日記

公共事業 不適切評価の真相がヤバい

 

公共事業に不適切評価が4分の1もある事が問題になっていますね!

どのような評価がされているのかというと効果水増し、費用過小であると朝日新聞が報じました。

増税をするのに国がこんな対応をしていて良いのか紐解いてみていきましょう。

 

 
 
スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

公共事業の不適切評価の報道

公共事業を実施するか否かの妥当性が、多くの事業で不適切に評価されていることがわかった。将来の人口減少を考慮せずに事業効果を水増ししたり、維持管理費を無視して費用を過小評価したり。総務省がサンプル調査した各省庁の532事業の評価のうち、約4分の1に問題があった。

 公共事業は国の政策評価法令上、(1)10億円以上の新規(2)政策決定後5年経っても未着工(3)決定から10年経っても継続中――の場合、所管する各省庁は着工や継続の妥当性を評価しなければならない。妥当性判断のポイントは、事業で得られる効果「便益」を金額にして算出し、投じる費用で割った「費用対効果」の推計結果が「1・0以上」になるかどうかだ。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000005-asahi-soci

 

スポンサーリンク

公共事業ネットの口コミ

20代女性
北海道新幹線、長崎新幹線も酷いもんだ。
よく、こんな事業内容で許可をだせるよ!

普通に考えたら赤字の垂れ流しでどこが補てんをするか?

40代男性
暇つぶしの公務員多すぎるようだ
これで平均年俸法定福利厚生費用含めたら
1200万円以上になるだろう

公務員の人達に責任は少ない。

60代女性
採用基準が誤っているから
権限のある所が、硬直化しているからか?

赤字路線で言えば、破綻状態でも税金で生き延びているのと同じようだ。

無責任政府で国が破綻寸前。

50代男性
問題がないのが4分の1だろ!!
10代女性
B/Cの計量化を絶対視・自己目的化し、その厳格化だけを狂信的に進めている。しかし、地方での誘発効果などの便益は計測が困難。

 
スポンサーリンク


 

30代男性
なんでこれで増税できるのか
公務員天国
20代女性
各省庁の官僚のモラル低下が甚だしい。
この機会に、全省庁の見直しをした方が良いと思う。
30代女性
公共事業しかり人口問題、農業問題をしっかり考えないと次の世代に胸をはれない!腐った役人や政治家は要らない!淘汰しないと50年先の日本は輝けない!

40代男性
特に地方はひどい 住民議員役人が1円でも多く税金をちゃぶろうとネタを発掘してきます
40代女性
「上」から話が下りてきて、そのつじつま合わせに…なんて事はないだろうか。
役所の仕事も変えていかないと。文書管理もね。
20代女性
4分の1?4分の4だろ。
50代男性
こういう記事が掲載されると、一斉に政治家やなんやらのせいにするけど、
公共事業は、雇用の創出と富の再分配も目的としてある。
自分では仕事も見つけられない怠惰な国民のせいなんじゃないの?
10代男性
まぁ民間企業の報告書もそんなもんだよ
60代男性
何故必要としない公共事業が決定されてしまうのか?単なる予算確保の為なのか?厳しく精査する仕組みを作って欲しい。本当に必要な物が後回しにされる様な事があってはならない。

 
 

スポンサーリンク