青葉真司 病院はどこ?京都第一赤十字で入院中?死亡説が出る理由は?

 

京都アニメーション(京アニ)の火災犯人である青葉真司(あおばしんじ)容疑者は現在入院しているがどこの病院なのか判明!!?

京都市内にある六地蔵総合病院、医仁会武田総合病院などの情報も出ているが京都市東山区本町15丁目にある「京都第一赤十字病院」前にはすでに報道陣やマスコミさんが集まった事でバレてしまった!?

また京アニ犯人青葉真司は重篤な状態である事から死亡説も出ているが現在の容体はどうなっているのか紐解いていきます。

スポンサーリンク

青葉真司 入院した病院はどこ?

京アニ火災犯人である青葉真司容疑者はどこの病院に入院しているのでしょうか?

報道では全身やけどで重篤な状態であると報じられています!

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火されて炎上し、33人が死亡した事件で、京都府警は19日、現場近くで事件直後に身柄を確保された男について、住居・職業不詳の青葉真司容疑者(41)と発表した。全身やけどで入院しており、容体は重篤という。逮捕状を請求できる段階ではないものの、事案の重大性から容疑者名を明らかにした、としている。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000064-asahi-soci 朝日新聞デジタル

このように青葉真司容疑者が入院している事が報じられました!

また別の報道では京都市内の病院に運ばれて手術・治療を行っているようです。

いったいどこの病院なのでしょうか?

事件現場となった京都アニメーションの場所から考えると下記のような大きな病院が考えられます。

救急搬送なので大きな病院に行く事になるでしょうから下記の病院に入院している可能性は高いでしょう。

ただ今回の放火事件で70人くらいの負傷者が一気に出たので京都市内の病院に分散されて入院していると考えられますので近い病院とは限らないようです。

京都第一赤十字病院(住所:京都市東山区本町15丁目)

六地蔵総合病院(住所:六地蔵奈良町9)

医仁会武田総合病院 (住所:石田森南町28−1)

京都第一赤十字病院で青葉真司が入院中

京アニの犯人である青葉真司容疑者が入院している病院には取材記者さんやマスコミさんがたくさん集まるのは一般的であります。

先ほどの3つの大きな病院でマスメディアが集っている病院がないか調べてみたところ1つだけ騒々しいほど集まっている病院がありました!

下記のtwitterでは京都第一赤十字病院に京アニ関連でマスコミが多数いるとつぶやいています。

病院前の画像などはありませんでしたのでどれくらいの数の取材陣がいるのか不明ですが、青葉真司容疑者が入院している病院の可能性が濃厚であります。

いったいこの京都第一赤十字病院はどこにあるのでしょうか?

まず住所が〒605-0981 京都府京都市東山区本町15丁目749となっていて地図が下記になります。

ストリートビューがこちら。

かなり大きな病院である事がわかります。

全身ヤケドをした青葉真司容疑者もこの病院で処置されている可能性があります。

事件現場となった京アニからの赤十字病院までのルートがこちらです。

距離は10km弱で20分ほどで到着できる距離にありました。

青葉真司 死亡説も?

青葉真司容疑者は京アニの建物にガソリンを撒いて放火した事で自分にも火がついて全身に火傷を負っています。

熱傷深度が2度のヤケドなので3段階あるうちの真ん中レベルのヤケドですが意識不明となっているようで死亡説も出始めています。

生死をさまよっているのでしょうが元々生きる力を失くしていたようなので医師による懸命な治療があっても死去してしまう可能性もでてきています。

また報道では青葉容疑者は重篤であると報じられています!

いったい重篤とはどのような状態の事をさすのでしょうか!?

辞書で調べると「病気が重いこと。病状が深刻であること」と記載されています。

京アニの火災事件の犯人としてしっかりとヤケドの病気を治して警察に対して犯行動機をしっかりと話す必要があるのかもしれません。

事件の全容解明のためにも死去せずにしっかりと回復して事情聴取に応じるべきなのでしょう。