なんでも鑑定団 字幕説明で放送事故!打ち切りやBPOに発展も?

 

テレビ番組の「なんでも鑑定団」で字幕スーパーの放送事故が発生しましたね~!

とんでもない字幕説明を表示してしまい兵庫県民や伊丹市民が激怒しているようです。

1994年4月19日からテレビ東京で毎週火曜日に放送されている『開運!なんでも鑑定団』のミスで番組打ち切りやBPO問題になってしまうのか考察していきましょう。

司会でもある大阪出身の今田耕司さんも字幕説明の間違いに気づかなかったのか問題提起もされています。

 

スポンサーリンク

なんでも鑑定団の字幕説明の放送事故

スポンサーリンク


1月22日(火)に放送された「開運なんでも鑑定団」で字幕説明のとんでもない放送事故が発生してしまいました。

その字幕説明によるミスというのは伊丹市に住んでいる依頼者が出演したと時に居住地字幕説明を何と「大阪府伊丹市」と表示してしまっていたのです。

関西圏に住んでいる方なら分かるのですが伊丹市は兵庫県であり大阪府ではないのですね!

その「なんでも鑑定団」のの画像がこちらです。

開運なんでも鑑定団

この画像を見て頂いて分かるように伊丹市の風景の画面の左上に青色の文字で「大阪府伊丹市」と文字表示されています。

これが間違いで「兵庫県伊丹市」と字幕説明表示しなければいけなかったのです。

しかも字幕説明だけでなくナレーションも「大阪府伊丹市」と紹介されていてMCからは「大阪府からお越しの~」とアナウンスされて一切誰も気づいていないような感じでした。

ちなみにミスのあった伊丹市の場所を地図で確認してみると下記になります。

伊丹市は大阪府の豊中市や池田市と隣接しているのですが伊丹市尼崎市兵庫県になるのでちょっとややこしいですよね!

でも『なんでも鑑定団』は東京のテレビ局が制作しているようなので間違いに誰も気づかなかったのでしょう!

これが関西のテレビ局であれば非難さっとうでもっと大きな問題になっていたのかもしれません。

やはりテレビに関しても視聴者としては問題意識というか間違いはないか?という視点で見ていればいろいろな間違いや放送事故もあるようなのでチコちゃんが言うセリフの「ぼーっと生きてんじゃねーよ」って言われないように正確な情報なのか見極めながらテレビを見ると楽しいかもしれませんね(疲れますが・・・・)

スポンサーリンク

なんでも鑑定団で間違い報道

スポンサーリンク


今回の報道内容はこちらです。

22日にテレビ東京系で放送された「開運なんでも鑑定団」で、依頼者の居住地を「大阪府伊丹市」と紹介したことから、ネットがざわついている。なお、伊丹市は兵庫県南東部にある。

 番組では、伊丹市に住む女性が登場。福岡に住む父から経営する料亭を継ぐように言われており、骨董好きの父のお気に入りのお宝が本物であれば店を継ぐとして、「徳川家康の書状」を鑑定依頼した。この女性を紹介するVTRは「大阪府伊丹市」となっており、ナレーションも「大阪府伊丹市」と紹介。さらに、女性が登場する際にも「大阪府からお越しの…」とアナウンスされていた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000048-dal-ent

このなんでも鑑定団のMCには大阪出身の今田耕司さんがいるのですが今田さんもこの字幕説明ミスには気づかなかったようですね!

ではこのミスを一体誰が見つけたかというと視聴者だそうです。

その後ツイッターなどのSNSで拡散されて「なんでも鑑定団」の放送事故が発覚したのですね。

なんでも鑑定団からの間違いに対する謝罪は来週にでも放送されるのかもしれません。

現在の鑑定団の公式HPには字幕説明に関して何も記載されていませんでした。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

なんでも鑑定団の字幕説明の間違いは「大阪府伊丹市」と文字表示した事でした!

正解は「兵庫県伊丹市」です。

なんでも鑑定団の番組制作をしたのがテレビ東京なのでしょーがない部分はありますね!

あと伊丹空港を大阪空港と呼んでいるのも間違いやすい点なのかもしれません。

今回のミスで来週の放送で謝罪コメントが字幕説明で表示されるのか要チェックです。

今回の鑑定団のミス程度では打ち切りやBPO問題にもならないようなちょっとしたミスでありました。

またこれからも楽しい為になるなんでも鑑定団の番組に期待して見ていきましょう。

 
スポンサーリンク