生稲晃子 乳がん闘病告白が泣けてくる。。。【画像有り】

 

歌手で女優・生稲晃子(いくいなあきこ)さんの乳がん闘病告白が話題になっていますね!

いったい乳がん闘病告白とはどういう事なのでしょうか?

今回は、夫と子供がいる生稲晃子さん(50)について動画や画像や

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

生稲晃子さんの乳がん闘病告白とは?

SmartFLASH他、メディア各局が生稲晃子さんの乳がん闘病告白に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 日本人女性の11人に1人が発症する、30~64歳の女性の死亡原因No.1は「乳がん」である。女性に多く発症するこの病を、家族として男はどう受け止め、対処すべきか。実際に乳がんと闘った生稲晃子(50)が治療体験を語る。

 2011年1月に受けた人間ドックの超音波検査で、再検査の通知があった。3月に病変部位に針を刺して細胞を吸引し、顕微鏡で細胞の性質を検査する「穿刺吸引細胞診」によって、悪性と告知される。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00010000-flash-ent

スポンサーリンク

生稲晃子さんの口コミ情報

20代女性
生稲晃子さん転移や再発も心配だと思いますが、
頑張って下さい。応援しています。乳がん闘病告白して頂きありがとうございます。
40代男性
家内も1年前に全摘を受けました。喪失感は相当のようですが、これまでのように接しています。
家族や周囲の人たちがまだまだあなたを必要としています。
胸の傷は生きてほしい期待の勲章です。
頑張ってほしい。
60代女性
病気になって何が辛いって、家族に迷惑をかけていること。そんな自分でも家族に必要とされていたら嬉しいよね。そんな風に言ってくれたら頑張れるよね。良い旦那さんだね。

スポンサードリンク


50代男性
自分の嫁も今年の4月頃に乳ガンが見つかりました。ステージ2と言われて何も分からないまま、言われるまま抗がん剤治療が始まり、つい先日乳房の全摘出を受けました。しかしながらここに至るまでは嫁は本当に辛かったろうと思います。幾度となくくる抗がん剤の副作用、髪も抜け落ち自分が帰宅するといつも嫁が布団に横たわる姿が日常の光景になりました。その姿を傍らで見守る事しか出来なくて何もしてやれない自分が腹立たしかったです。何度も泣きそうになりましたが、涙は治療が終わって元気になった嫁と喜びを分かち合う時まで取っておこうと自分で自分を励ましてきました。あと2、3日で退院します。また元の普通の暮らしに戻りたい、と今は日々祈っております。
60代男性
世の中にはつらい経験談も参考になり背中を押される人が居るはずで、必ず幸せの輪が生まれると思うよ。しかし11人に1人の割合て日本の危機じゃないか。
30代男性
早く「癌が軽く克服できる時代」になりますように。生稲晃子さん乳がん闘病告白は必ずや役に立つことだと思います。

20代女性
北斗晶さんは、乳ガン治療して、復活してから、乳ガンのことは、何も語らない。乳ガンになっても、治療すれば、生きていかれるということを示してくれた。それで充分伝わると思う。
30代女性
生稲晃子さん右胸を失うということはとても辛かったでしょうね。
もう再発や転移がないといいですね。
40代男性
生稲晃子さん
現役時代はユニットを組んだりした決して目立とうとする人ではなかった
その素朴さでファンになりました
悔いなく生きてください
それがファンとしての唯一の願いです

40代女性
いつも生稲晃子さんをテレビで拝見して元気もらってます。私も2児目を41で出産し、43で乳癌見つかり、9月で一年に渡る治療が終りました。
再発した場合、放射線治療をしたら再建は難しいと聞いてました。でもできるんですね。時間かかっても。患者は選択肢があるだけで希望が見えるんです。乳がん闘病告白の詳細を発信されてとても勇気あることだと思います。私はとても感謝します。

スポンサードリンク