ゴッホ写真 新事実の真相がヤバイ!【画像有り】

 

ひまわりで知られる後期印象派の画家・ゴッホ写真の新事実が話題になっていますね!

いったい弟の写真だった新事実とはどういう事なのでしょうか?

今回は、ゴッホ写真について画像や

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

ゴッホ写真の新事実とは?

ハフポスト日本版他、メディア各局がゴッホ写真の新事実に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 「ひまわり」で知られる後期印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホ。その若かりし頃だと考えられてきた写真が、実は彼をずっと支え続けていた弟のテオ(テオドルス・ファン・ゴッホ)であることが分かった。
 オランダ・アムステルダムにあるゴッホ美術館が11月29日、発表した。
 今回判明したのは、「13歳のゴッホ(フィンセント)」だと長年言われてきたもの。実際には15歳の弟テオだという。32歳のテオの写真と見比べると、面差しがよく似ている。
 ゴッホの展覧会に携わっていたイヴ・ヴァシュール氏とゴッホ美術館の研究で分かった。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00010003-huffpost-soci

スポンサーリンク

ゴッホ写真の口コミ情報

20代女性
弟のテオも興味深い人物だし偉人といっていいかもしれない。
40代男性
ゴッホ写真から正に一心同体の兄弟だったのですね。
60代女性
どちらかと言うと、テオの方が好きです。ゴッホ写真の新事実、こういうのって、まだまだありそう。

スポンサードリンク


50代男性
ゴッホの影にテオ!ファン兄弟の壮絶な人生。
新事実なんだか映画になりそうだよね……。
60代男性
ゴッホの生前、売れた絵はたったの一枚。
極貧と生涯独身のまま己の信ずる道を歩んだゴッホ。
しかし、遂に日の目を見ることもなく、深い暗闇と
孤独の中で自ら命を絶った栄光なき天才…
後年、史上最大の画家と評されるとは誰が予想した事だろう?
タイムトンネルがあれば、遅すぎた今日の栄光を本人に伝えに行きたい。
30代男性
生きて描いてる間は全く売れず
鳥小屋の穴を塞でいた絵もあったらしいから
数奇だな
ゴッホ写真の新事実かあ!
20代女性
生きてた時には全く無名だったらしいから、有りありの話だと思う。有名な自画像が弟だったら、大発見だけどね。
30代女性
ゴッホ写真の新事実はどういう経緯で弟だとわかったのか知りたいな。
40代男性
テオが金銭援助して生活支えてたし、ゴッホも怒らんだろう。
40代女性
1957年にゴッホの研究家Mark Edo Tralbautが13歳当時のゴッホとして写真を公表した時には、19歳の時に撮影された写真に写っているヴァン・ゴッホと非常に良く似ていたので誰も別人の写真とは疑わなかった。ところが2014年にオランダのテレビ番組が実験的画像分析技術を用いて2枚の写真を画像分析したところ、2枚の写真は別人の可能性が高いことを示す結果が出た。そこで美術館の本格的調査が開始された。その頃、作家のYves Vasseurも調査を行って13歳当時の写真を撮った写真家を突き止め、その写真家がブリュッセルのスタジオに出かけて写真を撮った1870年に既にゴッホは17歳になっていたことを発見していた。そこでYves Vasseurと美術館が協力して調査を行い、様々な書簡から、写真家がブリュッセルで写真を撮ったのは当時15歳だったテオであることが判明した。

スポンサードリンク


スポンサードリンク