マサ斎藤が死去!ホントの死因はこちら【画像有り】

 

プロレスラーのマサ斎藤(まささいとう)選手が死去と報道され悲しみが広がっています。

2000年から病気のパーキンソン病であったが死去したホントの死因があきらかになった!?

今回は、マサ斎藤選手について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

参考

マサ斎藤 病気のパーキンソン病で激やせ【画像有り】
プロレスラーのマサ斎藤(まささいとう)選手が病気のパーキンソン病で激やせしているが大丈夫なのか!? いったい、パーキンソン病とはど...

日米マットで活躍したプロレスラーのマサ斎藤さんが14日午前1時5分に死去した。75歳だった。弟子の佐々木健介氏(51)が在籍する健介オフィスが16日、発表した。現役引退した99年ごろから発症した難病のパーキンソン病と闘い続けてきたが、最近になって容体が急変したという。87年にアントニオ猪木との「巌流島決戦」の死闘が名勝負として語り継がれる64年東京オリンピック(五輪)レスリング代表。20年東京五輪を目前にしてこの世を去った。

 巌流島決戦で死闘を演じたアントニオ猪木のコメント マサ斎藤選手の訃報に接し、心より哀悼の意を表します。思えば斎藤選手とは、東京プロレスからの長きにわたるご縁であり、巌流島での2人だけの決闘は忘れることが出来ません。私のライバルとして、五輪代表選手として、尊敬出来るレスラーでした。ご苦労さまでした。

出典元:https://www.nikkansports.com/