ローソン2店 消費期限改ざんした店舗は埼玉県三郷のどこか特定!

 

埼玉にあるローソンの2店舗で消費期限改ざんした事が発覚!

どこの店なのか特定された!「ローソン三郷天神一丁目店」と「ローソン三郷彦糸店」の2店が消費期限を改ざんして閉店に追い込まれた!

いったい何の商品の消費期限を張り替えて改竄していたのか読み解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

ローソン2店の消費期限改ざんの真相は?

スポンサーリンク


 ローソンは6日、埼玉県三郷市の2店舗で、店内調理の一部商品の消費期限の改ざんが判明し、両店を閉店したと発表した。健康被害の報告はないという。2店舗は同じフランチャイズオーナーが経営する「ローソン三郷天神一丁目店」と「ローソン三郷彦糸店」。三郷天神一丁目店で消費期限を改ざんして販売された商品は、最大で約1万3700個に上る可能性がある。三郷彦糸店の販売数は不明としている。

 従業員が店内調理の弁当やパンに貼られている消費期限記載のシールを期限が切れる2時間前に貼り替え、7時間延長していたという。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000093-kyodonews-soci

20代女性

互いに面識がないはずの店舗で立て続けに起きたって事は、指南した共通の知人、もしくは指示出来る立場の関係者がいた可能性が高いのでそれもしっかり調査してほしい。
そうしないとこの周辺の店舗で同様の事案が再発する可能性が出てきてしまいますからね。

30代女性

賞味期限と消費期限を混同されてる方がいますが、消費期限は守らないと人体への影響も考えられます。法律違反なので当然だめですが、納品数・本部からの圧力・消費期限と賞味期限の見直し・最近ではされてるお店もありますが、期限が近いものを半額にする等など体制を見直さないといけない問題もたくさんありそうです。

40代男性

事件はカスタマーセンターへの客からのメールによって発覚。午後2時に発行したサーマルシールを午後11時に貼り替えていたので、実際には9時間のズレが生じている。賞味期限ではなく消費期限であり、発覚後の微生物検査でも細菌が基準値を超える物があった。夏の場合は細菌の繁殖も早く、食べるとお腹をこわす危険が高かったはずだ。ローソンの調査によると、三郷天神一丁目店では、元従業員の指示によって2016年7月に開始され、2017年に従業員が退職した後も2019年1月まで続いていた。三郷彦糸店では、従業員の証言によると、2014年7月以降から2017年6月まで同様のことを行っていたという。両店のオーナーは同一人物で、店舗運営にほとんど関与していなかったものの、行為自体は把握していた。オーナーと不正指示を開始した元従業員についてはローソンが警察に相談。不正に荷担していた従業員は解雇となっている。

スポンサーリンク


 

ローソン2店舗の地図とストリートビュー

 

ローソン三郷天神一丁目店の地図

 

ローソン三郷彦糸店の地図

ローソン2店消費期限改ざんについて

 
スポンサーリンク


 
 
対象の店を閉店して謝れば良いでは解決されない。
対策を考えてほしい。

 
 
これをほったらかしにするのはアカンとは思う。
けど実際には大した事案ではないよね。
こんな場合には、何処のスーパーでもやってる様に、期限前に値下げして販売すれば良いのにね?
こんなとこにはマネージャーとかいうのが居るんだろうから、そういうのも計算して対応できないんかね?

 
 
賞味期限も消費期限も、かなり前もっての設定だからね。

しかもコンビニの場合、廃棄はオーナー負担。

生産している食品の販売の半分近くが廃棄となっている。

本当にこれで良いのか政府としても動いた方が良いと思う。

せめて期限はもう少し延ばすとか出来ないの?

当たり前のようになっているけど、異常だと思う。

 
 
この前、コンビニでおにぎり買おうとして
陳列棚にあったおにぎりを取ってレジに行ったら
バーコード読み取ったらエラーが出て
『すみません、このおにぎり売れません』
と言われた。
『廃棄しなきゃいけない時間を過ぎて棚に残ってました。申し訳ありません』
とも。
『別に消費期限が切れてる訳じゃないんですよね?じゃ、すぐ食べるし、もったいないから売って下さい』って言ったんだけど
『すみません、レジが通らないので売りたくても売れないんです』
それじゃ仕方ないと思い、諦めたけど
ホントにもったいないと思ったし、
これが食品ロスなんだなって実感した。
早めに捨てれば『ロス』として糾弾され
ギリギリまで売ったら『健康被害があったらどうするんだ』と糾弾され
ジレンマを抱えながら頑張っているんだな、現場は。とも思った。
食中毒とかが起こるのは良くないが
出来る限り、ロスは抑えたいな。

 
 
理由はどうであろうと改竄はしてはならない。これくらいいいかなと思って始めたものがどんどんエスカレートしていく。
食中毒が出なかっただけでもよかった。もし、自分の家族が騙されて傷みかけたものを食べさされることを考えると、小さいことではあるが、許されるものではない。

 
 
期限切れそうになったら割引して売るべきだよ。
じゃないとただでさえ問題になってる食糧廃棄の問題は拡大するばかり。
他のことでもエコエコって言うなら食糧もエコにしなきゃ。

 
 
改ざんは良くないことだけど、数時間程度なら消費期限とは言え人体への影響は少ないだろうし、売るのはいろいろな問題があるだろうけど…店員の食事として出しても大丈夫なレベルだと思う。

 
 
改ざんではなく、そもそも単なるミスだったんだろうけど、以前に引っ越したばかりだったので料理はしておらず、ローソンの密閉されているお惣菜のパックにお世話になっていて、何日かしてふと食べようとした時に見たら賞味期限がとっくに切れていました。。
レシートも捨ててしまった後だったから苦情は言えなかったけど、引っ越してくる前の日にちだったから、買った時にすでに過ぎていたのは間違いない状況でした。
それ以来、きちんと自分で確認してから買うようにはしています。
ただ、今回改ざんが発覚したのもローソンだし、ローソンには何か商品の在庫管理システム自体に問題があるのではないかという気がします。

スポンサーリンク


 
 
各店舗の弁当やデザートの食品廃棄は一日で買い物かご3つは出ている事実。
本部のエリアマネージャーたちは棚にたくさんの商品が購買意欲を誘うとも取れる仕入れ指導。
廃棄分も含めた金額で食べ物の店頭価格、各店舗ではどうにかできない
契約があるのであろう。

 
 
最後は売れ残りを減らすため、廃棄処分を減らすために安くして売ればいいのにと思います。この前の恵方巻もコンビニに沢山の数が売れ残ってましたが、これはさすがに値段下げてました。食品ロスと消費期限は切っても切れない重要問題です。

 
 
気にしなくてもいいのでは。
堂々と消費期限切れてますが良かればどうぞと値段を下げて販売すれば
ゴミにならなくていいと思うがどうでしょうか。

 
 
良いじゃないか。数時間ぐらい。
全部捨てる店よりずっといい。

 
 
賞味期限であって消費期限では無く
まだ食べれる物を破棄するのはおかしいし
値引き売りを承諾しない規約は
本社側は丸儲けだから痛くも痒くもないが
請負店には重大な損害問題だと思う

 
 
コンビニで売り上げる仕組みを考えるとフードロスは致し方ないが最近はおつとめ品販売も認知されているので幾分ましになったと思う。
今回はフードロスの観点では無そうだし。
悪質ですよ。
本部が悪党呼ばわりする意見も見受けられますがそれなら最初からオーナーになるなって話です。

 
 
コンビニに限らず廃棄するには金がかかる。
本部から高い廃棄料を取られるし、かと言って値下げや持つて帰る事も許されない。
その変もあるのでは?
やった事はダメだけど。

 
 
食べ物を簡単に捨てざるを得ないシステムにも問題があるとは思うけど、消費者を騙すのは良くない。

 
 
あたかも店のオーナーだけが悪いようになっているが(もちろん悪いが)ローソン側にも問題はあると思うんだよね。食品ロスという言葉が無くなる策を考えてほしいものです。

 
スポンサーリンク