市原悦子 放送禁止用語の「か〇わ」や「毛〇」を使用した理由や言葉の意味は?

女優の市原悦子さんが出演したNHKの番組「あさイチ」で放送禁止用語を言ってしまった事が話題になっていますね!

市原悦子さんは現在、テレビメディアでは禁止されている用語を知らずに使用してしまいました。

その言葉が今ではほとんど使われなくなった「か〇わ」や「毛〇」という単語で体の不自由な人や外国人に対する表現でありました。

いったいどのような話の流れで放送禁止用語を使用したのかみていきましょう。

市原悦子さんが放送禁止用語を使用してしまう

スポンサーリンク


市原悦子さん(79)が2015年5月22日に放送されたNHKの「あさイチ」に出演した際に「か〇わ」「毛〇」という放送禁止用語を連発してその当時のMCの有働アナが謝罪する事態になりました。

市原悦子さんはその言葉が放送禁止用語と知らずに使用していたようです。

今現在ではほとんど使用されない単語である為にどんな意味があるのか分かりにくいのですが「か〇わ」は体の不自由な人事を指す言葉で「毛〇」という単語は外国人に対する表現のようです!

それを使用する経緯は市原悦子さんが日本昔ばなしのナレーションを務めていた事で有名ですがその昔ばなしの中で「やまんば」の昔ばなしが一番好きなようです。

その「やまんば」の説明をする中で

「私のやまんばの解釈は世の中から外れた人。たとえば『か〇わ』になった人、人減らしで捨てられた人、外国から来た『毛〇』でバケモノだと言われた人」

「彼らは反骨精神と憎しみがあって他人への攻撃がすごい。そのかわり心を通じた人とはこよなく手をつないでいく。その極端さが好き」

このように放送禁止用語を発言しました。

あくまでも日本昔ばなしの説明をするうえで放送禁止用語を使用してしまったようです。

しかしその後、NHKの有働アナは謝罪のコメントを次のようにしました。


さきほどのコーナーで『か〇わ』『毛〇』という発言がありました。体の不自由な方、外国人の方を傷つける言い方でした。深くお詫びします」

と謝罪しました。

これが市原悦子さんが放送禁止を使用してしまった話の流れになります。

スポンサーリンク


放送禁止用語の意味は?

市原悦子さんが発言した『か〇わ』『毛〇』の放送禁止用語はWIKIでは次のように説明されています。

放送禁止用語

放送禁止用語

出典元:WIKI

やまんばとは?

市原悦子さんが日本昔ばなしで好きな「やまんば」とはこのような内容のようです。

山姥(やまうば、やまんば)は、奥山に棲む老女の怪。 日本の妖怪で、山に住み、人を食らうと考えられている。鬼婆(おにばば)、鬼女(きじょ)とも。

山の中に夜中行く当てもなくさまよう旅人に宿を提供し、はじめはきれいな婦人の格好を取り食事を与えるなどするが、夜寝た後取って食うといわれる。グリム童話に出てくる森の奥に住んでいる魔女のように、飢餓で口減らしのために山に捨てられた老婆などの伝承が姿を変えたもの、姥捨て伝説の副産物と解釈する説もあり、直接西欧の魔女に当たるものという説もある。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

現代人には馴染みのない言葉ですのでその単語の意味を理解しないと何が放送禁止用語か判別がつかないですね!

そういった意味ではNHKの「あさいち」スタッフはよく「か〇わ」や「毛〇」の意味を知っていたな~と感心しますね。

生放送ではこのような放送禁止用語を知らずに出演した芸能人が使用してしまってアナウンサーが後から謝罪してニュースになる事もたまにあります。

今後もテレビを注意深く見て放送禁止用語がないかチェックしていきましょう。

スポンサーリンク