木下裕太 涙の理由がヤバい!年収14万円だった?

 

ゴルフの木下裕太選手の涙が話題になっていますね。

2016年の年収は14万円だったがそこから這い上がって優勝を勝ちとり涙を流しました!

スポンサーも皆無に近い木下裕太選手は借金をしてゴルフで優勝する事だけを信じてプロとして11年間頑張ってきました。

どういうことなのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

木下裕太の涙とは?

スポンサーリンク


ゴルフの木下裕太選手はプロ11年目ですが

これまで優勝した事もなくスポンサーもほぼいない事から

借金をしてプロのゴルフ選手として頑張ってきました!

現在の年齢は32歳でありながら父親からお金を借りて

ゴルフの試合にもなんとかギリギリで出場できていたようです!

2016年の年収は14万円ポッキリと大学生のアルバイトよりも

すくない金額の賞金だけしかなかったようです!

そのどん底から這い上がって今年優勝を果たす事ができた

サクセスストーリーで皆が涙しましたね!感動的です。

映画化もできるのかもしれませんね!

そんな木下裕太選手の涙の真相を下記の報道でみていきましょう。

3年前の15年は年間獲得賞金89万6948円。月収にすれば約7万5000円。16年はさらに厳しくなり年間14万4700円。月1万2000円ほどしか稼いでいない計算になる。これにスポンサーからの補助はあるとはいえ、とても生活できるレベルではなかった。男子ゴルフのマイナビABCチャンピオンシップ(10月、兵庫・ABCGC)で、プロ11年目で初優勝した木下裕太(32=フリー)はそんな苦労人だった。

支えたのは家族だった。いつか、夢を見たい-。その思いだけで、父淳さん(62)は、30歳を過ぎても自分の生活費すら稼げない息子にかき集めた金を渡し続けた。「もうこれ以上(家族に)迷惑はかけられないと思った。ダメなら引退」。覚悟を決めて臨んだツアー出場権をかけた16年末のQT(予選会)で自己最高18位になった。

どん底を見た男の涙はきれいで、あの瞬間、記者席には歓声が起きた。10月28日、マイナビABCチャンピオンシップ最終日。プレーオフ1ホール目で川村昌弘(25)が先にバーディーを挙げると、木下は4メートルのイーグルパットを沈めて決着をつけた。男泣きしながら「手が震えながら打ちました」と漏らした。プロとはいえ、脚光を浴びる選手ばかりではない。いつか花が咲くと信じていても、いつまでも咲かない花もある。あの日、木下の優勝原稿を書く番記者の手も興奮で震えていた。

※一部省略(詳細はこちら↓)

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00419415-nksports-golf

 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

木下裕太の評判

40代女性
本当の苦労を経験したからこその「ひたむきさ」に人は感動を覚えるのだと思う。
強くてキレイな勝ち方もあると思うが、泥臭く必死になって勝負している姿もそれはそれでとても美しい。
ぜひ、一度の優勝で満足することなく、木下裕太選手はこれからも全力でプレーする姿を見せてまた嬉し涙をみせてほしいと願う。
40代男性
“苦労”を乗り越えたプロアスリートは応援したくなる。
木下裕太本人の努力はもちろんだが、家族や支えてくれた人たちの事を思うとなおさら涙がこぼれてしまう。

20代女性
ゴルフは遊びでやっても一喜一憂するのに、生活の糧にしているプロゴルファーはすごい精神力だと思う。
ほとんどの人が成功できずに去っていく厳しい世界なのだろうけど、こういうストーリーがあるのもプロの醍醐味。
30代男性
一度も優勝できないで終わる選手もいるだろう。
先ずは、おめでとうございます。
ここ数年、成績が上がってきているようですが、大器晩成なのか?良いコーチを見つけたのか?

優勝もしたいでしょうが、それを狙いつつコンスタントな成績が残せればいいですね。

1試合10万かぁ…。大変だぁ。

スポンサーリンク


30代女性
本人次第で技術も上がり、大金を手にする。
ゴルフの醍醐味そのものを達成。
これからの活躍を期待します。
50代男性
2014年の伊藤園レディースで前田陽子選手が人生初の一桁順位が優勝というのをやった時もダンボール工場でバイトしながら競技を続けていたことが話題になりましたが、ツアーで活躍できる選手は本当に一握りで、多くのプロゴルファーは金銭的に苦しい生活を送りながらツアー出場することを夢みて頑張っているんだなぁと感慨深くなりました。
こういう選手にもスポットライトを当ててほしいです。
良い記事でした!
20代女性
アスリートは栄光、勝つことを目指して、努力する。
だから、必死に努力している人は、苦労だけで終わらず、一度は栄光をつかんで欲しい。
木下選手も、ほんと優勝できてよかったですね。
記者がこうやって書く、ということは、人間性もよい人なんだと思う。

優勝できない間、いろいろ悩んで、でも、諦めないで、もがいて努力する中で、いろいろ学んだり、気持ちも強くなると思う。
だから、苦しんだ期間も、5時から遊び、飲みにふ呆けている一般の人より、濃い人生送ってると思うし、尊敬する。

それにご家族、嬉しかったろうなあ。
苦労した分よけいに涙も出るでしょう。

今後も、出来るだけ、優勝や、それに絡む活躍なさってください。

60代男性
全てが自己責任であり全てが結果のみでしか評価されないのが
ゴルフというスポーツの厳しさでもあり面白さでもある。
その中でもプロの世界は別次元かと…
あの世界で戦う方々にいつも敬意を抱きます。
今回の木下プロの初優勝にはとても感動しました。
本当におめでとうございます。
50代男性
苦労人だからこそ分かる一勝の重さ。プロはだれもが優勝出来るわけではなく、なかなか優勝出来ない人もいる。諦めずに頑張って良かったですね。これからも親孝行なさってください。応援してます。
10代男性
とても良い試合だった。
これ以外にも、今年はたくさんの初優勝や谷口の復活など、良いゲームは多かった。でもそれを知るのはコアなファンだけで、松山や石川の不調に加え、片山ショックなど世間には悪印象だけが残ったような...

 
スポンサーリンク