ミシェル・ルグラン 死去の死因が衝撃的!シェルブールの雨傘の作曲家!

 

フランスの作曲家・ミシェル・ルグランさんの死去された死因が話題になっていますね!

いったい死去された死因とは何なのでしょうか?

気になりますのでミシェル・ルグランさんの死去された死因について動画&画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

ミシェル・ルグランさんの死去された死因の真相は?

今回の報道内容はこちらです。

フランスの作曲家、ミシェル・ルグラン(Michel Legrand)氏が死去した。86歳だった。広報担当者が26日に明らかにした。
多作で知られる同氏は、50年以上にわたるキャリアで米アカデミー賞(Academy Awards)に3度輝いた。同賞の初受賞は、1969年の映画『華麗なる賭け(The Thomas Crown Affair)』のテーマ曲「風のささやき(The Windmills of Your Mind)」だった。その後1972年には、『おもいでの夏(Summer of ’42)』で、1984年には『愛のイエントル(Yentl)』でも受賞。またグラミー賞(Grammy Awards)は5回受賞した。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000030-jij_afp-int

スポンサードリンク


今あらためて振り返ってみると、ミシェル・ルグランさんの楽曲はすべて情緒的で美しい旋律だったことを思い出す。

とくに、名作『シェルブールの雨傘』の甘美な映画音楽が忘れられない。実際にこの作品を観ていない方でも、必ずどこかで一度は耳にした

ことがある曲だと思う。お時間のある方は、是非ともYouTubeで聞いてみて欲しい。

彼は本当に素晴らしい作曲家だった。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

スポンサーリンク

ミシェル・ルグランさんの死去された死因のネットの口コミ

 
 
シェルブールの雨傘でミシェル・ルグランさんを知りました。あの美しい旋律は、いつ聞いても心癒される。
安らかな眠りをお祈りします。

 
 
最近はフランスの音楽を聞くことが日本では少なくなった。
映画そのものもなかなか話題になることも減った。
フランスは最近暗いニュースしか入ってこないのが残念だ。
シェルブールの雨傘、あの曲を聞くだけで、映画の雰囲気がただよう、実にいい曲だ。

 
 
フランスの音楽界のみならず、(アメリカと言うより世界の)ジャズ界にも多大な影響を与えた人だった。風のささやきは独特の切なさ溢れる美しいメロディの傑作。ジャズやイージーリスニングでよくカバーされた。シェルブールの雨傘もロシュフォールの恋人たちもそれぞれサントラを持っているが、どちらも単独で素晴らしいアルバム。死去された死因は不明ですね。ご冥福をお祈りします。合掌。

スポンサードリンク


 
 
全盛期のフランス映画は、音楽も美しかった印象があります。
昨年亡くなられたフランシス・レイ氏に続き、ミシェル・ルグラン氏まで亡くなられ、やはり寂しさを感じます。

 
 
ついこの間、フランシス・レイ氏がお亡くなりになられたばかりだというのに、ミシェル・ルグラン氏まで。後を追うように…。氏もご高齢でしたから心配しておりましたが、巨星堕つという感じです。
数々の名曲をありがとうございました。
ゆっくりお休みください。どうか安らかに。

 
 
全てのセリフにメロディを付けた「シェルブールの雨傘」は衝撃的でした。お疲れ様でした。

 
 
ジャック・ドゥミ監督の3部作の名作「ローラ」「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」野心作であり不朽の作品群。
繰り返し観ていましたが…a dieuになってしまいました。心からの御冥福をお祈りします。ありがとうございました。

 
 
フランスはやはり芸術の国、フランスの音楽、美術、文学は素晴らしい!
ミシェル・ルグランさん死去された死因は分かりませんね。
ご冥福をお祈り致します。

スポンサードリンク