香取慎吾 非日常が素晴らしい!NIPPON 初個展!

香取慎吾さんの非日常

 

俳優でアーティスト・香取慎吾さんの非日常が話題になっていますね!

いったい非日常とはどういう事なのでしょうか?

気になりますので香取慎吾さんの非日常について詳細を読み解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

香取慎吾さんの非日常の真相は?

スポンサードリンク


今回の報道内容はこちらです。

俳優でアーティストの香取慎吾が、3月15日から国内初の作品展『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』を開催。昨年、フランス・パリのルーブル美術館で個展を開いたことでも話題となった。アーティストとして順調な滑り出しに、香取は「以前の自分に感謝」と語る。つねにルーティーンではない“非日常”を生き、人から注目されることが当たり前の香取。自らを「ここでしか生きていけない生き物」と言う真意とは?

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000304-oric-ent

20代女性
大野くんとは対照的だなあと思いながら読みました。人はそれぞれだから、比べられないけど。
それでも香取くんはなんだかんだオンオフの切り替えが上手なんでしょうね。
30代女性
来月行きます。香取慎吾さん演出のSMAPのコンサートも会場に入った瞬間のあの別世界に入り込んだようなワクワクしたのを思い出しました。今回はどんな非日常、世界が待っているのかとても楽しみにしています。
40代男性
非日常見てみたい
30代男性
グループのプロデュースも、自己プロデュースもできる稀有な人だと思う。すごい星の下に生まれてきたんだろう。人々を楽しませるために努力を惜しまないところは尊敬に値する。

 

スポンサーリンク

香取慎吾さんの非日常について

スポンサードリンク


 
 
常にどんな時も慎吾くんの心の基盤には
お客様、ファンが一番なんだというその思い
に触れて、朝から感激です。
アートに対する、観る者へも決して押し付け
ではなく、ただただ喜んでくれることを
一番に考えている。
11才からこの世界で生きてきたことを肯定
できる心の強さ、そう言い切れる前向きな
精神は本当に素晴らしいですね。

 
 
お客さん第一という、この考え方こそSMAPの真骨頂だね。今でも全員に生きづいていると思う。後輩グループのような、俺が俺が無い稀有な人たち。

 
 
腹をくくっている姿はさすが、と思うけれど、その言葉の裏にあるそう思うしかなかったという壮絶な経験や感情があるだろうことを思うと、手放しで能天気には見られない。
大野くんは 本人が 自由になりたい、と言ってるんだから、彼が好きなら嵐でいて欲しい、なんてファンのエゴで縛り付けずに事務所からもアイドルからも解放してあげて欲しい。

 
 
なんだろ この感じ
上手く言い表せないけど 悟りの境地?
大変な世界で 煌びやかな反面
辛い事も沢山あったはずで
色々な事を乗り越えてきた人って感じだよね
いい歳の重ね方してると思う
SMAP時代は修行だったのかな
慎吾ちゃんも吾郎さんもつよぽんも
グループでは主張を控えて 各々の役割を徹底していたプロだった
今は 閉じていた大きな翼を広げ始めた様
3人共 すごく かっこいい
あ、オールフリーのCMがそうだった
勝手なこじつけですが
最近の慎吾ちゃんの発言のいくつかは
大野君へのメッセージかな?と思う時が
ありました もしかすると後輩達へ?かな
ツートップに?かな

 
 
香取慎吾くん、お誕生日おめでとう。
やりたい事の夢の一つが叶って良かったね。
コンサートの時の会場では、今回はどんな感じ非日常に仕上がっているのだろうと毎回後ろまでグルリと見て堪能していました。
視覚的聴覚的な立体空間の中いながら、メンバーの動きもMCも、とても楽しかったなぁ。
いつもコンサートには今回はどんな感じかなと、ワクワクしながら参加してました^ ^
本当にありがとう〜♬
いつか気が向いたら、またコンサートの企画もお願いします(^_−)−☆

 
 
慎吾ちゃん、素敵だ。
さすがエンタメの申し子!
観に行きます♪

スポンサードリンク


 
 
>声をかけてくださった人、参加してくださる人は、以前も一緒にお仕事をした人が多いんです。その時の僕がすごく嫌な奴だったら、また一緒に仕事をしてはくれなかったと思う。だから今は、すごく感謝してます、以前の僕に(笑)。

この言葉が全てだと思う。
香取慎吾さんのわがままでライブや紅白辞退なんて言われてるけど、全くのガセって事。

 
 
全然SMAPファンとかではないが、とても華のあるこの人が表舞台に出てこない芸能界はおかしいと思うよ。

 
 
正直SMAPのときはあまり詳しくは知らなかったけど、彼のインスタをフォローしてから彼のエンターテイメント性を目の当たりにして、ついには個展も行くことにしました。楽しみです。

 
 
>>人に見られたくない、注目される人生は不自由だ、という感覚を経験してきてない。むしろ、ここでしか生きていけない生き物なんだと思います(笑)。

>>お客さんがなんと言おうと「これが俺の見せたいものだ!」って自分の主張を貫くやり方もあるじゃないですか。でも、僕はそれはしたくない。

嵐が感じていた息苦しさ、沢田研二氏がドタキャンしてまで貫いたこだわりなどと比較すると、余り例のない突き抜けたタレント意識であり、エンターティナー意識。思ってたより凄い人かも。

 
 
香取慎吾くんのインタビューは、読んでいてとても気持ちがいい。肩に力が入ってない、でもとても前向き。無理して答えてる感じがしない。みんなが彼に協力したくなるのがわかる。

 
 
慎吾ちゃんは、根っからワクワクタイプで、毎日の変化や非日常を楽しみエンターテイメントを楽しんでる。
根っから、芸能界やアーティストに向いてるタイプ。
大野くんは、マイペースに生きたい人なんだろうな。
寝たい時に寝て、釣りして、絵描いて。
あまり活動的な感じがしないし、変化に振り回されるのが疲れていそう。結構ルーティンなタイプかも。

 
 
絵を描くこと、音楽を聴くこと、歌うことが心から出来なかったと聞いたことがあります。それでも、頑張って笑顔を届けていた時期からみると、絵を描くことが楽しく、音楽を聴いたり歌ったりが楽しくなり、心からの笑顔が見られることが嬉しく思います。

 
 
香取慎吾さんの作品はみたことがないから、行ってみたいと思いました ブログの空想ファンテジーは読んでるので不思議な感覚を楽しんでみたいと思います 色んな世界観がありそう

 
 
あぁ良かった。
香取くんが、客観的に自分を見れるようになっている。解散の頃の疑心暗鬼中彼とは、顔の表情も声のトーンも、全然違いますね。
やっぱりここまで心が整うまでに「時間」が必要だったのだろうし、その時間が彼を前に向かせたし、過去を振り返る事も出来た。
色々あったんだろうけど、良かったね。
やっぱりSMAPでの香取くんの活躍は、SMAPみんなと光ってましたよ。

 
 
ジャニーズを脱退する前は、覇気のない目で心配になる程だったけど、ジャニーズを脱退してからは目がキラキラしていて、満足した日々を送ってるんだろうなぁと思っていました。あんなに見かけていた3人を地上波のドラマですっかり見かけなくなったり、いろいろと失ったものもあるんだろうけど、お金より何より本人が充実していることが幸せということなんでしょうね。応援しています。

スポンサードリンク