加藤明(大分銀行) facebook顔画像や勤務先の警備会社は?強盗で逮捕!

スポンサーリンク

 

大分県別府市の大分銀行で加藤明(かとう あきら)容疑者が銀行強盗犯人の疑いで逮捕された!

別府市石垣東に住んでいる44歳で警備員の加藤明容疑者のfacebookやtwitterから経歴や顔画像を調査するとヤバい事実も判明!

今回発生した大分銀行強盗事件の詳細や勤務先の警備会社についても調査してまとめていきます。

スポンサーリンク




加藤明 銀行強盗事件の概要

9日午後、別府市内の銀行で発生した強盗未遂事件で警察は9日夜、逃走していた容疑者の男を緊急逮捕しました。

強盗未遂の疑いで逮捕されたのは別府市石垣東の警備員加藤明容疑者44歳です。

警察によりますと加藤容疑者は9日午後0時40分頃、別府市石垣西にある大分銀行の支店で行員に「金を出せ」と脅しましたが行員が要求に応じなかったためそのまま逃走した疑いが持たれています。

当時、店内には行員と客あわせておよそ30人がいましたがけが人はいませんでした。

警察は強盗未遂事件として170人態勢で捜査していましたが別府市内で加藤容疑者を発見し午後8時20分頃に緊急逮捕しました。

警察の調べに対し加藤容疑者は容疑を認めているということです。

※一部省略

出典元:www.fnn.jp/posts/1199TOS FNN.jpプライムオンライン

 

事件の発生した場所

事件が起こった場所は別府市石垣西にある大分銀行の石垣支店です。

グーグルマップはこちらです。

ストリートビューです。

スポンサーリンク




加藤明 プロフィールや顔画像

・名前:加藤明(読み方:かとうあきら)

・年齢:44才

・住所:別府市石垣東

・職業:警備員

・顔画像

※顔画像に関してですが

現在の報道を確認してみたところ、各メディアは夜になって逮捕された加藤明容疑者の顔画像を公表し始めました。

TBSのニュース23でいち早く顔画像を公表していました。

加藤明の顔画像

出典元:TBS ニュース23

 

勤務先の警備会社はどこ?

加藤明容疑者が住んでいる別府市石垣東を中心に警備会社を探してみました!

下記の赤丸の場所が警備会社で4~5個ほど出てきました。

特定はされていませんがこの中に加藤容疑者の勤務先があるのかもしれません。

加藤明 Facebookやtwitter

加藤明のfacebook

加藤明容疑者がどのような人物なのか情報を調べる為に、フェイスブックやツイッター、インスタなどのSNSを捜索してみました。

名前や顔画像や勤務先や住んでいる場所などの情報などを整合してみましたが容疑者本人の特定には至りませんでした。

アカウントは引き続き捜索中ですので特定でき次第情報を追記致します。申し訳ございません。

スポンサーリンク




逮捕された後の流れ

加藤明容疑者が逮捕されましたがこの後の流れはどうなっているのか下記の図で確認していきます。

逮捕の流れ

出典元:saygee.org/system-criminal/

警察は48時間以内に事情聴取(取り調べ)を行って加藤明容疑者を「釈放する」か「検察へ送る(送検)」かをしなければなりません。

容疑者が送検された場合にはその後は「検察」で取り調べをして最大20日以内に「起訴」や「不起訴」などを決めます。

「起訴」となれば裁判所にて判決が下ります。

以上が逮捕された後の簡単な流れになります。

今回の事件ではけが人は居なかったので不起訴になる可能性が高いのかもしれません。

スポンサーリンク




加藤明 犯行動機や2ちゃん/5chの声は?

加藤明のfacebook

20代男性
顔画像みたら44歳には見えないくらい老けている感じがする!

10代男性
日焼けしてるだけやん

40代男性
警備員って駐車場の入り口とかで誘導している人も警備員なのか!?

30代男性
警備員=セコムやALSOKみたいな警察みたいな制服着ている人だと思ったららなんかいろんな警備員が居てるみたいだな!

50代男性
加藤明容疑者も銀行強盗なんかせずに警備員終わってから飲食店でバイトでもして稼ぐべきだった!

30代男性
 嫁や子供が泣いてはるわ

おわりに

加藤明

またもや銀行強盗事件が大分県別府市で発生してしまいました。

けが人などは出ずに犯人が逮捕されたのでホッとしています。

ただ犯人は警備員という事で通常であれば市民など守る側の立場の正義の味方がこんな悪行を働くとはけしからんですね。

加藤明容疑者のフェイスブックやツイッターでの情報も乏しいものでありますがお金に困っての犯行なのでしょう。

恐らく借金が多数あって困って銀行強盗を思いついたって事だと思います。

今回発生した事件の背景・原因を検証する事で法整備や社会の仕組みが見直されてこのような事件や事故のニュースが無くなる事を切に願っております。

スポンサーリンク