井上尚弥が苦言!新潮の「名前も地味」の記事の内容がヤバい!

スポンサーリンク

【速報】京都アニメーションの犯人の名前顔画像が判明。ヤバい人物だった!→さいたま市41歳の青葉真司(バリサク君)で7年前にも逮捕されていた【モザイク無し顔画像有り】

井上尚弥 苦言

 

井上尚弥 苦言が注目されています。

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)が、「名前も地味」と論評した「デイリー新潮」に対し「失礼な記事だな」と苦言を呈した。

今回は、井上尚弥さんの苦言の発端になった新潮の地味と書いた記事内容を紐解いて確認していきます。

 

井上尚弥 苦言の真相がヤバい!

スポンサーリンク


ボクシングの井上尚弥さんが苦言を呈した相手はデイリー新潮の記事の内容だったようです!

「デイリー新潮」の記事には「井上尚弥『強すぎて試合が面白くない』『キャラ立ちしてない』意外な弱点」という見出しが書かれていたようです

また「国内での認知度は今イチ」と記載してあったり「名前も地味。具志堅や丈一郎なら、名前だけでも記憶には残る」などと書かれています。

それは苦言どころか怒ってしまいそうですが井上尚弥さんは大人の対応をしましたね。

下記のtwitterのように苦言にとどめています。

 

井上尚弥 苦言の画像や動画

井上尚弥WIKIプロフィール

名前:井上 尚弥

生年月日:1993年4月10日

年齢:26歳

出身地:神奈川県座間市

職業:プロボクサー

その他:弟は同じプロボクサーの井上拓真

スポンサーリンク


 

井上尚弥 苦言に関する口コミや評判

今回の井上尚弥選手の苦言についてネットやSNS上ではどのような声や反応が出ているのか口コミ情報を見ていきます。

 
 
 記事を書いた新潮記者は意味も解らず仕事をしているのでしょう。
キャラ付や名言が必要なのは、選手に世界を狙える実力がないか、競技がマイナー過ぎて視聴率が
取れない、結果スポンサーが金を出さないとなるから
マスコミは競技以外の部分で盛り上げヒーローに
仕立て上げようとする訳です。
井上ほどのトップアスリートをつかまえて、3流記者ごときが
さて、どう売り出そうか?などと考える必要はないわけです。

 
 
 この論法だと、ウィルフレドゴメスやルーベンオリバレスの試合もつまらないと地味と言うことになるのだが。

 
 
 ある意味炎上商法?昨今のボクサーのように観客を煽るようなパフォーマンスよりも、とにかく圧倒的な強さで外国人を倒す姿は今までなかったタイプ。しかも寡黙に。こんな日本人は初めてじゃない?

 
 
 ネリと新潮社は無視しましょう。それが一番です。

 
 
 むしろ、この年代の親で、「フツーに読める命名」するほうが、素晴らしいと思う。

 
 
 デイリー新潮の社員の名前はどれだけ面白いのか是非公表してくれ。
あと、自分がもし新潮社の社員なら、こういった事で話題にあがるのは凄く恥ずかしいと感じそうなものだが、そういう感覚はないものかね。

 
 
 書いた記者はよっぽどインパクトのある名前で、面白い記事を書けるんでしょうね。

 
 
 緊張感バリバリの試合で面白いし、KOはボクシングの華。顔もいいし、海外でも人気がうなぎ上りなのにわざわざ地味などと記事を書くなんてどうかしてますね。

 
 
 その記事を書いたデイリー新潮の記者?ライターはまず自身の名前を公開して井上尚弥さんより印象の残る名前である事を証明し、自分の書いた記事の中で井上尚弥さん以上に社会にインパクトを与えた、もしくは印象を残した記事を公開してくダサい。まずは名前公開から早急にお願いします。カッコいい名前で凄い記事を書いた履歴をお持ちなんでしょーねー!凄い楽しみ!

 
 
 失礼な記事。名前がボクシングと関係あるの?
フルラウンド判定よりKOのが断然面白いと思います。

井上尚弥 苦言の報道内容

スポンサーリンク


こちらがYahoo!ニュースなど各メディアで報道された井上尚弥選手の苦言に関する記事内容です。

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)が、自身の名前について論評した一部報道に対し「失礼な記事だな」と苦言を呈した。

 同記事では井上のことを「名前も地味」などと書いていた。

■「親が付けた名前に…」

 井上は2019年6月1日ツイッターを更新。1本の記事をシェアしながら、

  「失礼な記事だな。。親が付けた名前に地味だなんて記事にする必要はありますか?」

と苦言を呈した。

 シェアしたのは同日付で「デイリー新潮」が公開した「井上尚弥『強すぎて試合が面白くない』『キャラ立ちしてない』意外な弱点」という見出しの記事。井上は世界4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)の垣根を越えて階級最強を決める「WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)」に参戦中で、ここまで全試合KOの完勝続きで決勝に進出している。だがそんな井上について記事では「国内での認知度は今イチ」とし、「名前も地味。具志堅や丈一郎なら、名前だけでも記憶には残る」などと論評している。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000006-jct-spo

 

スポンサーリンク


 

おわりに

今回は井上尚弥選手の苦言について調べてみました。 

デイリー新潮が地味であると記事に記載した事で波紋を広げております。

ネットやSNS上では賛否両論いろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注視し新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 

こちらも話題に

井上尚弥 手記で弟の拓真に語った内容が泣ける【画像有り】
ボクシングの井上尚弥選手の手記が注目されていますね。 世界初挑戦で暫定王座を奪取した弟の井上拓真選手に対しての手記だそうで...
亀田興毅に勝ったら1000万円 結果!アメーバtv【youtube動画】
【速報】亀田興毅に勝ったら1000万円の結果が衝撃的結末!アメーバtvで5月7日に生放送されたyoutube動画はこ...

スポンサーリンク