勝谷誠彦が病名公表!劇症肝炎とは?【画像有り】

 

現在、病気で入院していた勝谷誠彦(かつやまさひこ)さんが病名公表した事に注目が集まっています。

病名は「劇症肝炎」と公表されたがどんな病気なのか??

今回は、57歳コラムニストの勝谷誠彦さんについて動画や画像やWIKIや口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

勝谷誠彦が病名公表

8月21日に腹痛を訴えて緊急入院したコラムニストの勝谷誠彦氏(57)の病名と現状について、有料配信コラム「勝谷誠彦の××な日々。」の発行人が19日、ネット配信動画内で発表した。

 発行人の高橋ヨロン氏、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏、勝谷氏のマネジャーT―1氏が出演。高橋氏が病名について肝不全症状が現れる病気「劇症肝炎」だと明かした。

 動画では病室にいる勝谷氏の様子をVTRで公開。異常に膨れ上がっている勝谷氏の腹部が映り「肝臓が肥大していた。顔は真っ黄色だった」と説明した。腹痛を訴えて緊急入院したときには担当医から「劇症肝炎」「1カ月生存できる可能性は50%くらい」と告げられたという。マネジャーのT―1氏も「医師からは身内の方を呼んでほしいと言われました」と予断を許さない状況だったと語った。

 幸運にもその後、勝谷氏の病状は回復。病室でパソコンを使う姿もVTRで流れた。高橋氏は「入院してから断酒しているが、約40年間ずっと休肝日なしで飲み続けてきた。そう簡単にアルコールが身体から抜けることはないが、感染症や合併症はなく臓器の機能が回復している」と報告。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000161-spnannex-ent

 

 

 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

劇症肝炎とは?

劇症肝炎とは、肝臓の細胞が8週間以内のうちに急速かつ急激な機能低下を起こした結果、黄疸おうだん(肝臓や血液の異常で皮膚や粘膜が黄色くなること)精神状態の悪化など肝不全症状が現れる病気です。

劇症肝炎では、短時間のうちに肝臓の細胞が壊死えししてしまい、正常な肝機能が保てなくなってしまいます。

出典元:medicalnote.jp/diseases/

 

スポンサーリンク

勝谷誠彦の口コミ

40代女性
劇症肝炎で良く助かったね。
友人は結婚したばかりで
1週間で亡くなった。
1回貰った命大事にして下さい。
40代男性
年齢を考えてどういう飲み方をしていたのかな?
20代女性
劇症肝炎はやべぇぞ。2日以内の死亡率が高い。
30代男性
改心して人の話をちゃんと聞く大人になっていただきたい。
30代女性
良かった
その後の続報全く出てこなかったから、どうなったのか気掛かりでした

そもそも大手マスコミから消された存在にされていましたから、病気で倒れた以外報道しないような規制でもかけられたのかと疑ってみたり

劇症肝炎か
危なかったですね

まずはお大事に・・

50代男性
以前、1日1升くらい飲んでるって言ってましたっけ。
ここまで何もなかった方が奇跡的。
今回を機に断酒してみればいいのでわ?
量を減らすのは多分無理だと思うので。
20代女性
>まえ屈みだと、右脇腹に激痛が走る

なんか怖いですね…

自分も飲みますがお酒を美味しく飲みたいから休肝日取ります。
飲めなくなるのは辛いですから。
勝谷さんは自重して頂いて健康を取り戻してほしいです。

60代男性
沈黙の臓器ですからね…。お酒好なので他人事じゃない。気をつけよう。

 
スポンサーリンク