松下恵 告白の内容がヤバい!

松下恵 告白

松下恵 告白が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい松下恵さんの告白とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

松下恵 告白の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが松下恵さんの告白に関する記事詳細です。

松下恵、女優、38歳、独身。ご本人によれば、人並みに恋愛もしてきたにもかかわらず、一度もプロポーズをされたことがないという。

 親からのプレッシャーもあり、30代になるころから、1年1年が過ぎていく度に、焦燥感は高まっていった。「どうして私は結婚できないんだろう?」と考えた彼女。徹底的に自分の内面に向き合ってみることにした。

 結婚したいのに、結婚できないアラフォー女優が「自分と向き合った心の旅」

「ビッグマザーに植えつけられたトラウマ」

「痩せないと、痩せないと」

「摂食との戦い」

「両親の離婚」

「そして誰もいなくなった」

出典元:アラフォー女優が告白「15年続いた私の摂食」

松下恵さんの詳細

 松下恵 – Wikipedia -略歴など

 アラフォー女優の告白…「私が結婚できない理由を真剣に考えた」(松下 恵)

今回の松下恵さんの告白についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

松下恵の告白の画像や動画

スポンサーリンク


松下恵さんの告白に関する口コミ情報

スポンサーリンク




金八先生の生徒役で出ていたよね。
でも、金八先生の生徒役で出られても、売れる人と売れない人の差が激しいよね…

親が女優の二世タレントで青学を出てるんなら、知性派タレントとしてQさま!とかに出られそうだけど…家柄の良いお嬢様なら生活のために働いてるわけじゃなさそうだから、仕事のほうも選んでしまうのかな?
でも、都会の立派な実家にいれるわけだし、口うるさい身内もいなくて快適そう!そんなに恵まれた環境ならば?逆に結婚しないほうが幸せじゃ?
よほど恵まれた相手でもないと、結婚したからって、何のストレスもなくずっと幸せなわけじゃないと思う…



この方がよく分からないけれど、一般人からすると、大金持ちで恵まれてた話ばかりをする芸能人にそれほど好感を持てない。しかも、それで現状が幸せでないとか言われても、幸せだった時代が長いからいいじゃないと。

不幸自慢とか貧乏自慢みたいなのもそうだけど、芸人さんならネタとしてありだけど、俳優さんが強調する必要があるのかなと思う。
俳優さんはあまりプライベートの切り売りをし過ぎず、観てる方も役に入り込みやすくしてくれてる方が好ましい。



わざわざ出す必要のない事をちょいちょい出すのね…
母校の青学、広尾の大きな家、父はスイスに住んでいた、父はアインシュタインと同じ母校、ドイツ語でライン…
無意識のうちに自分のステータスを上げるワードとして、自分の存在感や才能を見いだせて貰えない代わりに、いちいち会話に盛り込んでるこじらせ女子なんだろうなぁと思う。
恵まれてたけど、私だって悩みはあったと言いたいんだけど、羨ましがられるワードを盛り込んで必ずそこは相手に知ってもらいたいって前面に出てますね



自分語りにのめり込んでますね…
これは…モテないだろうな。

そもそも、誰??



お家が裕福だから売れない女優を続けていられるということですね。
食べるに困らないだけでも恵まれていますよ。
祖母は、祖父は、父は…。
それをチラチラと言わずにいられない、つまりそこを拠り所にしているうちは、公私とも前に進めないだろうなと思う。



wiki見たけど、それでも見たことない…
ムムム



自分で選んで自分の周りも巻き込んでまでも今があるのだから、それでいいじゃん。
いちいちみんなに言わなくても知らない人多数だから大丈夫。時給850円でつつましく暮らしたらどう?
ただ後悔があるとしたらお嬢様なら他にいくらでも道はあったはず。



>スイスに10年以上住んでいたことがあり、アインシュタインと同じチューリッヒ工科大学に通っていたらしい。

>語学が堪能なので、父のおかげで私はドイツ語を学ぶようになり、最近は父とドイツ語でラインのやりとりをしている。

こういうこと言うから嫌われる。



この記事は連載の2回目だから、これだけ読んでもわからないことが多々ありますね。どうせ配信するなら、それも踏まえた内容にした方がよかったのでは?少なくとも「誰?」との疑問は減ったのでは?



悪いが、誰だか分かりません。ちょい役?

おわりに

今回は松下恵さんの告白について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク