笠原将生 批判なぜ?巨人のフロントにヤバい発言やアンケートはこちら!

 

元巨人だった笠原将生さんの巨人への批判が注目されていますね。

長野、内海選手が人的補償になった事で巨人の原監督やフロント陣に対して猛烈な批判を行った!

いったい笠原将生さんの批判は正しいのか紐解いてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

笠原将生の批判の真相!

スポンサーリンク


笠原将生さんの批判がスゴイ事になっていますね!

ここまで批判できるのも元巨人にいたからでしょう。

しかし当人も賭博問題で巨人から干されてしまっています!

だからこそいまこそ猛烈な批判を行っているのでしょうね。

今回の問題は巨人の生え抜きの選手である長野久義外野手(34)と内海哲也投手(36)のベテラン2選手がなぜ人的補償でプロテクトしておかなかったのか?という事ですね!

確かにプロテクトできる人数には28人と制限があるのですが長野、内海選手は即戦力のメンバーでプロテクトしていると誰もが思っていましたよね!

しかも契約更改も終わっていたわけですし・・・・

やはりこのプロテクト外しは原監督やフロント陣の意向だったのでしょう。

笠原将生元選手やファンも納得できずに批判や怒るのも無理はないかな~って感じますね!

 

スポンサーリンク

笠原将生の批判報道の詳細

スポンサーリンク


今回の報道の詳細はこちらです。

広島・丸佳浩外野手(29)と炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として、球団を去る長野、内海の両選手。

2015年に野球賭博問題で無期失格処分になった元同僚・笠原将生氏(27)も同様だ。

 笠原氏は2019年1月8日、インスタグラムの機能を使い「本当に巨人に必要な人材は?」とのアンケートを取った。(1)長野選手、内海選手(2)丸選手、炭谷選手の2択で、結果は928票対147票と巨人ベテラン組の圧勝だった。

 笠原氏は「そうなるわなー、見てるかフロント これがファンの素直な気持ちや」と同調。「本当に裏がありすぎ」「何が紳士たれや」と舌鋒鋭く古巣を批判している。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000012-jct-ent

 

スポンサーリンク

笠原将生の批判にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

スポンサーリンク


40代女性
笠原将生の言うように巨人愛を貫いた男をいとも簡単に手放す球団て何だろうなと長野選手のことを考えるなら絶対プロテクトするはずでしょう。でも、プロテクトを外してしまった。大失態とかいう問題を通り越してるので批判されてもショーがない
40代男性
なんか欲しい選手を獲るためと言うより、
いては困る選手を放出するネタを
作っているのではないか?
不信感が拭えない。

20代女性
まあ本人にとってベストな結果になればいいんじゃないか
内海はセリーグでは研究されまくって今じゃ阪神戦ぐらいしか通用しない感じだし長野はここ最近はスタメンも減ってきてるし丸獲得に陽に故障がなければ競争だろうからね
30代男性
巨人フロントの行動や言動に、えっと思うことはありますが、笠原さんの行動や言動にも、えっと思うことがあります。

スポンサーリンク


30代女性
ベテラン2人の流出は驚きかつ残念かつ、ベンチのムードメイク的にマイナスだと思われるが、炭谷と丸は同じくくりにすべきではない。

丸は別格。
多少成績落ちたとしても間違いなくとれてよかった戦力。

50代男性
ここ数年不祥事続きの巨人だからなぁ。一度解体して、再出発したら?
20代女性
FA制度出来てから球団にも選手にも温情とかないよ、全ては金になってる、だからメジャーに行くし、これからもこんな事は普通にあると思う。
60代男性
笠原将生の批判内容は衝撃的出来事のようだが丸をもぎ取られた広島ファンの悲嘆はこんなレベルではない。選手を他球団から取ることはあっても取られた経験の乏しい球団の脆さ。
50代男性
育てるのが下手なジャイアンツにしては珍しく育った選手をプロテクト外にして、育つかどうか分からない若手をプロテクトする…。
10代男性
その場その場の近視眼的補強を続ける限り、いくらお金をかけても、本当に強い球団にはならないな。FAで獲得、放出、どれだけの才能を潰してきた事か。日本球界に取って見せしめみたいな球団だと思う。

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

笠原将生さんの批判や怒りは巨人のフロント陣に対するものでファンの気持ちを代弁している内容であります。

読売巨人はもっと選手を大事にする球団と思っていたのですが以外にあっさりとベテラン選手を放出しちゃうのがビックリですね!

批判がかなり出ている以上、巨人の代表による説明責任は必要なのかもしれませんね。

 
スポンサーリンク