平野佳寿 記録更新の真相がヤバい【画像有り】

 

ダイヤモンドバックス平野佳寿(ひらのよしひさ)投手の記録更新が話題になっていますね!

いったい日本人メジャーとして最多となるシーズン74試合登板で記録更新とはどういう事なのでしょうか?

今回は、年俸や成績が凄い34歳の平野佳寿投手について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサードリンク


スポンサーリンク

平野佳寿投手の記録更新とは?

日刊スポーツ他、メディア各局が平野佳寿投手の記録更新に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 ダイヤモンドバックス平野佳寿投手(34)が、ドジャース戦に6番手として登板し、日本人メジャーとして最多となるシーズン74試合登板に到達した。
これまでの最多記録は、2004年の大塚晶則(パドレス)、13年の上原浩治(レッドソックス=現巨人)の73試合。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00341936-nksports-base

平野佳寿投手の口コミ情報

30代男性
大谷選手が注目される中しっかり自分の仕事をやり遂げる。これぞプロ中のプロ!記録更新も達成した!
平野佳寿投手1年間必死だったと思うけど、同じ日本人として誇り。これからも身体をケアしながら長くやってほしい。
40代男性
記録に残った。
ただ、2暴投は疲れからか。
来年のために休養も。
60代女性
平野佳寿投手 一年目から見事な活躍でしたね。メジャー移籍に懐疑的な見方もありましたが、メジャー球団の慧眼と本人の適応力は恐れ入りました。記録更新良かったですね。

スポンサードリンク