片山広明 死去した死因の肝臓ガンになった理由がヤバい!

 

片山広明(かたやま ひろあき)さんが死去されたニュースが流れ悲しみが広がっています。

67歳の若さで亡くなった死因は肝臓ガンで酒の飲みすぎが理由だった!

千葉県野田市出身の片山広明さんの死去について原因を紐解いてみます。

スポンサーリンク

死去した死因は?

RCサクセションのサポートメンバーとして知られ、渋さ知らズのメンバーとしても活躍したテナーサックス奏者、片山広明が昨日11月13日朝に死去した。67歳だった。

オフィシャルサイトでは、彼が亡くなったことについて「長年の酒の飲み過ぎでの肝臓ガンですね。キヨシローさんが亡くなる前に死んでいても不思議はなかった片山さんですが、肝硬変が悪化して遂にというかそりゃそうだろと思うぐらい悪くなっていたようですね。病院を変えて検査を充実させたり、手術をしたり良くしようとは努力していた様子はみてとれましたが、昨夜に具合が悪くなり今朝、息を引き取ったそうです。ご冥福をお祈りさせていただきます」と説明している。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000012-natalien-musi

 
スポンサーリンク


 

WIKIプロフィール

名前:片山広明(かたやま ひろあき)

誕生日:1951年3月1日

出身地:千葉県野田市

死没:2018年11月13日(67歳没)

職業:演奏家

担当楽器:テナーサクソフォーン

活動期間:1970年 –

その他:
高校生の頃アルト・サックスを始め、後にテナー・サックスに転向。國學院大學を中退し、プロとして活動を始めた。

スポンサーリンク


片山広明さんの評判

40代女性
片山広明さんの死因は肝臓がんらしい。肝臓は沈黙のガンといってなかなか症状がでにくいからガンが見つかった時には末期のステージ4だったのかもしれない。
40代男性
その肝臓がんになった理由が関係者では酒の飲みすぎと言われている!
50代男性
日本では年間約3万1000人が肝がんで亡くなっており、男性では肺がん、胃がんに次いで、がんによる死亡の第3位となっています。2000年前後より肝がんの年間発症率は横ばいになりつつあり、肝がんで死亡する人はわずかに減少傾向にあります。
60代男性

肝臓は「沈黙の臓器」と言われます。食べ物が直接通過する臓器ではないこと、再生能力が高いこと、病気にかかっても症状があらわれにくいことから、こう呼ばれるようです。
 ところが、2010年に厚生労働省が出した「人口動態統計」によると、年間3万人前後が肝臓がんで死亡しています。これはがんによる死亡者数でみると、肺がん、胃がん、大腸がんに次ぐ多さです。
 実は、肝臓がんはもともと肝臓に慢性の病気(慢性肝疾患、主に慢性肝炎)を抱えている人がかかりやすい特徴があります。よく「たばこを吸う人は肺がんに なりやすいから」と、禁煙を勧められますね。同じように、肝臓がんと慢性肝疾患は強い因果関係があります。肝臓がんの予防のためには、肝臓の病気を早くみ つけて治療することが重要です。

出典元:https://www.min-iren.gr.jp/?p=7244

20代女性
古いタイプのミュージシャンですが
渋かった。死去報道にビックリです
御冥福をお祈りします。
梅津さんには片山さんの分も活躍して欲しいです。
30代男性
天国で清志郎さんとセッションしてくださいね。
日本のファンキー・サックスプレイヤーとして、片山さんの名前は音楽史にしっかり刻まれたと思います。ご冥福をお祈りいたします

30代女性
来月のライブを楽しみにしていただけに
残念です。ご冥福をお祈りします。
50代男性
学生時代に何度か片山広明さんにセッションでお会いしました。
コルトレーンの「至上の愛」を「痴情の愛」とパロるのが定番でした(笑)
心からご冥福をお祈りします。

 
スポンサーリンク