花粉症 発症しにくい県はどこ?

花粉症の発症しにくい県

 

花粉症の発症しにくい県が注目されていますね!

いったい発症しにくい県とはどこなのでしょうか?

気になりますので花粉症の発症しにくい県についてWIKI経歴や口コミ情報等から読み解いていきます。

 

スポンサーリンク

花粉症の発症しにくい県の真相は?

スポンサードリンク


今回の花粉症の発症しにくい県に関する報道内容はこちらです。

気になりますので早速見ていきましょう!

都道府県ごとに見てみると、花粉症と自覚がある人の割合が最も高いのは山梨で77%。2位に8ポイントの差をつけてダントツ首位となりました。
 山梨に次いで高かったのが、群馬、静岡、埼玉、東京など関東・東海がランクインしています。
 一方、花粉症と自覚のある人の割合が最も低いのは、青森でわずか31%。トップの山梨とは46ポイントの差があり、その違いは歴然です。次いで低かったのは鹿児島、鳥取、岩手、山口で、東北や西日本を中心としたエリアに集中していました。

■花粉症の割合
(県別ランキング)
1位 山梨  77%
2位 群馬  69%
3位 静岡  67%
4位 埼玉  65%
5位 東京  64%

41位 富山  44%
42位 岩手  44%
43位 鳥取  36%
44位 鹿児島 35%
45位 青森  31%
※北海道と沖縄を除く

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00007956-weather-soci

20代女性
花粉症の発症しにくい県見ると自分の住んでいる県はあったが安心できない。
40代男性
昔出張族だった頃に甲府を中央道で往復すると2~3日ダメだった
その後の桃は絶景だけど(^-^)
30代女性
花粉症発症率は山梨多くて長野少ないのは違和感。

今回の花粉症の発症しにくい県についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

花粉症の発症しにくい県について

スポンサードリンク


 
 
花粉量の多い所に花粉症の人が多くなる傾向があるだけにしか見えませんね

 
 
昔は群馬の山奥で花粉が上着に積もって黄色くなっても平気だったのに、30年経った今はこの時期外に出たくない。
北海道はアカシアやシラカバで花粉症出るよ。スギやヒノキばかりが原因では無い。

 
 
確かに山梨に引っ越してすぐに花粉症になりました。関西では平気でした。
空気は綺麗な田舎ですが、そこらかしこに大きな杉の木!
富士山麓なので仕方ない、と諦めています。

 
 
なぜ伐採や剪定・枝打ちを進めないのか?
無花粉杉への植替えも補助金は少なくて停滞している。
花粉症利権が邪魔でもしてんのか?

 
 
高知県のケースとかぜんぜん一致していないけれど、どういうこと?

 
 
杉は保水力無いから土砂崩れ引き起こすし、弱いから建材に向かないし、

 
 
こんな花粉症ランキング当てにならない…
今、思えば30年前花粉症なんて言葉がなかったときから発症していたと思う。

 
 
もう公害だよな、花粉症って
国はなぜ対策しないんだ?

 
 
北海道に住んでいた時、母がスギ花粉症だと大騒ぎして
耳鼻科へかけ込んだら、白樺のアレルギーであることが判明w
庭の白樺の木を翌日3本切り倒していた…凄い母でした

 
 
発症しにくい県で青森や鹿児島は日本の端だから飛んでこないんだろうな。

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は花粉症の発症しにくい県について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク