万引き家族 ハプニングの真相は?セザール賞誰も授賞式に出席せず!

万引き家族のハプニング

 

是枝裕和監督の映画・万引き家族のハプニングが話題になっていますね!

いったい誰も授賞式に参加できないというハプニングとはどういう事なのでしょうか?

気になりますので映画・万引き家族のハプニングについて詳細を読み解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

万引き家族のハプニングの真相は?

スポンサードリンク


今回の報道内容はこちらです。
早速気になりますので見ていきましょう!

フランス映画の年間最高作品などを決める「第44回セザール賞」授賞式が現地時間22日にパリで行われ、是枝裕和監督(56)の映画「万引き家族」が外国映画賞を受賞した。
受賞を受け、是枝監督は作品の公式ツイッターを通じ、コメントを発表した。栄誉なことにも関わらず、手違いでスタッフ、キャストが誰も授賞式に参加できないというハプニングがあったことを明かし、「大変失礼な事態になってしまったことをセザール賞関係者のみなさまに、スタッフを代表してお詫び申し上げます」と謝罪。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000104-spnannex-ent

万引き家族のスタッフやキャストが手違いで誰も授賞式に参加できないというハプニングがあったそうですね!
仏セザール賞より米アカデミー賞に意気込む感じがバレバレですねww
では皆さんの口コミはどんな感想をお持ちなのか見ていきましょう。

20代女性
万引き家族のスタッフ、キャストは失礼すぎるハプニング!
30代女性
この時期にフランスに行くとか無謀でしょうね。
40代男性
『万引き家族』、非常に面白い映画だったと思いますよ。
「何を言いたいのかわからなかった」とおっしゃる方もいますが、この映画は「何を言いたいのかを考えさせられる」作品だと思います。
ただ2時間座席に座って見ているのではなく、自らの胸の奥を覗き込むようにして鑑賞する作品だったと思います。
実際に見に行って面白いと思った方は同じように思っている方が多いのではないでしょうか。
30代男性
授賞式はドン引き家族w

 

スポンサーリンク

万引き家族のハプニングについて

スポンサードリンク


 
 
そりぁ
アカデミー賞に浮かれる。永年カンヌ映画祭の常連、仏には恩恵があるのだからせめてスタッフ位は代理で行かせようよ。バッサリ割り切る所にこの監督の冷淡さが出る。

 
 
三代目ボンクラボクchanが忌み嫌った映画だね。
こいつに評価されるようになったら終わりだ(苦笑)

 
 
フランスのスタッフってフランス人なのかフランス在住の日本人なのか気になった。
受賞したのに誰も来ないしコメントも読まれないって……ハプニング手違いにも程がある。

 
 
作品、監督の言動、著しく日本人のイメージを損なう。

 
 
そんなに受けたのか…観方によると思うけど…いろんな誤解を受ける可能性もあって…
でも、まぁ。面白い
作品そのものより…この「受け方」―ヒットの仕方とか評価のされ方とか反応とか―の方が面白い

 
 
おめでとうございますすすす❣️
やっぱり万引き家族凄いわぁ👍✨
カンヌでもフランスでもって国際的♡
日本のアカデミー賞も万引き家族取ってほしいなぁ

 
 
万引き家族のキャスト・スタッフご一同様はセザール賞に関心なくって、皆アカデミー賞の方に行っちゃったんだろうね。でも、だとしてもノミネートされてるんだし一人くらいは。

 
 
セザール賞だから、「万引き家族」のスタッフはセザールコーポレーションと一緒に消えて無くなっちゃったハプニングだよ。CMで使われてたセザールボーイはどこに行っちゃったのかな?

 
 
安藤サクラさんは海外での評価が高いといわれるが、万引き家族が西洋の映画賞で評価されるのは、日本の貧しさや特異性が西洋人の蔑みの対象として面白いからだろう。たけしさんの暴力映画がウケるのもそう。日本人には全く喜べない評価なので、そんな実績は国内では無視していい。

 
 
あ、セザールの外国語映画賞は『万引き家族』なのか。ほんとフランス人は是枝氏と河瀬氏のことが好きだな。

 
 
万引き家族めっちゃ観たい…そのうち上がってくるよね???
ハプニングは是枝裕和監督らしい!

スポンサードリンク