車パンク 急増理由の真相は?背景には3つの原因が!

車パンクの急増理由

タイヤの車パンクの急増理由が注目されていますね!

いったい急増理由が3つとはどういう事なのでしょうか?

気になりますので車パンクの急増理由についてWIKI経歴や口コミ情報等から読み解いていきます。

車パンクの急増理由の真相は?

スポンサードリンク


今回の車パンクの急増理由に関する報道内容はこちらです。

気になりますので早速見ていきましょう!

タイヤのパンクが激増している。2019年3月8日にJAF(日本自動車連盟)が発表したリリースによると、タイヤトラブルによるロードサービスの出動件数は、2007年度が28万6934件だったのに対し、最新の2017年度には39万1799件と36.5%も増加。これは過去最多件数で年間40万件も目前に迫っている。
なぜ、いまタイヤのパンクに関わるトラブルが増加しているのか? その背景には3つの原因が考えられる。
【1】点検不足も含めたタイヤに対する関心の低下
【2】タイヤパンク修理キットの使い方が分からない
【3】扁平タイヤの増加でパンクに気づきにくくなってる

10年間で激変! タイヤのパンク なぜ急増? 背景にある3つの原因(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
タイヤのパンクが激増している。2019年3月8日にJAF(日本自動車連盟)が発表したリリ - Yahoo!ニュース(ベストカーWeb)
20代女性
車パンクの急増理由3つはなるほど!
40代男性
車パンク修理キットはマジで使いものにならない。一回使えば 修理できずにタイヤ交換する羽目に。使える状況もすごく限られてる。
当然バーストは使えない。
穴の大きさもすごく小さい物に限る。
個人的にはオプションでスペアがあれば 購入したい。保険と一緒で安心感がある。
30代女性
急増理由は車パンクが増えたのではなく、JAFの出動件数が増えたということ。これは同じことではないし、そこを掘り下げるのがジャーナリズムではないのか。技術の進歩で昔よりパンクしなくなったのと、その影響で新車に応急タイヤの搭載が義務付けでなくなり、替えのタイヤを積んでいないこと、タイヤ交換の仕方を知らない人が増えたことが原因ではないのだろうか?

今回の車パンクの急増理由についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきましょう。

車パンクの急増理由について

スポンサードリンク




急増理由は簡単。応急用のタイヤの設定車が減り、パンク修理キットの搭載車が増え始めた時期とほぼ同じ曲線。特に軽自動車に搭載が始まったのもこの時期から。応急用が有れば急場は凌げるが、修理キットでは対応出来るパンク内容が絞られ、ダメならJAFのお世話になる。修理キットの採用は、自動車メーカーにとっては原価を安くなり、軽量化にもなる。JAFにとっては会員増や有料出動増、タイヤメーカーにとっては超廉価タイヤが減る分高級タイヤ生産のキャパ増、、、と良い話ばかり。ドライバーにとっては何のメリットも無い
事実上車の値上げの話です。



セルフが増えて、空気圧の見方がわからない人も増えた。
とか聞きますが、チェックは大事ですよ。
1本だけ空気圧の減りが早くて、見てもらったらちっさい金属片刺さってました、何て事は経験あります。
減りの早さで、バルブの虫ゴムの劣化もわかります。
慣れないとキャップの開け閉めで手を汚しますが、セルフでもわからないなら教えてくれる場合もあります。
最低でも2ヶ月に1回、長距離や高速走る時も確認しましょう。
山奥や高速本線上でバーストしたら目も当てられません。



3つの原因は確かだと思うが、その根底には愛車精神が薄れているのだと思います。
タイヤの点検にも関心がないし、タイヤ交換もやらないし、当然。パンクキットなども使い方も分からない人が多くなっているように思います。
昔の人は、車を買うとなれば自動車雑誌を買って、擦り切れるほど読んだりしましたし、車好きで情報交換もしていました。
だから、車に関する愛情は強かったですし、乗る前には車の周りをまわって見たり始業点検などもやっていた。
今の若い人は、エンジンオイルの交換が必要と言うのも知らないことが多いし、バッテリー上がりと言うのも分からない人が多い。
車は快適にカッコよく動けばいい、後は車屋に任せておけばいい、という人が増えているのは事実だと思う。
それ位、車に関する関心や意識が薄れているのだから、タイヤの空気圧のチェックやパンク対応への配慮も薄く、他人任せになると思います。



室内空間を犠牲にしないためにもパンク修理キットにしているのは分かるが、テンパータイヤ設置できるようにしてほしい。
製造コストやリサイクルの面からもない方がいいのはわかるが、それなら経年期限付き使いまわしでもいいし、発煙筒のように定期交換でも構わない。
タイヤの代わりはタイヤにしか務まらない。
あとは使用者がどれだけタイヤに興味を持って、交換もできるかだが、免許更新のときにトラブル対策で講習するようにすればいい。
役に立たない机上教育よりよっぽど良い!



車に対して無関心、無頓着な人は昔から少なからずいたけど、最近は特に多い気がする
タイヤに然りオイルに然り
そういう人の大半が
「まだ溝があるから大丈夫」
「最近の車は良く出来てるから大丈夫」
なんていうけど、どんなものでも最低限のメンテナンスが必要なのは当たり前のこと
放っておけば壊れるし、少なくとも寿命は縮む上、特にタイヤトラブルに至っては他者に迷惑を掛ける可能性も高い
自分でやるのが面倒ならガソリンスタンドなりディーラーなりカー用品店なりに見てもらえば良いし、それすら億劫なら車を所有しない方がいいと思う



バーストは色々な可能性が考えられるけどスローパンクは殆どの場合
空気圧に疎い人間がやる事だろうね。セルフが多くて店員に
空気圧見といて!っていう会話も無くなりつつあるし更にユーザー車検で
点検すらしない人間もいる事でしょう。定期的にチェックしないと
タイヤは伸びるんで意外なほど空気圧は変化しやすい。
もっと言えば窒素ガスに充填型漏れ止め剤を入れておくのが好ましい。
特に複数回車検を受ける方で2度目の車検位までにタイヤ交換をしない方は
要注意した方が良い。5年無頓着は流石に危ない。ヒビも入るし。
車パンク修理材を使う様な事をやってしまうなら運が悪いと思うほかないけど
ある程度敏感な方なら少しでも空気が減れば分かるんでそういう神経を
養う事も大事。ズボラな方でも定期的にタイヤを蹴る癖付けると良い。
その反応で分かるようにもなる。
でも一番良いのは最低月に一度位は愛車を構ってあげる事ですよ。

スポンサードリンク




一番の急増理由は貧しくなったからだね。無駄な出費を極限まで減らす。そういう人が増えてる。タイヤも限界まで使う。
以前だと早めにかえるという人も多かった、交換(新しくすること)自体が楽しみみたいなショッピング感覚的なところがあったけど、そんな余裕なくなって、なるべく長く使うって人が増えた。
あと、タイヤの性能自体上がってると記事にあるけどそうは思わないな。安さ追及のためにトラブルの出やすいタイヤとか増えてる。数十年前とかと比べればよくなってるんだろうけど、ここ10~20年だとタイヤの耐久性は落ちてるって印象。



最近のパンクは釘を踏むとか救急キットで治せるのはむしろ少なく、いざパンクとなると結構大事になります。最近、娘の車パンクして見に行ったら大きな穴が空いてたので年式の古い車からテンパータイヤを持っていって、交換したから良かったけど。やはりテンパータイヤくらいは必要だと思う。あとタイヤ交換くらいは出来るようにしておく必要がありますね。



先日、阪神高速道路でバーストを体験した。
乗車前にタイヤは目視で確認するようにしているのだけれど、扁平率40では全く異変に気付かなかった。
走行中にハンドルに振動が出たので、徐行して最寄りの出口から5分ほどのスタンドで確認したが、その時はすでにサイドが裂けていた。
担当者曰く、扁平率40では空気量が少ないので、異変を感じてから空気が抜けきってしまうまでが昔に比べて早いとの事、最近はパンクも多いけど、バーストも増えているらしい。安全性を考えると、扁平率も行き過ぎているのかもしれませんね。
この後すぐにテンパータイヤを購入しました。

おわりに

今回は車パンクの急増理由について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク