梨花 全店舗閉店発表の真相がヤバい

 

梨花 全店舗閉店発表が話題になっていますね。

メディア報道や口コミ情報はどうなっているのか?

いったい梨花 全店舗閉店発表とはどうい事なのか気になりますのでまとめていきます。

 

スポンサーリンク

梨花 全店舗閉店発表の真相がヤバい

こちらが梨花 全店舗閉店発表に関する記事詳細です。

モデルでタレントの梨花(45)が2日、SNSを通じ、自身が手掛けるブランドショップについて、年内をもって全店閉鎖すると発表した。

 「MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます」と報告。2012年4月12日に代官山1号店をオープンした際の不安と喜びを振り返りつつ「想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、ありがとうの気持ちは忘れません 」と感謝の気持ちをつづった。

 さらに「目まぐるしく過ぎていく今の時代 私自身思考や求めるもの 大切にしたいことが、だんだん変わっていく中で 心を保ちながら 私の力不足も含めてこの大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになりました」と、経営の難しさにも触れ「これから残りの人生を どう生きていきたいかを考えるようになった時、 ここで一度立ち止まり、この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました」と決断に至った経緯について明かした。

 「これまで、支えてくださった沢山の方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これまでMAISON DE REEFURというブランドを愛してくださった皆様本当にありがとうございました」と再び率直な気持ちを言葉にし、最後は「最後の日までMAISON DE REEFURをよろしくお願い致します」と呼びかけた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000072-spnannex-ent

今回の梨花 全店舗閉店発表についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 
スポンサーリンク


梨花がの全店舗閉店発表に関する口コミ情報

 
 
モチはモチ屋だと思うよ。
逆にモチ屋はモデルとかタレントにはなれない。
人間は「本業」を大切にした方が良い。

 
 
どこにでもあるデザインで、あの値段は無理があるでしょう。あと、ブランド名を口に出して言うのが恥ずかしい…あと、値段の割に素材やデザインにこだわりすら感じないブランドでしたね。
タンブラーとか、ロゴ入りってだけであの値段
それならスタバで買うでしょ普通

 
 
最初は話題でミーハー客が来たけど冷やかしも多くて、高額品ばっかり取り扱って僅な顧客で回して回しきれず閉店。流石に、梨花ブランドじゃ限界がきて全店舗閉店発表をしたんだろうね。

 
 
今は洋服買うなら駅中のルミネか通販になっちゃうから代官山の店とかかなり苦戦してるんじゃないかな。10年前くらいまでは代官山はステータスだったかもしれないけど今はわざわざ代官山まで買い物にいく人は減ってる気がする。

 
 
センスは確かに悪くないが、Tシャツやタオルなどこの質でこの価格?というのが多かった 流行を取り入れるならファストファッションで良いし、かといって長く使い続ける品質ではなかったのが全店舗閉店の敗因だろう

 
 
すんごーい高いもんなーりんかのブランド。
なぜそんなに高いの?って思ってた、着ると素敵だと思うけど、リピーターにはならないかな。

 
 
当人はそれでもいいが、働いていたスタッフは
要は失業したわけだよね?
やっぱ働くなら、なくなりそうにない会社がいいな。

 
 
代官山のお店はお客さんたくさん入ってたように思います。雑貨の評判もわるくなかった感じでした。分かりませんが、単純に売上だけでなく、ブランドの成長全体でみて色々と悩むところがあったのでしょう

 
 
購買層の世代が変わってしまったんでしょうね。

スポンサーリンク


 
 
どこがカリスマ?
妥当な結果ですね。

 
 
年内でって、後10か月閉店セールをするってこと?
人気が落ちての閉店だから在庫をさばくのでしょうが
そんなにあるの?

 
 
赤字経営ですね。

 
 
いわゆる「プチプラ」時代に、個人のブランド店がやっていくのは、よほど突出したものが無いと無理でしょう。

 
 
代官山のお店がオープンした頃、妻と行きました。
意識低い系の私には商品の良し悪しよりも金額設定が高い…価値観の違いは面白いとも感じたよ。
あの頃は繁盛しているように見えたけど商売は難しいものだね

 
 
自分の世界観を大切にするのは良いけど、関わってきた従業員の方々は無職になるわけだからね、、

 
 
やっぱ経営って、夫か家政婦に子育てと家事を任せ切りにでもしないと難しいと思う。

シングル子なしの経営者でも苦労するだろうに、家事に子育てにモデルにといろいろやるのは超難易でしょう。

 
 
この前娘がここのトートバッグを買ったけど、3回使っただけで、紐がちぎれました。お店に持って行ったらそういうお客様がたくさんいらして交換してくれるとのこと。交換してもらっても怖くて使えませんけどね。
お洋服も結構値段が高めなのであまり需要がないのではないかと思います。

 
 
金額が良かったら質も良くないといけないと思います。

スポンサーリンク


 
 
ズルズル続けているよりはマシ。自分がちゃんとメディアに出てしっかり稼ぎましょう。

 
 
閉店ってなると、売り上げが悪いって言われるけど、このお店はそうではないと思います。
海外にもオープンしたり、とても経営が悪いお店ではできないことです。
年齢的に、梨花さんが経営しながら子育てしたりするのに疲れたのかなと思います。

 
 
なかなか決心が難しかっただろうけど、引ききわが肝心。賢い選択だと思う。

 
 
この写真、劣化がすごい。。。街で見かけても誰も気付かないと思う。年取って人気保てるのは一握り、厳しい業界

 
 
ネームバリューだけでは、上手くいかない商売の難しさですね
成功するのは一握りだし、何をもって成功もある

 
 
芸能界では、運良く上手くいったかもしれないけど、知名度と商売を結びつけたら、商売なんて長く続かないよ!

 
 
webshopしか見たことがないですが、
商品など爽やかで素敵な印象でした。
ですが値段が一般庶民の私には高すぎて…
7万の服をこちらで買うなら、好きなハイブランドで何か買った方がいい使い道と思ってしまう。

 
 
マリ子様のブランドよりは長く続いたよね。
いやっ、マリ子さまのブランドは速攻で終了
梨花ブランドは長く続いたが正解だ。

 
 
劣化がヤバイ

老いは平等に来るが若い頃、それなりな人が変わって行くのは毎度驚きと恐さを感じる

 
 
今はネット通販が主力。店舗販売だけの展開には限界が来たのだろう。

 
 
芸能人など名前が売れ人気が出ると副業を始める人がいるが、世の中そんなに甘くない。特に営業の素人が商売に手掛けても黒字経営を続けられるのは困難。玄人でも大変なのに考え方が浅い。

 
 
結局、経営が上手くいかなったのは、この人が財務的な知識もない中で、良い腹心や番頭などに恵まれなかっただけだと思います。

このように梨花 全店舗閉店発表に関してネット上ではいろいろな意見や思いがあるようです。

この後も引き続きどうなっていくのか注視して衝撃的な情報が入り次第追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク