ゴールデンボンバー 称賛の真相がヤバい!

ゴールデンボンバー 称賛

 

ゴールデンボンバー 称賛が話題になっていますね。

先日発表された新曲「令和」が称賛されていますね!

いったいゴールデンボンバーの称賛とはどういう内容なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

ゴールデンボンバー 称賛の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらがゴールデンボンバー 称賛に関する記事詳細です。

ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」が4月1日、新元号ソング「令和」のミュージックビデオ(MV)をYouTubeで公開。新元号の発表から約2時間という驚きのスピード仕事に大きな反響が寄せられています。

 同バンドは、同日11時ごろから「LINE LIVE」で生配信を開始。新元号ソングの制作を秘密裏に進めていたことを明かすと、新元号発表と同時にサビ部分のレコーディング、MV撮影及び編集を行い、最速で楽曲を配信するというとっぴな企画を発表しました。

 メンバー全員で歴史的瞬間を見守り、菅義偉官房長官が掲げた「令和」の文字を確認すると現場は急ピッチで楽曲制作へ。金びょうぶを前にしたMV撮影から、ボーカル・鬼龍院翔さんのレコーディングなど全ての工程をファンに見守られながら、いよいよスタッフによる編集作業に突入。そして新元号発表から約2時間が経過した13時40分ごろ、新元号ソング「令和」がYouTubeで公開されました。

 ゴールデンボンバーらしい斬新な仕掛けは大きな反響を読んでおり、MVの再生回数も超ハイペースで増加中。ファンからは、「早くてびっくりした! 流石です!」「曲もPVも新しい時代の幕開け感がすごい!」「紅白出場決定だと思う」「仕事の早さが求められる時代! それが令和!」など驚きと称賛のコメントが※到しています。

 さらに15時10分ごろには、iTunes Store、Apple Musicで配信開始。レコチョクでも即日配信を予定しており、4月10日にはタワーレコード、Amazon、事務所公式通販サイトでの先行発売も決定しています。仕事早すぎぃ!

※一部省略

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000078-it_nlab-ent

 

今回のゴールデンボンバー 称賛についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

称賛されたゴールデンボンバーの画像や動画

スポンサーリンク


 

ゴールデンボンバーの称賛に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
息が長いのは実力がある証拠であり称賛されるべき。
ガガガはかなりの名曲

 
 
年号の発表は、昭和天皇が崩御されてすぐだから、厳粛なものでした。

令和発表は、平成の時と違い、日本全体が明るくて、番組も楽しいものが多くて、昭和生まれから見ると、感慨深かったです。

明るく、希望のある、平和な時代にしたいですね。

 
 
MV見ましたが、狙い目としては凄く良かったと思う。
 色々パクリ感満載ではあるが、許されると思う。

 
 
ファンを大事にしていて尚且つ初心者にも配慮しているという自負がアーティストにもファンにもある、とあるバンドのファンだけど、ライブに行ったり活動に接してみて、更に上を行ってると感じたよ。
尊敬する。

 
 
スピード重視で中身期待する曲ではないと軽く聴いたら、とんでもない!!

自分の中のあれやこれやのネガティブをブワァーっと吹き飛ばしてくれました。
朝、夕に聴き鼓舞されています。

自分なりに何か残すね!

 
 
ただただ凄いと称賛の嵐。
これからも世の中に振り回されず頑張って欲しいです!

 
 
ラジオでRHYMESTER宇多丸が「楽曲発表からCDを販売するまでの期間が、業界の常識からみて異常に短い。よっぽど緻密な計画しないと成し得ないこと。」と言っていた。
生配信含めて、ただのノリで作っただけじゃないのがプロジェクトとして素晴らしかった。

 
 
色んな見方あるけど天才だよ。
先見の明がある。これからも楽しませてほしい!

 
 
今年は特撮ガガガがヒットしたから紅白出場も濃厚。あのドラマは面白かったし曲も合ってた。

 
 
彼らが、女々しくて、の一発屋で終わらなかったのは
優れたエンターテイナーであり、パフォーマーであったからだろう。
そしてその面を決してすごいでしょと思わせないこと
むしろ、少々センスがね、と思わせるところ
そのあたりが彼らが息の長い活躍を支えているのだと思う。

スポンサーリンク


 
 
鬼龍院は天才だと思う。しかもここまで残れているってことは人間的にも素晴らしいんだと思う。

 
 
鬼龍院さんの歌唱はとてもレベルが高いと思います。いつも歌の途中からパフォーマンスが始まるので歌がゆっくり聞けないのですが・・・。
特に「おどるポンポコリン」のラストのサビでのハイトーンボイスは、何度聞いてもすばらしいと思います。

 
 
TRFだって楽器持たないメンバーが周りでパフォーマンスしてたし、EXILEだって楽器持たないメンバーが周りでメッチャ踊ってるじゃないか

 
 
このバンドのライブの間奏タイムの隠し芸大会とか面白いし
これも斬新な発想ではありますね

あとみんなバラエティ慣れしてますよね
これがあのPVに生きてると思うんです

 
 
彼らはまだまだ活躍すると思うよ。

 
 
10年間一流でいられたら本物なのでしょう。これからの活躍も楽しみです。

 
 
鬼龍院翔の音楽の才能とともに、
メンバー全員が「良い兄ちゃんたち」って感じで、
好感が持てるわ~

 
 
ゴールデンボンバーには元気をたくさん分けてもらっています。
色々と楽しませてくれて笑顔を提供してくれる、このようなグループを求めてる人って多いと思うんだよな〜。

 
 
新元号発表のお祭り騒ぎに便乗しているだけではあるが、
意外と誰もそれに手を付けないところをやってしまうのが
このエアバンドの強みなのだろう。

 
 
安倍がNo1よりもオンリーワンという曲に触れてたけど
令和グッズといい結局皆No1にこだわってるんだな。
それならゆずがHey和をRay和に変えて出せば最速狙えただろうに。

 

おわりに

今回はゴールデンボンバーの称賛について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていますが概ね高評価のようです。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク