鎌田幸作 顔画像あり!facebookや住所!警察官2人は誰なのかも調査!

 

埼玉県さいたま市見沼区大和田町で鎌田幸作(かまだこうさく)容疑者が警察官に撃たれて亡くなる事件が発生。

大和田町1丁目に住んでいる68歳で生活保護者の鎌田幸作容疑者のfacebookやtwitterから経歴や顔画像を調査するとヤバい事実も判明!

今回発生した事件の詳細や警察官2人についても調査してまとめていきます。

 

鎌田幸作事件の概要

 
Sponsored Link


 

28日午後、さいたま市で男が暴れ、警察官が発〇しました。

 午後2時すぎ、さいたま市見沼区の路上で「男が倒れてうなっている」と近所に住む女性から119番通報がありました。警察官2人が現場に駆けつけると、男は突然、向かって来たということです。

 警察官1人が警告のため空に向けて1発、威嚇しましたが、男が止まらなかったため、警察官2人がそれぞれ1発、男に向けて。そのうち1発が男の腹部に当たったということです。

 男は現場近くに住む職業不詳の鎌田幸作容疑者(68)で、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されましたが、病院に運ばれた後、死亡しました。

 

※一部省略

出典元:headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190529-00000005-jnn-soci TBS系(JNN)

 

事件の発生した場所

事件が起こった場所はさいたま市見沼区大和田町1丁目の路上です!

グーグルマップはこちらです。

 

鎌田幸作容疑者のプロフィールや顔画像

 
Sponsored Link


 

・名前:鎌田幸作(読み方:かまだこうさく)

・年齢:68才

・住所:さいたま市見沼区大和田町1丁目

・職業:無職で生活保護

・顔画像

※顔画像に関してですがTBSのNスタで報道していました!

後姿ですがなんとなく顔画像の雰囲気がわかります。

鎌田幸作の顔画像

鎌田幸作の顔画像

出典元:https://www.tbs.co.jp/n-st/ Nスタ|TBSテレビ

鎌田幸作容疑者のFacebookやtwitter

鎌田幸作facebook

鎌田幸作容疑者がどのような人物なのか情報を調べる為に、フェイスブックやツイッター、インスタなどのSNSを捜索してみましたが

容疑者本人のアカウントが見当たりませんでした。

 

アカウントは常時捜索中ですので特定でき次第情報を追記致します。

申し訳ございません。

 

鎌田幸作容疑者を撃った警察官は?

鎌田幸作容疑者を撃った警察官は20代の男性のようです!

1人が20代の男性巡査部長でもう一人が20代の男性巡査です。

2人とも1発づつ鎌田容疑者を狙って撃ってどちらかの1発が身体に当たったようです。

 
Sponsored Link


 

ネットの反応は?

鎌田幸作のfacebook

50代男性
これは適正でしょう。
川崎で凄惨な事件があったばかりですし、同じような被害者を出してはいけない。
威嚇射撃を行い、それでも止まらなかったのだから、至って妥当な判断だと思うのですが…。
それでも発ぽうはダメなんですか?

10代男性
午前中に登戸での事件があったばかりだから、警察としてはより敏感に反応して対応しただろうね。だけど、向かってきてきた時に威嚇射撃をしたあとの事だから、何ら問題ないと思う。もし撃っていなければ、警察官や周囲にいた方がけがをした可能性もあるからね。

60代男性
被害者が出なくて何よりですね。
警察の方がベストな判断されたと思う。

10代女性
発警察官のお二人は、「死なせてしまった」と、思う必要はありません。
普通に逮捕しただけであれば、その後放たれた後に、川崎の事件のように無実の人々を傷つける事件を起こしていたかもしれません。
あなた方は市民を守ったのです。
一生忘れる事ができない出来事にはなったかもしれませんが、正しく、そして立派な判断でした。

10代男性
威嚇射撃をしてもなお止まらなかった犯人にうってはならないのであれば、持っている意味が無い。これは適正だと言える使い方でしょう。

20代女性
威嚇のままだったら、取り逃がす可能性もあったと思う。そして関係の無い一般人が巻き込まれる可能性も十分に考えられる。
今回の対応は適正であり、本来警察関係者はこうあるべきだと思います。
一般人への被害を未然に防ぐ事が出来て良かった。ただそれだけ。

20代女性
今回の警察で犯人に向けてマジで撃つって事を知らしめただけでも犯罪の抑止力に繋がると思う

30代女性
過激と言われてもこれが本来の治安維持

罪もない人に振りかざされる悪行に対して速やかに対処できる環境を警察及び自衛隊に与えてほしい

日本の警察、自衛隊は実力行使において犯罪を制圧するということを国内外に示すことが犯罪の抑制にもなり効果的

おわりに

鎌田幸作

さいたま市で警察と酔っぱらいの事件が発生してしまいました。

鎌田幸作容疑者と同居していた人のインタビューによると生活保護を受けていて酒を飲むと人が変わるようです。

よって今回の事件も相手は酔っぱらいだったので警棒だけでも十分闘えたような感じはしますが警官の命令を無視して向かってきた為にしょうがない結果です。

鎌田幸作容疑者のフェイスブックやツイッターでの情報も乏しいものでありますが判明次第追記していきます。

今回発生した事件の背景・原因を検証する事で法整備や社会の仕組みが見直されてこのような事件や事故のニュースが無くなる事を切に願っております。

 
Sponsored Link