池江璃花子 白血病で入院した病院はどこ?骨髄移植で東京五輪が絶望か!

池江璃花子の白血病

 

水泳の池江璃花子(いけえりかこ)選手が白血病であると自身のツイッターで公表した!

治療に専念するという事で入院する事になりそうですがどこの病院なのか?

まだ18才の池江璃花子さんの急性白血病の治療方法は骨髄移植や抗がん剤治療をするのか?気になります。

東京五輪の出場も絶望的になってしまうのか!?

今回は池江璃花子さんの白血病について調査していきます

 

 

Sponsored Link

池江璃花子さん白血病を公表

スポンサーリンク


競泳女子の池江璃花子(18歳=ルネサンス)が2月12日に自身のツイッターで白血病を公表しました!

この白血病の公表に日本中が衝撃を受けています!

池江璃花子選手はまだ18才なのになぜ白血病になってしまったのか?

急に白血病になる場合もありその場合の病名は「急性白血病」となるようです。

医師によると白血病は年齢に関係なく発声してしまうようです。

治療も数年かかるともいわれていて東京オリンピックの出場は絶望的なのでしょうか?

下記のように白血病の報道もされています。

競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が12日、自身のツイッターを更新し「白血病」であることを報告した。池江は1月18日にオーストラリア合宿に出発するも、体調不良を訴え途中帰国していた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000073-sph-spo

 

Sponsored Link

池江璃花子の入院した病院はどこ?

スポンサーリンク


水泳の池江璃花子選手は白血病で治療をすることを公表しました。

いったいどこの病院に入院して白血病の治療をするのでしょうか?

現在までに病院名までは発表されていません。

池江璃花子選手の実家は東京の江戸川区なので東京都内の病院だと思われます。

実家から近い大きな病院にいくかもしれません。

ちなみに「白血病 病院 東京」で検索してみると

下記のような病院が白血病の治療実績の多い病院の順位はこのようになります。

1 東京都 東京大学医学部附属病院
2 東京都 東京都立小児総合医療センター
3 東京都 日本医科大学付属病院
4 東京都 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
5 東京都 公益財団法人ライフ・エクステンション研究所付属 永寿総合病院
6 東京都 医療法人財団明理会 明理会中央総合病院
7 東京都 東京都立駒込病院
8 東京都 虎の門病院
9 東京都 日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院
10 東京都 東邦大学医療センター大森病院
10 東京都 東京医科歯科大学医学部附属病院

出典元:https://caloo.jp/dpc/disease/1229/13

ただ池江璃花子選手は4月から日本大学に進学する事が決まっているので、日大病院の可能性もあります!

日大のアメフトの元監督である内田監督もニュースで報道されていた当時は日本大学病院へ入院していました!

日大病院のメインは御茶ノ水駅に近い場所にある 〒101-8309東京都千代田区神田駿河台1-6の「日大病院」ですが池江璃花子選手が今住んでいる所は現在通っている巣鴨の高校から近い場所と考えると「日大病院板橋」の方の可能性もあります。

池江璃花子選手が進学する大学の情報はこちらです。AO入試で合格しました↓

 

 

Sponsored Link

白血病で東京五輪の出場は無理?

池江璃花子選手の白血病に関してミヤネ屋で医師の方が説明していましたが完治するまでに1年くらいはかかるんじゃないかと言われています!

まだ白血病のタイプは分かっていないのですが長い場合だと5年くらい経過観察が必要ともいわれています!

よっと1年半後にある東京オリンピックは絶望的になってきています。

水泳で金メダルをとる姿を日本国民が待ち望んでいたのですがちょっと難しくなってきたのかもしれません。

夕方4時から水泳連盟が記者会見を行うので詳細が判明次第追記していきます。

スポンサーリンク