キッズウィークとは?2018年のいつから?反対や賛成とメリットは?

新たな大型連休「キッズウィーク」が話題になっていますね。

いったいキッズウィークとはどういった事を実施するのでしょうか!?

2018年のいつから始まっていつまで実施されるのか確認していきましょう。

子供の夏休みの5日分を別の月にずらして、親も有給休暇を取れるのか検証してみましょう!

キッズウィークとは?

今話題になっている「キッズウィーク」とはどういった休みなのでしょうか?

大型連休が増えるだけなのかまとめてみました!

名前だけで考えると子供の週という直訳ができますがまさにそんな感じの休みができそうです!

ただこのキッズウィークは新たな休日や祝日を増やすのではなく子供の長い夏休みの5日間だけを別の月に移行しましょうというものであります!

子供にとって確かに夏休みは1か月以上もあって長いから別の日に休みたいな~とは思っていたので子供にとっては良いキッズウィーク制度なのかもしれません!

キッズウィークとはの回答は子供の夏休みを5日間短くしてその5日間の休みを別の月の平日5日間に組み込んで9連休の休みを作りましょうという事のようです。

そして政府の考え的には子供の夏休みを移行するだけではなく親もそのキッズウィークの期間に合わせて有給休暇などを使用して仕事を休み子供と一緒に大型連休を取ってお金を使いましょうというのがキッズウィークの狙いでもあるようです。

このキッズウィークが好評であれば夏休みをさらに5日間減らしてまた別の月度に大型連休を作ってくれた方が子供にとっては大型連休が2か月に1回はある感じで良いかもしれません!


キッズウィークは2018年のいつからいつまで?

キッズウィークは2018年のいつからなのか気になるところですがこれはもう決まっているようです!

それは2018年4月から開始するという事ですのであと9か月後からという事です。

そういえば今年の4月くらいからは政府主導の「プレミアムフライデー」の企画で月末の金曜日は15時仕事を終えて遊びに出かけましょう!というのがありましたが今のところまだ定着していない感じですがこのキッズウィークは子供の夏休みがメインなので定着はしていくと思われます。

よって2018年4月から始まるという事は自治体によっては4月の平日に5日間の休みを移行する事もあり得ますがこの4月は春休みやゴールデンウィークなどがあるので4月にキッズウィークを設定する都道府県は多分ないでしょうね!

やはり夏休みが終わって冬休みまでの期間が長いのでこの間(9月、10月、11月)に大型連休のキッズウィークを作った方がよいと考えられます!

あとは2月か6月にも大型連休のキッズウィークがあれば嬉しいかなって感じですね。

またキッズウィークがいつまでなのか?期間限定なのかも気になりますがこれは基本的に2018年から半永久的にずっと行われるようです!

ただ地域ごとにどこの月にキッズウィークを作るかが違ってくるようです!

キッズウィークは都道府県単位でいつに設定するか決められると思います。

北海道などは冬休みが長くて夏休みが短いなどの県別に休みを設定しているので簡単にできる事でしょう。

キッズウィークまとめ

キッズウィークとは子供の夏休みを5日間短くして別の月の平日に5日間の休みを移行して大型連休を作る事のようです!

2018年4月から始まりますが都道府県ごとに何月に休みを移行するかが違うのでディズニーランドやUSJやレゴランドなどに空いている平日に行けるというメリットも考えられます!

ただ反対派の意見としてはほとんどが大人の目線であって休みが取れないや仕事が休めないなどの理由のようですね!

そのような会社はもっと社員数を増やして全社員が有給休暇を取りやすい体制にするべきでしょう!

キッズウィークのメインは子供の夏休みが対象となっていますが政府としては親にもキッズウィークに合わせて有給休暇などで休みにするように企業などに働きかけをしてくれるので会社員も年間休日が増えたり有給休暇を取りやすくなったりするかもしれませんね!

反対や賛成意見やメリットなど賛否両論ありますが日本経済をよくするためにも前向きにとらえていきたいですね。

スポンサーリンク