北村一輝 カレー屋オーナーの場所や店名「大阪マドラスカレー」が判明!

 

北村一輝 カレー屋オーナーが話題になっていますね。

店名は「大阪マドラスカレー」で場所は東京の赤坂3丁目と特定された!

北村一輝(きたむらかずき)さんのカレー屋のオーナーになった理由や売上などの詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

北村一輝 カレー屋オーナーがヤバい

スポンサーリンク


こちらが北村一輝さんのカレー屋オーナーに関する記事詳細です。

この4月1日に東京赤坂、TBSのほど近くに、カウンター9席だけの「大阪マドラスカレー」がオープンした。

 大阪・日本橋の老舗カレー店「カレーやマドラス」の東京初出店という。だが、このお店、オーナーはなぜか俳優の北村一輝(49)というのである――。
 
インド人に似ているからなのかは知りませんが、バラエティで必ずと言っていいほど語られるのが、“カレー愛”です。芸能界でも知る人ぞ知るカレー好きとして有名。なんでも、あまりにカレーを愛するあまり、たまたま入ったお店のカレーがマズくて、『こんな店にお金は払えない』と言い出して一悶着起こしたこともあったとか」

 それで、店まで構えてしまったというのだが……所属事務所に聞いてみると、

「確かに北村がオーナーとしてやってはいますが、事務所はまったく関与しておりませんのでお答えしかねます」

  インド人もびっくりの北村カレーである。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190409-00559666-shincho-ent&p=1

 

今回の北村一輝さんのカレー屋オーナーについてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

スポンサーリンク

カレー屋オーナー北村一輝の画像や動画

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

カレー屋北村一輝オーナーに関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
こればっかりは、名前ではなく味で勝負だからな~~。。
成功をお祈りしています。

 
 
芸能業界で居るよりも己のやりたい事をする事の方が幸せでしょ!カレー経営頑張って下さい!

 
 
熱意は素晴らしい。しかし、まずい店に食べに行っても食べたらお金払わないといけないよね。

 
 
目つきが怖いイメージの俳優さん
これが演技だとしたら大した役者さんだ

 
 
そんなに惚れ込んだ味なら是非食べてみたい。自分もカレー好きなのでね。

 
 
TOKIOの松岡昌宏主演のドラマでno. 1ホストの役がはまっていた、ホスト転身もいいと思う

 
 
持ち帰りが主なら納得ですが人を雇って、9席だけでやっていけるのでしょうか?最初は話題で売上は良いと思いますがいつまで続くか?

 
 
こうやってメディアを利用して
来店を促す

そして、早くて半年~数年で
閉店ってのが芸能人の飲食出店傾向

結局、なんのコネも無しに
0から創業した人と 本気度が違う

転身と言いつつ、一応芸能活動はするんやろうし
結局メディアを利用して宣伝すればそれなりに集客できる

ひっそりと芸能界から転身し
カレー屋を経営していた
なんて話しなら、凄いなと思う

 
 
間違いなく日本屈指の濃い顔な俳優。
不思議と嫌味な感じはしないけどね。

大阪のカレー食べてみたい。

 
 
わー、行ってみたいね。東京出張楽しみだ。1日に10万円の売上で月間300万円で北村さんの取り分が50万円といった感じくらいじゃないのかな!?

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は北村一輝カレー屋オーナーについて調べてみました。 

カレー屋さんの店名は「大阪マドラスカレー」という名前ですが東京の赤坂にあるようです!

住所は〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目14-8 赤坂相模屋ビル1F となっています。

インドカレーなので辛そうな感じもしますが場所が赤坂なのでサラリーマンやOLの方が昼ごはんや勤務終わりに食べそうですね!

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ていますがカレー屋さんは好評のようです。

この後も引き続きオーナーとして売上を構築する事ができるのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク