岩出玲亜 2億円報道の真相がヤバい!

岩出玲亜の2億円報道

岩出玲亜 2億円報道が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったいマラソンの岩出玲亜(いわでれいあ)選手の2億円報道とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

岩出玲亜 2億円報道の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが岩出玲亜さんの2億円報道に関する記事詳細です。

陸上の名古屋ウィメンズマラソンで、自己記録2時間23分52秒を出して日本人最上位の5位に入った岩出玲亜(24=アンダーアーマー)が11日、レースから一夜明けて名古屋市内で取材に応じた。

【写真】やった!清々しい表情でゴールする岩出玲亜

 今大会を含めて、日本新記録(2時間19分12秒)を出せば、1億円のボーナスをもらう約束があったことを明かした。

 「日本新を出したら1億円くださいって言ったら、社長が“なんとかするよ”って言ってくれました」

 特別ボーナスの約束をしたのは、アンダーアーマーを手がけるドーム社の安田秀一社長。かつて所属したケンブリッジ飛鳥にも「9秒台なら1億円」を公言したことがある。

 「会社は、毎週月曜日にパワーモーニングっていう朝礼があって、その前に社長に会って“名古屋に行ってきます”って言ったら、“日本新出せよ”って。それで“じゃあ1億円お願いします”と」

 日本実業団陸上連合はマラソンの日本記録達成者に1億円の報奨金を出す制度を作っている。岩出が記録を実現すれば、2億円のビッグボーナスとなる可能性がある。

 9月15日の東京五輪代表選考レース「MGC」で記録に挑むのは現実的ではないとはいえ、競技生活のモチベーションの一つになりそうだ。東京五輪をかけた戦いに向けては「暖かいところでの練習が一番。例年は北海道だけど、あえて暖かいところでトレーニングをしようかな」と暑さ対策に注力していく計画でいる。

出典元:岩出玲亜 日本新なら2億円ゲットも! MGCに向けては「暖かいところでトレ」

岩出玲亜「2億円報道」の詳細

 一夜明け囲み取材 大きく掲載!ありがとうございます -岩出玲亜のInstagram

 日本人トップの岩出、自己記録を46秒更新「すごくうれしいです」 -スポニチアネックス

今回の岩出玲亜選手2億円報道についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

岩出玲亜の画像や動画

スポンサーリンク


岩出玲亜の2億円報道に関する口コミ情報

スポンサーリンク




日本新も大事だけどオリンピック優勝の時はドーンと出してほしいですね。



男子で既に出た1億円、本人のもとへいくら入ったか知りませんが税金差し引かれても大きいですね。目標が出来ればやる気も出て切ると思います。毎回毎回アフリカ勢がトップでゴールを切るのは見飽きました。でも日本人でも同じような能力を持った選手はどこかに潜んでるはず。こういうのをきっかけに出てきて欲しい。私語になったかもしれないハングリー精神を見せて欲しい。相撲もいい例です。



日本新…。
昔は立派な記録だった。
今じゃ勝負になるギリギリの実力でしょうか…。
ぜひ、根本の実力で世界新に迫ってほしい。
そのぐらいじゃないと、東京は出るだけになる。
ましてやいつぞやのように、
走れないなんてのは残念。
五輪の成績にもニンジンを出してほしい。



陸連のメッセージは強いのは分かるけど
ものは言いようであり、人参ぶら下がりで好記録が男子は連発
この結果は凄いとは思うけど
現実は甘くないし、日本記録よりも結果優勝が大事だと思う。
女子マラソン黄金期の90年代~2000年前半
世界選手権アジア選手権オリンピック
日本女子のマラソンは誰が出場してもメダル入賞が狙えた
それがここ数年はまず日本勢が中々世界で優勝ができない。
昨日の高橋尚子さんの話が印象的だった。
たしかにMGC好記録が連発しているけど、現実を見るべき。
それは優勝と日本人1位との間のタイム差は深刻ということ。



日本新で2億円もらえるかも知れない、となるとモチベーションが上がって、頑張れると思う。ただ、マラソンは日本新よりもオリンピックのメダルのほうが価値があるような気もする。



マラソンは恵まれている。注目もされるし、駅伝があるから就職先もあるし、日本新で賞金が出る。世界レベルでなくてもね。

日本新や日本トップが世界上位の男子体操や水泳ではないこと。



今の女子選手では誰も日本新記録は出せない、30キロ過ぎてからキロ3分15秒を続けて出せることができないから。
もし期待するとしたら、鈴木、松田、前田の3人くらいだが、鈴木と松田が外人トップクラスと勝負してみないと判らない。



こういうの批判されがちだけど、良いと思います。
トップアスリートが記録を狙うのに、個人の意欲だけでは限界がありますから、ニンジンは必要です。



オリンピック参加選手を決めるMGCは9月にあるようですが、冬の時期にMGCの出場者を決め、オリンピックのある夏場を過ぎて9月にあるのは如何なものか?
また、名古屋大会の日本人1~3位までと、4~
6位までの一定時間時間以内の選手が9月のMGCに出場権が与えられるのなら、一人でも多く出場できるよう、出場が決まってる選手は出ない方がいいような気がします。



良いことだと思う。アスリートの基準を上げるであろう。企業も良い宣伝になる!こうしてハングリー精神を養えば良いでしょう、

おわりに

今回は岩出玲亜選手の2億円報道について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク