日本×ベルギー 支持率69%の動画がこちら【ゴールシーンのみ】

スポンサーリンク

 

サッカー日本×ベルギーの支持率が話題になっていますね。

ワールドカップ(W杯)で記憶に残るゲームのユーザー投票で日本対ベルギー戦が支持率69%で断トツの1位となった!

その試合内容はどんな感じだったのかゴールシーンの動画で確認してみていきましょう!

日本×ベルギー 支持率とは?

ワールドカップ(W杯)イヤーの2018年も間もなく幕を閉じる。ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)での逆転負けは日本にとって悔しい結果となったが、強豪相手に激闘を演じた戦いぶりは世界中の人々に強烈なインパクトを残した。W杯公式ツイッターは決戦の地ロストフで行われた5試合のうち、4試合を対象に“記憶に残るゲーム”のユーザー投票を実施。日本対ベルギー戦が支持率69%で断トツの1位となり、「衝撃の名勝負」「日本のために泣いた」と改めて感動の声が上がった。

※一部省略(詳細はこちら↓)

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00152948-soccermzw-socc

 
スポンサーリンク


日本×ベルギーの評判

40代女性
思い出すだけでもまだ涙が流れる。「あれだけ
頑張って良いプレーをしてもまだ勝てないのか」と、悔しくて
悲しくて泣いた思い出。

でも冷静になって考えると、2-0のとき「こんなハイペース続け
られる?」って不安があったのも確か。

今の代表は強いし良い感じで来てるので、次のW杯では今回を超える
力を見せつけて勝ち上がってほしい。

40代男性
昨日のNHKの「ロストフの14秒」は興味深かった。
長谷部のパスミスが無ければ、本田がショートコーナー使ってれば、吉田がクルトワを止めていれば、蛍がファールしてでもデブルイネを止めていれば、長谷部の右足がボールに触ってれば、などなど、たらればを言ったらキリがないが、結局ベルギーの底力が上だったということかな。

あと、オシムさんの「日本人だから」、という言葉が印象的だった。ポーランド戦の批判も少なからず影響はあったのかもしれない。

20代女性
個人技が、もう少し。多発的に発揮できて
いたら、、、。という展開もあったが、
日本は、個人の技をそれぞれが高める必要も
ある事は確か。

回す、動く、受ける。の形が多いので、技を。
サラッと。

意識を変えるべきかなと思ってるが、ブラジル
には、まだ及ばないな。

30代男性
昨日のNHK での日本VS ベルギー戦の両チーム選手の証言は興味深い内容だった。番組を観ながら、もし本田のコーナーがキーパーの頭の上を超えていったら、少なくとも延長戦だったとか、ベルギーの最後のカウンターでのラストパスが長谷部の足に触れてかったら等。でもこれがスポーツなんですよね!

スポンサーリンク


30代女性
日本サッカーは「ドーハの悲劇」があったからこそ強くなれた。「ロストフの14秒」はさらに強くなるきっかけだと思う。
50代男性
日本が負けたのは悔しかったが、客観的に見ると大会全試合の中でも上位に入る好ゲームだと思う。FIFAランク下位のチームが前半を凌いで、後半に入ってからのビューティフルゴール2発。あのベルギーがここで消えてしまうのかと世界に不安を煽り、日本のジャイキリがチラつきだしたところからベルギーが高さで2点を取り返し、さらに誰もが延長戦入りだと思ったところからの高速カウンター14秒ゴール。エンターテイメントとしは最高の流れ、素晴らしいゲーム。
20代女性
昨日、某公共放送で「ロストフの14秒」というのであらためて日本×ベルギー戦を振り返る番組をやっていた。日本のよさと未熟さが現出した試合だったと思う。4年後は選手も監督、スタッフも成長して、ああいう試合でもしっかり勝ち切るようになってほしい!
60代男性
世界一短く感じた45分と言っても過言ではなかった。自分は「ドーハの悲劇」を経験していないが、あの試合を見ていた人の感覚がよくわかったような気がした。なんていうか、さっきまで掴みかけていたものが一気に自分の元から離れていったような…。2-0から3点逆転されるという日本にとっては恐怖のシナリオであったが、対戦国のベルギーはもちろん、あの試合を見ていた人全員が素晴らしい試合と言えたと思う。特に試合終了のホイッスルが吹かれた直後の昌子選手が泣き崩れて地面を強く叩きつけるシーン__ あれは何度見ても泣けてくるし、「何が足りなかったのか」、「何が日本を負けさせたのか」細かな要因を探してもなかなか見つからなかった。これが世界との差なのかと誰もが納得してしまうほど赤い悪魔の破壊力は完璧であった。
この「ロストフの14秒」はさらに日本を成長させると思う。
50代男性
最高にドラマチックな試合だった。海外の人から見てもそうだったというが、それを喜んでいいのだろうか。非白人、特にアジア人にとっては非常に勇気を与える試合だったはず。では白人からみたら? 勇敢に戦い、最後に力及ばず散るグッドルーザー。映画のように素晴らしい筋書きだ。あの試合、ベルギーが敗れていたらここまで支持されていないだろうというのは、考えすぎだろうか。
10代男性
日本にとって、とても惜しい試合だった。
2点取った時、いけると思った。後は守りきるだけだと思って願っていたが、少し思ったのが、
ベルギーが選手交代で高さを出してきた時に、
監督が勇気を持ってさ守備的に人数を厚くする
作戦が取れなかったのかと観ていて思った
記憶があった。

 
スポンサーリンク