海悠出版 破産開始したホントの理由がこちら↓【画像有り】

 

釣り雑誌で有名な海悠出版の破産開始が話題になっていますね!

いったい10月31日に東京地裁より破産開始とはどういう事なのでしょうか?

今回は、倒産に向かう海悠出版について動画や画像や

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

海悠出版の破産開始とは?

帝国データバンク他、メディア各局が海悠出版の破産開始に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

(株)海悠出版(TDB企業コード:981198028、資本金1000万円、東京都文京区湯島2-9-10、代表福田千足氏)は、10月31日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は高橋法彦弁護士(東京都港区虎ノ門3-16-7、高橋法律事務所、電話03-5408-6588)。
 当社は1992年(平成4年)10月に設立された釣り雑誌出版業者。磯釣りや投げ釣り、堤防釣りまでの海釣り情報をまとめた月刊誌『磯・投げ情報』を発行するほか、ムック本『磯釣り秘伝』『釣り場ガイド』『友釣り秘伝』などのシリーズ、電子書籍、DVDの編集・販売も手がけ、2008年9月期には年売上高約2億5000万円を計上していた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00010001-teikokudb-ind

スポンサーリンク

海悠出版の口コミ情報

20代女性
若者の釣り離れですねわかります。原因はエサとか魚とかいじると手が汚れてスマホ触れないからですねわかります。
40代男性
海悠出版の雑誌は最近書店で見かけないなと思っていたら……破産開始かあ残念!
60代女性
なかなかファミリー向けの釣りから釣り好きのための情報がまとめてあった雑誌だっただけに海悠出版残念です。

スポンサードリンク


50代男性
海悠出版「釣り竿を手に、海辺へ出かける皆様に、これからも幸せな出会いがあることをお祈りいたします」「お別れ」という表現がグッとくる感じ。釣りを愛する人には釣りとの別れは来ないと思いますし、釣り文化を支える人との縁に終わりはないと思う次第。
60代男性
ネットも巡りめぐってタダではないんだけど
新鮮度が違うからな・・・。破産開始は他人事ではないな。
30代男性
手っ取り早い情報はネットで、くつろいだ時はゆったり雑誌をながめて、って感じじゃないのかな?
20代女性
海悠出版釣りを趣味としている者にとっては辛い話だ。
30代女性
ベタな意味での趣味雑誌が立ち行かなくなるのはヤバいなと。総合雑誌は仕方ないかなとは思うのだけど。
40代男性
昔、磯釣りしてた時には海悠出版の釣り雑誌を良く読んでたなぁ。
お世話になりました。
40代女性
海悠出版の破産開始は寂しい。時代の流れかもしれないけど、これからも趣味の雑誌はどんどん無くなりそう。

スポンサードリンク


50代男性
釣り雑誌「磯・投げ情報」を出版されていた海悠出版さんが倒産だそう。。最近は子連れの釣りの為の貴重な情報源だったので、残念でなりません。お世話になりました。。
60代男性
あー、これ結構見てたけどな、基本立ち読みだけど、、。
30代男性
海悠出版の破産開始とうとうこの日がきたか・・・。ネットに対応できない出版社は、淘汰されていく。