神石高原町 1坪8円の真相がヤバい!

神石高原町 1坪8円

神石高原町 1坪8円が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい神石高原町で1坪8円とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

神石高原町 1坪8円の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが神石高原町1坪8円に関する記事詳細です。

広島県神石高原町は4日、若いファミリー世帯を対象に、宅地を「1坪8円」で販売すると発表した。町が進める定住促進策の一環。全5区画で、4月から募集を始める。

 宅地は、町役場から北東約10キロの豊松地区にある。2004年の4町村の合併で神石高原町が誕生する前は豊松村だった。過疎化に伴い、地区で唯一残る豊松小学校も児童が18人にまで減少。存続に向けて児童を増やしたいという。

 宅地は、239平方メートルが3区画、413平方メートルが2区画。町所有の遊休地を活用し、それぞれ価格(1区画)はわずか576円と1千円とした。入江嘉則町長の重点施策が「定住促進」など八つあり、1坪8円に設定したという。

 入居の条件は、町外に居住し、小学生以下の子どもがいる家庭で、宅地の購入後、3年以内に建築を完了する――など。応募多数の場合は抽選とする。

 町によると、宅地から小学校や役場支所、保育所まで徒歩で10分前後と近く、「ぜひ、応募して」と呼びかけている。問い合わせ先は町総務課(0847・89・3330)へ。(天野剛志)

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000009-asahi-soci

今回の神石高原町の1坪8円についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

神石高原町1坪8円に関する口コミ情報

スポンサーリンク




条件は様々必要だけど、行政が取り組もうとしてる姿勢は評価できます。何も考えずに貢献できるなら移住したいと素直に思います。
町も会社と一緒で0から始めるワクワク感は、失敗もつきものかもしれませんが、試してみたいと思いますね。詳しい話聞いてみようかな。



この辺りはよく旅行で通るのでよく知ってますが…
確かコンビニは油木に一軒だけ(多分クルマで20分)、小中学校はあっても高校も油木に農業高校があるだけ(進学希望なら福山で下宿しかない)、冬はかなり雪が積もって大雪になるとクルマでの移動も難しい…などなど

過疎で若い人がいなくなるのは、それなりの理由があるのです。

ただ、日頃の疲れを癒しに行くにはとても素敵な所ですよ。



いい事だと思います。土地が高すぎて戸建を諦める人もたくさんいるので、そういう意味でもいいきっかけになれば良いと思います。いまの日本の建売住宅は海外ではとても認められないような造りのものが多いので土地が安くなれば、家にお金をかけることが出来るようになります。土地が高くて得するのは国か金持ちか不動産屋くらいじゃないでしょうか。不動産屋も多すぎますね。仕事は仲介だけなのに儲かるんでしょうね。



土地や環境には魅力はありますが、小さい子供がいると医療やその後の進学が気になるところ、でもそこは前もって調べればよいかな

やはり見えない部分としては、過度な自治会や会合など仕事以外に駆り出されることが多いのなら、違うところにストレスが掛かりそうでかなり決断のポイントになります

これを踏まえると土地がタダ同然でも安易に飛び付く人も少ないような気がします



これに近い話は多く、自分の近くにもマイホームを建てると「100万円補助」というところや、「移住に関して、古民家を改築した家は無料」(でもたしか最低3年要移住)東北の方でも3年位は移住したら、一般の給料くらいの補助金が出るところもあるみたいですね(街のパンフレットの移住紹介の欄に書いてあった)

でも仕事がないんですよね…。
上の2つはほぼほぼ漁業の街、一つは畑がメイン。
特に地方系は他からの移住に関して先住のトラブルが多いですし、自分も色々と調べましたが、やはり移住しても帰ったり、違約金を払ってでも引っ越した人も多々。

地方系は新しことを嫌うので商売が始めにくいのもあるんですよね…。移住したいところはあるんですが…。



完成品の家をただ同然に貸す方がよいな。住んでみて魅力なければ家建てるのはリスクある。



昨今の災害を考えると、安全面を充実させてウリにするのも手。
災害時の連絡手段が携帯・スマホだけとか、町内スピーカーだけだと不安があるから、世帯に緊急放送用のラジオを配布するとか。
山間の町で河川が無いと、山からの土砂は低い住宅地へ流れる。
昨年災害に見舞われたのだから、場所は違うが同じ県内だとその辺りは注意する人が多い。



自治体に出来る精一杯は、こんなところだろう。

だが現代社会の国民が定住する為に必要とするものは余りにも多くを必要とする。
それらを自治体や民間企業に丸投げして「好きにしろ」と言ったら、儲け最優先で勘案するから連携も何も成立しない。

あくまで一案だが…。
すでに被災し、今後も被災が見込まれる「地方」に、新たな概念の陸自隊を発足させる。
普通科ではあるが、被災対処を重視する訓練、装備を持たせ、基地を構える。

これを職場とし、官舎を建てる。
ここが産業になる。

隊員自体の生活は基地内だが、家族の生活は町になる。
商店や学校、医療、修理工場等が必要とされる。

被災が発生した場合、本来は防衛省の指示がなければ動けないが、まず一報を入れた後、地元の救助の為、即時、出動を可とする。

消防と同じではないか? と思うかも知れない

駐屯規模は大隊かな?



「若い」の基準を、夫婦の年齢ではなく、子供の年齢とした行政は初めてではないかな?

今迄は公団住宅にしても地方の土地開発公社や住宅担当部署等にしても、夫婦の年齢にしか着目しなかった。
例えば公団だと若い世帯年令の定義は29歳までとか。

晩婚化が叫ばれる中で、記事にある神石高原町の基準は素晴らしい。

アラフィフ目前の私(シジイ)も対象に入るかも!



後々でいろんな問題も出てくるだろうけど
「まずはやってみる」的な実行動に出たのは
良いことだと思う。
これを初例として、後で起こった問題を
「どうやってこうならないようにするのか。」を
検証すれば良い。

スポンサーリンク




今は建築費もけっこう高い時代ですから、安い土地に高い上物を建てることも大きなリスクです。職業の選択肢が狭く、賃金の安い地方で都市部と変わらない住宅ローンの負担を考えると恐ろしい。環境が良いとかだけでは生活は成り立たない。街自体のインフラ整備や利便性、医療、福祉、飲食、娯楽等、都市部と比べて劣るものも数えきれない。造成費用や付帯事業で赤字確定。企画が安易過ぎでは?



昔福山で仕事してた。神石から通っている派遣の人がいたが、冬は雪で福山に出て来られなかった。
普通のサラリーマンじゃ神石に住むのは難しいかな。神石に住むこと自体は、学校もあって店もそれなり、降りることができればw福山の中心地まで車で30分ちょい。神石は新興住宅地もあって若い人も増えつつあり悪くないんだけど。僻地に住むメリットをもう少し打ち出してほしい。子育ては支援金なんかも出るしいいけど、年とってからは辛いわ。



まず仕事あるのかな?そこに尽きる。
子供がいる家庭なら、ある程度の収入も必要。

子供のいる世帯とか限定しない方が良いと思うけど。 若者が居着いて自然に子供ご増えていくのが理想的



職場が福山市で車通勤できる人か、フリーランスでたまにしか遠出しない人ならありかもなあ。

実際移住する人はそのどちらか、もしくは就農だよね。

雇用対策しないと仕事がない人だときつい(そんなにいろいろ仕事がないから)。
以前どこかの自治体首長が「無職やフリーは来るな」と言ったらしいけど、フリーで自分で仕事を作れる人じゃないと移住は無理だよ。
雇われる働き方しかできない人にこのレベルの地方定住は不可能。

倉敷あたりも通えなくはないけど、ちょっと遠い。

問題は子供だよね。
親がしっかり教育もできないと塾もないだろうから高校・大学受験で大変。

福山あたりまでの交通費補助もあるとよいね。



地域経済や産業が衰退している状況で子供がいる条件で移住者を応募しても果たして住んでくれるだろうか?

闇雲に移住を呼びかけても都市部のほうが公共交通機関も整備されており便利な部分も多いし、今後の展望が何もなければ地域が更に衰退するのは目に見えている。



良い企画だと思うが5区画だけって、やる気が感じられない。危機感が感じられない。ほんとになんとかしようと思うなら少しずつで良いので500区画以上用意するべき。みんなが来たいと思う新しい町を作って見てください。5世帯では何も変わらない。



仕事も一緒に世話してくれるなら、希望者がいるかも。

新築するとかなりのお金がかかるが、新築、あるいは自分でデザインした住宅に魅力を感じる人も相当数いるかな。

ただ、中古住宅を買うよりは高いだろう。

私は、東京にギリギリ通える程度の田舎の中古住宅を買った。通勤は大変だが、自然に囲まれていて、迷惑な釣り人が来さえしなければ快適だ。



一時しのぎにすぎず、根本的な問題解決にはならないと思います。その子供が居住する地域で就職口がなければ、若者は離れていく。
地域活性化のための青年団みたいな取り組みをするような若者たちがいなければ、役場も住民も含めて育てなければ過疎は解消されないと思います。



神石って義理の祖母が住んでるけど
ただの年寄りしかいない田舎って感じ。

冬は雪も積もるし、周りにはスーパーとホームセンターが点々とある感じ
子持ちの家族が魅力に感じる要素をかんじない。

賑わったら勿論嬉しいけど、あまり期待はできないと思う。

庄原や三次あたりでやってほしいな。



高原地域に住むというのは、子供の社会進出へのリスクが高すぎるのでは?
今後も人口が減っていく事は止められないだろうから、何としても人を住まわせたいというのは理解できますが、限界地域に誘致するというのは無責任では?

スポンサーリンク




みなさん否定的な見解が多いようですが、人が集まれば発展もするでしょう。そもそも人が減り過疎化するわけですから…
確かに雇用の心配が先立つかもしれませんがフロンティアスピリッツを持った若者には魅力的な案件とも思います。
国や自治体の施策に乗っかるのも賢い選択ではないでしょうか。
10年前なら自分も飛び込んだと思います。



最低限、病院やスーパーなど既に整ってないと、越してきたその日からたち行かなくなる。
幼い子供は、いつ体調崩すかわからないし。

先々の事を考えると心配な事も多いが、この村に限らず、今一番心配なのは、帰化外国人が集団になっ過疎地にて住み着き乗っ取られること。
田舎のある人が、地元の文化を大切に護るために帰る事を検討する時期になってるのでは?

あと、自給自足できる環境は有事の事を考えても大切。



企業誘致が先です。
企業に無償で土地を譲渡し、10年間税の優遇。
従業員の雇用1名につき、30万円の補助。
さらにその従業員に対して住宅地の購入補助、新築費用補助など広報してるところがあるが、行政はHPで載せてるだけで実際に企業回りなどしていない。
海外企業を含め周知を徹底するといいと思う。



5区画では少な過ぎ。

各家庭に子供が2人と仮定しても10人。

1コミュニティを形成したい腹ならせめて50区画は必要かと。

それにコンビニに毛が生えたような施設を設けてパートの奥さんをそこで雇用。

コミュニティの近くに買い物出来る場所が無ければ不便この上無い。

後、保育園も設けて保育士もコミュニティ内から雇用。

たった5区画、やる気の無さが伝わってきます。

都会からただ同然の土地を餌に人を引き入れたいのでしょうが、昔と違って今の若い人達にその餌が通用するのかな?

今時の人は魚に例えるとスレてるからね。



気持ちはわかるが、こういうフラッシュアイディアでは効果は出ない。
本質的な魅力が薄い場所に、無理矢理インセンティブをつけて移住させても、結局数年たてば、人は離れていく。そして、その間のインフラ投資が無駄になる。すべての地方を維持・活性化させる必要はない



場所を選ばない仕事、特にネットでの仕事の場合は最近魅力ある話だと思います。実際にそういう生活をしている若者がメディアで何度も取り上げられています。

都会の喧騒の中で子育て、生活するよりも地域おこしにもなりますし、無駄に土地を遊ばせてマイナスであり続けるより有益になるのではないでしょうか。



何もしないよりはよっぽどいいと思います。不便だの老後だのの心配は買う人が一番考慮するだろうし、それらのデメリットとメリットを比べたうえで購入するんだから個人の責任だしいいんじゃないの?
自治体も人がいないよりはいた方が税収にもなるし、外野がとやかく言う事は無いと思う。



大学進学まで考えると、多くの大学がある大都市部に通える距離に自宅が無いと教育費が膨大になる。

土地がタダでも家を建てるには結構な建築費用が掛かるし、一戸建てに拘らなければ、大都市通勤通学圏内にそれなりに安価なマンションが買える。
普段の買い物や文化施設等を考えると、若い奥様方は田舎には行きたくないと思う。
田舎に住もうとする世代は寧ろ子育てを終えて隠遁生活に憧れる世代だろう。



都会の田舎と言われる地域に住んでます。便利ですが不動産賃貸物件を所有する農民が多く閉鎖的で歴史小説で読む村そのもので、外部からの人間を受け入れる度量が希薄で大変住みにくいです。良く外人や都会人が住んで上手くいっている田舎を紹介する番組がありますが実際は外人には媚びて、都会人に対する親しさは取材中だけです。地元民を一ヶ所に集約させ、外部からの人間を大量に受け入れなければ全ての地方は滅びると思います。



なんとなくだけど、親は自分の主義でいいと思うけど、ある程度の人間関係が出来上がって生活していた子供にはいい迷惑なのではないかな、と感じてしまう。
転勤で転居の多い子供が苦労するのはよく聞くけど、まだ、最悪、次の転居に逃げ場があったり、街中で学校以外のコミュニティ参加の選択肢もある。田舎への定住って大人以上に環境が変わり過ぎて人間関係の逃げ場もなさそうで…しかもこの先の高齢化で限界集落になる可能性も高い場所で親の夢に付き合う子供はツライと思う。

おわりに

今回は神石高原町の1坪8円について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク