日記

いきなり!ステーキ 苦戦したホントの理由はこちら【画像有り】


 

いきなり!ステーキの苦戦が話題になっていますね!

いったいどのような苦戦になってしまっているのか?

今回は、アメリカに進出したいきなり!ステーキ店について動画や画像やWIKIや口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサーリンク


米国でも手軽にステーキが食べられる文化をつくりたいと豪語し、ニューヨークで急速に出店を進めるステーキ専門チェーン「いきなり!ステーキ」。日本に続き米国でも「快進撃」と評されるが、実際は「悪戦苦闘」のさなかにある。

 「米国? まだまだ厳しいですよ」。ステーキ専門チェーン「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは、わずか1年半で米国のニューヨーク(NY)に9店舗を出店した。日本に続き米国でも快進撃をしているように映るが、同社の幹部の言葉には苦悩がにじみ出る。

出典元:Yahoo!ニュース

 

 

 
スポンサーリンク


40代女性
いきなり!ステーキがアメリカで苦戦した理由をまとめると日本と米国人の文化の違いだったって事ね
40代男性
苦戦理由をまとめると
・ガスの開通も遅い
・1人での来店も多い日本に対し、米国では2人以上での来店が多いのでテーブルの間にある仕切りを取り外し、対面で座っても会話が弾むようにした。
・前菜なし、食後のデザート無しが受け入れられていない。
・1号店はチップ不要で始めたが、2号店以降、チップ制を導入
・ファストフードの位置付けなのに価格が高いと思われた

この5点が苦戦理由ですね。

20代女性
いきなりステーキを2回ほど食べて一番高い肉を200gで注文したけども意外と固くてちょっと冷めてて美味しいとは思わなかったぞ!

何で1人前で200gからの注文なんだよ!ステーキだけで2000円こえるじゃないかよ

主に低価格のステーキを提供している。

予約不要の立ち食いスタイルを特徴としており客が好みの肉の量を指定して店員がその場で切り分け、これを焼き上げて提供する「オーダーカット」方式を採用している。1g単位で価格が設定されており、ヒレステーキは200g以上、他のステーキは300g以上で注文する。
いきなり!ステーキの原価率は、通常の倍程度にあたる70%以上といわれている。

出典元:WIKI

30代男性
いきなりステーキは日本でももっとサービス向上しないと今後は苦戦すると思うぞ!2000円も出すなら牛角の食べ放題の方がよいと思う。

30代女性
牛角は1人で入りにくいけどもいきなりステーキだと1人でも入れるから都市部のサラリーマンが多い街では流行りそう
50代男性
ステーキ2000円もするんだからもっと美味しいステーキを提供するべきですね!
ロイヤルホストのステーキの方がごはん付きで美味しいですね

20代女性
でもいきなりステーキは日本ではすでに270店舗以上も出店しているので大成功ですね。日本では苦戦しなかったが外国では受け入れられない部分もありますね
60代男性
アメリカと日本じゃ、ニクのコスト感覚が違うんじゃない?胃袋の大きさも違うし。1ポンドオーバーもあたりまえだろうし、和牛を破格な値段で喰わせるんならまだしも、日本の寿司屋みたく、魅力的なステーキハウスがいっぱいあるだろうし。
50代男性
ヒロシです。
いきなりステーキのリブロースは、スジだらけで、飲み込むタイミングがわかりません。

10代男性
ちょっと前はいきステ快進撃
って記事出してたのに
もう苦悩ってか…
10代女性
まあアメリカの寿司屋が銀座に店出して、それでうまくいくかいな?って事だな、うん

10代男性
最低グラム数が設定されてる時点で、無理やわ
顧客の希望通りの重量を提供すべき。
もちろん、量の大小によらず、焼き加減は適切であること。
60代男性
いきなりブレーキ

 
スポンサーリンク