いったい安室特番が裏にあったにも関わらず最終回の視聴率がなぜ19%以上も達成する事ができのか?

今回は、TBS系ドラマ『義母と娘のブルース」通称ぎぼむすについて動画や画像やWIKIや口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

ぎぼむす最終回の視聴率

女優の綾瀬はるかが主演するTBS系連続ドラマ『義母と娘のブルース』(毎週火曜 後10:00)の第10話が18日放送され、平均視聴率が19.2%だったことが19日、明らかになった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは、桜沢鈴氏の同名四コマ漫画(ぶんか社)を原作に、綾瀬演じる無敵のキャリアウーマンの主人公・亜希子が、娘を持つ良一(竹野内豊)と結婚し、母になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語を描く。

 初回は11.5%で発進するとその後、すべて2桁をキープし、第5話は13.1%、第6話は13.9%、第7話は15.1%、第8話は15.5%、そして前週第9話17.3%と右肩上がりで自己最高を更新。最終話で最高視聴率を記録し、有終の美を飾った。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000360-oric-ent

 

スポンサーリンク

ぎぼむす口コミ

50代男性
お互いを信じて支え合う、2人は
ちゃんと親子になってましたね。
亜希子さんの心は良一さんにあるって納得した麦田さんの引き際も立派でした。
ファンとしては、綾瀬さんが出てるから観るって感じだけど、内容も良ければ何倍も嬉しいです。
心に残る素敵なドラマをありがとう
ございました。

10代男性
毎週、楽しみにしていました。
義母と娘だけど本当の親子以上でしたね。
役者さんたちがそれぞれいい味を出していて、最高のドラマでした

60代男性
最終回、予想通りの素晴らしい回でした。
本当の親子以上に深い思いやりがみられ感動しました。亜希子さんがみゆきのことを我が身のごとく考え、喜び、悲しみ、それが自分のわがままでしていたと言った時に出た「世間ではそれを愛と言うんだよ」のセリフ。涙が勝手に溢れました。
その後のこの親子が見たいです。スペシャルで帰ってきてください。待っています。

10代女性
最終回はみんなが幸せな結末がいいなと思っていたので、とてもよかったと思います。このドラマは愛で溢れていた。でてくる人たちが皆、優しくて、温かかった。観ている私も心が温かくなった。ステキなドラマでした。大好きです。

10代男性
終わっちゃったなぁ〜 。が率直な感想です。
登場人物に悪人もいなく、みんな良い人でみんな応援したくなる。
形や方法は違うけど、みんな相手の事を想って考えたり行動している。まさに「アイノカタチ」。
涙あり笑いあり、そして感動するドラマをありがとう。
おかげで、顔面の筋肉の良い運動になりました

スポンサーリンク