京アニ 犯人は茨城県出身,さいたま市在住の41歳男の画像あり!プロフィールも!

京アニの犯人

 

逮捕された京アニの犯人は茨城県出身でさいたま市在住の41歳の男だった【画像有り】

犯人の名前や顔画像facebookを調査するとヤバい事実も発覚!

犯行動機は京都アニメーションへの恨みだった!

この記事では京アニの放火事件の真相や犯人のプロフィールを紐解いてみていきます。

 
Sponsored Link


 

京アニ 放火事件の概要

18日午前に起きた京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオの火災で、放火したとみられる男(41)が警察官に取り押さえられるのを、近隣住民が目撃していた。

 現場近くに住む福祉施設職員の女性(61)が午前10時35分ごろ、自宅のインターホンが鳴ったため外に出ると、玄関左の路地に大柄な男が倒れていた。あおむけで、ひざを立てていた。白いTシャツに紺色のジーパン姿。両腕はやけどで皮がめくれ、右足から小さな炎と煙が出ていた。Tシャツはめくれ、腹にみえた。髪はチリチリに焼けていたという。

 息も絶え絶えの様子で、女性が「大丈夫ですか?」と声をかけても返事はなかった。女性は火事の被害者だと思い、ホースで水をかけた。救急車が来るのを待っていると、数人の警察官が来て男を取り囲み、「どうしてこんなことをした?」「どこから入った?」と問い詰めたという。男は恨みつらみのようなことを言い、「パクりやがって!」という一言がはっきりと聞こえたという。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000075-asahi-soci 朝日新聞デジタル

このように京アニを放火した犯人はすでに逮捕されているようです。

犯人は大柄な男で41歳で服装は白いTシャツにジーンズ姿だったようです。

お腹から危険人物の可能性が高いでしょう。

 

放火事件の発生した京アニの場所

事件が起こった場所は京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオです。

住所は〒612-8007 京都府京都市伏見区桃山町因幡15-1となっています。

グーグルマップはこちらです。

ストリートビューがこちらで火災報道のあった京アニ建物と同じである事が分かります。

 
Sponsored Link


 

京アニ犯人 プロフィールや顔画像

・名前:未公表

・年齢:41才

・住所:さいたま市

・出身:茨城県

・職業:不詳(京都アニメーションの従業員でもないとの事)

・顔画像

※顔画像に関してですが

現在の報道を確認してみたところ、各メディアは京アニ犯人の顔画像を公表していませんでした。

しかしネット上でも逮捕された時の画像が流出していました。

京アニの犯人の顔画像

出典元:twitter.com/mml7BiNOwTnz0rk/

この画像が犯人が放火して逃げている途中で倒れた場所のようです。

その時はまだ足が燃えていたという証言もでています。

京アニ犯人 Facebookやインスタ

京アニ犯人のfacebook

京アニ犯人がどのような人物なのか情報を調べる為に、フェイスブックやツイッター、インスタなどのSNSを捜索してみました。

名前や顔画像や勤務先や住んでいる場所などの情報などを整合してみましたが京アニ犯人本人の特定には至りませんでした。

アカウントは引き続き捜索中ですので特定でき次第情報を追記致します。申し訳ございません。

 
Sponsored Link


 

逮捕された後の流れ

京アニ犯人が逮捕されましたがこの後の流れはどうなっているのか下記の図で確認していきます。

逮捕

出典元:keiji-pro.com/columns/45/

警察は48時間以内に事情聴取(取り調べ)を行って京アニ犯人を「釈放する」か「検察へ送る(送検)」かをしなければなりません。

容疑者が送検された場合にはその後は「検察」で取り調べをして最大20日以内に「起訴」や「不起訴」などを決めます。

「起訴」となれば裁判所にて判決が下ります。

以上が逮捕された後の簡単な流れになります。

今回の京アニ放火事件の大きさから実刑は確実で無期懲役以上になる可能性が高いでしょう。

 
Sponsored Link


 

京アニ犯は茨城県出身で埼玉在住?

京都アニメーションの放火犯は茨城県出身でさいたま市在住であるとツイッター上でも次々とツイートされています!

テレビで報道されたのでしょう。

京アニ犯人のfacebook

まとめ

京アニ

またもやとんでもない放火事件が発生してしまいました。

京アニ犯人のフェイスブックやツイッターでの情報も乏しいものでありますが判明次第追記していきます。

今回発生した事件の背景・原因を検証する事で法整備や社会の仕組みが見直されてこのような事件や事故のニュースが無くなる事を切に願っております。

 
Sponsored Link