平成30年7月豪雨の真相がヤバい【画像有り】

  

平成30年7月豪雨が話題になっていますね!

いったい平成30年7月豪雨とはどういう事なのでしょうか?

今回は、平成30年7月豪雨について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


平成30年7月豪雨とは?

ウェザーマップ他、メディア各局が平成30年7月豪雨に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

6月28日以降、台風7号や梅雨前線の影響で、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、全国各地で甚大な被害が発生した。これを踏まえ、気象庁は今般の豪雨の名称を「平成30年7月豪雨」と定めた。災害をもたらした気象事例で、気象庁が命名したのは昨年7月の「平成29年7月九州北部豪雨」以来となる。

6月28日以降、台風7号や梅雨前線の影響で、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な - Yahoo!ニュース(ウェザーマップ)

平成30年7月豪雨の口コミ情報

20代女性
平成30年7月豪雨は歴史に残る命名。
40代男性
日本の気候がこれだけ変わってくると、もう「今まで安全だったから」ということは何の保証にもならない。自分が住んでいる地域でも集中豪雨があったら危ないと思えるようなところはたくさんあるし、国民全員が今回のような状況になったときにどう行動すべきか考えておく必要がありそうだ。
60代女性
平成の終わりの夏としては忘れることはないだろう。
ただ、次世代にとって遡るためには西暦にして欲しかった。
お役所の元号主義は変わらないらしい。

スポンサードリンク


50代男性
平成30年7月豪雨今回は被害範囲が広すぎるし 一部では局地的だし地域名入れらんないんだろな…。
60代男性
毎年のように水害が発生している気がする。。。
30代男性
平成30年7月豪雨は西日本を入れないと!
20代女性
平成30年7月西日本豪雨かなと思ったけど、岐阜とかもあるからかな。
30代女性
平成30年7月豪雨大変な災害となりました。
謹んでお見舞い申し上げるとともに、微力ながら支援金を出させて頂きました。
40代男性
平成30年7月豪雨は想像以上の被害!