冠二郎 緊急手術した病気がヤバい!

冠二郎が緊急手術

冠二郎 緊急手術が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報からも病気や病名がヤバい事になってきています。

いったい冠二郎さんの緊急手術とはどういう事なのか?

虚血性心不全で心臓の緊急手術の結果どうなったのか気になりますので詳細をまとめていきます。

冠二郎 緊急手術の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが冠二郎さんの緊急手術に関する記事詳細です。

紅白歌合戦に3度出場しているベテラン歌手・冠二郎(74)がこのほど、デイリースポーツの取材に応じ、1月19日に虚血性心不全で心臓の緊急手術を受けていたことを明かした。病院で診察を受けた時は心肺機能が低下し、死の一歩手前のかなり危険な容体で「今日ここに来ていなかったら命はなかった」と言われたという。手術は無事成功し、今月3日から本格的に仕事復帰を果たし「元気です。救っていただいた命。大切に生きて歌っていく」と誓った。

 冠によると、昨年末より時々息苦しさを感じていたが、1月17日に症状が悪化。咳と喘鳴(ぜんめい)が出て歌唱にも影響が出たという。予定のレコーディングを延期し病院に向かうと、肺炎、高血圧症、心機能低下、虚血性心不全と重篤な病名が次々と告げられた。それも「肺に水がたまって危険な状態」というレベル。意識も飛ぶほどの苦しさで集中治療室に即入院となった。最大の原因は心臓の冠動脈の狭窄(きょうさく)。血液循環が十分でなく心機能は通常の半分以下だった。同19日に手術を受け成功した。

 冠は2013年に口腔がんの手術を受けたが、16年には72歳で31歳年下のみなこ夫人と結婚した。入院中は精神的にかなり落ち込んだが、夫人が献身的に看病し気持ちを支えた。冠は「妻がいたから乗り越えられた」と感謝する。

 2月5日に無事退院したが、その後もさらなる災難に襲われた。10日に自宅で転倒し、腰の骨2カ所骨折。巨大コルセットを巻いた状態で同15日には、延期していた新曲「さみだれ」(3月20日発売)をレコーディング。気力で乗り切った。「もう歌えない」と一度は覚悟しただけに、今月3日に都内でのイベントで本格復帰歌唱した時はステージ上で涙した。

 大好きなサウナや車の運転ができなくなったが「自分には歌がある。何より大事な命がある。『冠は死んだ!』との噂もあったけど元気!。まだまだ歌い続ける」と気合。おなじみの決め言葉「セイヤー!」で意気込んでいた。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000004-dal-ent

今回の冠二郎さんの緊急手術についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

緊急手術した冠二郎の画像や動画

スポンサーリンク


冠二郎の緊急手術に関する口コミ情報

スポンサーリンク




かろうじて生きたのね



サバ読んでいたのか!



バイキング歌ってるところ見るの好き。



運の良い人だな
宮迫とかもそうだけど
芸能人はこういう強運の人多いね



驚きましたね
2・3年程前に長島温泉の湯あみの島で
冠二郎さんとツーショットで写真を捕りました。



74才だったのですか。驚きました。これが俺の冠だー。せいやーとずらをはずして歌ってください。(ズラ疑惑をずっと抱いていました。ごめんなさい。)これからもおげんきでご活躍ください。だいすきな歌い手さんです。



燃えろ燃えろ燃えろ〜って頑張り過ぎたんですかね。お大事に。



『バイキング』『炎』、テリー伊藤さんと上柳昌彦アナウンサーの『のってけラジオ』から生まれた情報屋ゲンさんのテーマ曲、『愛しき人よ』etc、、、
ヒット曲は多い



喘鳴、ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音の事である。
マスコミが取り上げるのはこうした冠氏等、芸能人が
助かった話であり、亡くなられた芸能人のエピソード
としてはこうした詳細なニュースにならない事も多い。

私たち読者としては、自分にとってふだんとは違う体の
様子をどのくらい危険と思うか、そこがあらためて
大切である。

今の時代はネットがあり、各医者や病院等等が重病の
兆候を紹介している。一方で私たちがその情報を
「見てみよう」
と思わなければ手遅れになる事も出てくる。見る・
見ないという意志、心の動き含めて家族や友達、
または同僚と話せる関係を作っておく事もとても
大切である。

おわりに

今回は冠二郎さんの緊急手術について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク