J20 公開飛行の動画×3本はこちら!

 

中国のステルス戦闘機J20の公開飛行が話題になっていますね。

公開飛行された動画がヤバい!あの飛行機が日本の領土を攻めてくる可能性も出てくるのか?

今回は、中国空軍の国産最新鋭ステルス戦闘機「J(殲)20」について画像や動画や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

J20の公開飛行とは?

中国広東省珠海で6日、「第12回中国国際航空宇宙博覧会」が開幕し、中国空軍の国産最新鋭ステルス戦闘機「J(殲)20」が公開飛行した。中国が2月に実戦配備を発表してから初めてで、米国が先行する戦闘機技術でも進歩していることを誇示した。

 J20は3機が低空飛行で会場の上に現れ、1機はすぐに高度を上げて上空に消えた。残る2機は音をとどろかせながら旋回を繰り返した後、1機ずつ急上昇して飛び去った。

 J20が前回2016年の航空宇宙博で初の公開飛行を行った際は1分足らずのお披露目だったが、今回は速度や高度を変えながら約5分間の飛行を行い、自信をうかがわせた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00050071-yom-int

 

 

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

J20の口コミ

40代女性
このJ20を新型空母へ搭載されることを考えると、日本も真面目にF35をいずもへ搭載する事を考えた方が良いと思う。

離島防衛の為には、海上からのスクランブル対応が絶対必要かと。

40代男性
純粋な開発技術というより、アメリカの軍需産業からの技術の賜物というべきだろう。
ただし、全部が全部盗み取れる訳ではないから、大昔旧ソ連がコピーしたB29のような米軍機みたいに、飛ばしている内に次第にボロが出てくるかもしれん
20代女性
ステルス性云々ばかりに着目すると、本質を見誤る恐れがあります。第5世代機の要件はそこだけではないですよね。J20の本当に怖いところはネットワーク力がどの程度なのか全く報じられず不明なところ。

空中管制機を軸とした共同交戦力を備えているとしたら、相当な脅威です。あの国の生産力の高さや、人命が(比較的)重視されないことを考えれば、あの機体形状はステルス性や機動性を犠牲にしても、ただ一点「ミサイル携行数」に拘った結果と考えることはできないでしょうか。

漫画「空母いぶき」ではないですが、半数以上失ってでも目標を仕留めるというのが奴等の戦闘思想だとしたら、少数精鋭=数を揃えられない我が国にとっては大変な脅威です。

30代男性
ステルス性が悪くてレーダーに映っても、エンジン性能が悪くても、200機飛んでくれば迎撃できないな。

そんな飽和攻撃的な理屈が性能とすれば、ある意味、高性能。

30代女性
日本は、いつになったら国産戦闘機J20を作れるのでしょうかね! 国として最先端技術に取組まないと少子化の時代乗り切れないと思います。 批判的なコメントもありますが、今はダメで失敗しても技術者を育てないと将来はないと思います。
50代男性
J20はカナード翼がついているなど、ステルス機としては中途半端。エンジンもロシア製のコピー。性能としてはステルスと堂々と言えない程度の代物。
とはいえ、アメリカから相当の情報を盗み出しているのが予想され、これからどうなるかは楽観できない。
ただ、ステルス機はその後のメンテナンスが非常に大変で、中国がそれをできるかどうかははなはだ疑問。脅威ではあるが公開飛行の内容からも過度に恐れる必要はない。
20代女性
中国の軍事費は伸び続けている。
 かつてのソ連も現代の北朝鮮でも、軍事費負担は経済に少なからず悪影響を及ぼしている。
 中国も同じ社会主義国家だから同じ道をたどるのだろう。
 サウジの軍事費は大きい、産油国は浪費できる石油が出る間は問題ないが、中国の豊かな資源て何だったっけ?
60代男性
公開飛行みたけどこれは・・・日本が危ない。
日本ももっと防衛費を増やして、米国から買ってばかりではなく、日本独自の技術も高めるべき。
このためには大学での研究をもっとさせるべき。
50代男性
2年前は、J20機体だけはなんとか完成しましたが、機体を制御するソフトウェアがまだまだという状態だったんでしょう。
ステルス形状の、カナード付きデルタ機という、高度な制御を必要とする機体だから、アビオニクスがどんどん進化していけば、戦闘力は上がっていくと思われる。
10代男性
公開されたJ20を見て中国の技術は、まだまだ遅れてる。これは事実。ただコピーにしろ1機の戦闘機を作り上げる工業力はある。
昔、日本もロッキード104F戦闘機の国内生産(自衛隊用)で得た技術で新幹線を作ったのは有名な話。
今は下かもしれないが、数年先はどうか?
たぶん、経済と一緒で技術力も抜かれてる・・・と思う
60代男性
殲J20ついにお披露目か。用途としては対米用の長距離ミサイルによる給油機の攻撃用らしい。倉にはステルス戦闘機中最大の8発搭載可能と言われていて、日本のF35の倍の搭載量とされる。数も2025年迄に200機配備と言われてるためかなり脅威だ。ステルス機の技術は中国はまだ低いとされるが搭載量が多く、数が多いのは多少の性能差など関係なくしてしまう。中国らしい高火力、国力に頼んで数で補う戦法は理にかなってる。

 
スポンサーリンク