看取りの家 住民反対の真相は?落ち着いて生活できない・・!

看取りの家の住民反対

 

余命短い患者の看取りの家の住民反対が話題になっていますね!

いったい落ち着いて生活できないなど住民反対とはどういう事なのでしょうか?

気になりますので看取りの家の住民反対について詳細を読み解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

看取りの家の住民反対の真相は?

スポンサードリンク


今回の報道内容はこちらです。
早速気になりますので見ていきましょう!

望ましい最期の場所を余命の短い患者らに提供する施設「看取(みと)りの家」が神戸市須磨区で計画されていることに対し、近隣住民らが反対運動を展開している。事業者側は、病院や高齢者施設への受け入れを拒まれたり、在宅療養が難しかったりする患者の「受け皿」を目指すが、住民側は「亡くなった人が出ていくのを見たくない」「落ち着いて生活できない」など、*を前提とする計画に拒否感を示す。高齢化の進行で「多*社会」が迫る中、平穏な最期を描くのは容易ではない。

*一部伏字

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000008-kobenext-l28

看取りの家の住民反対理由は、
亡くなった人が出ていくのを見たくない、落ち着いて生活できないなどがありましたね。
南青山児相建設でも住民反対がありました。
看取りの家はこれからもっと必要となるので賛成理由ももっと発信してほしいです。
では皆さんの口コミはどんな感想をお持ちなのか見ていきましょう。

20代女性
看取りの家はこれからどんどん増やさないと凄いことになりそう!
30代女性
田舎にいた頃は他家の前にどなたかが亡くなったお知らせの木の看板のようなものがあって、その死去を悼んだものですが。いずれ自分も家族もそうなるのに。住民反対悲しいわね。
40代男性
もう、この国は、華々しいハコモノや、便利なインフラ以外、何も作れない・・・
30代男性
看取りの家を反対する方は、将来のご自身のことを己の手で誰の手も借りることなくキチンとやってくださいね!

 

 

スポンサーリンク

看取りの家の住民反対について

スポンサードリンク


 
 
「看取りの家」住民反対か…そういう考えもあるのだなぁ。

 
 
近所の家で霊柩車に乗せてるところを1回見ただけで通るたびに思い出すから自分の持ち家のそばならそりゃ反対するわな💦

 
 
自分もいつか絶対死去するけど他人の死去は見たくないとか、こういう発想しかできない人達の方がむしろ哀れだと思う。

 
 
いつか自分も必ず亡くなることを考えると私は自宅近くにこのような施設ができるとしても(なんなら自宅の隣だとしても!)反対はしないなぁ。
看取りの家って必要だと思うから。

 
 
まぁ、「看取りの家」ってネーミングに問題があったのかも。

 
 
事業社名なのか施設そのものの名前なのか知りませんがネーミングが悪いのでは?「〇〇の家」等の名称の多い業界ですが、これはちょっと直接的かも。ましてや古いニュータウンの高齢過疎化空き家地域。ちょっとしゃれがきついかもしれません。

 
 
まさにここで反対派は自身の最後をどう思っているのか?
自己都合しか考えないのは南青山児相問題と一緒。住民反対は一部でしょう。

 
 
看取りの家ってなんか聞き覚えがあるな。マザーテレサかな。小学生の時に伝記で読んで感動した覚えがあるよ。

 
 
死去を日常的に見たくないから「看取りの家」の建設に住民反対なんて悲しすぎる。私だったら近くにそんなものができたらありがたいと思うわ。死去は日常的なものです。

 
 
かつては自宅か病院が当たり前だったが…これが時代。
正直、賃貸の近所なら構わないが、持ち家だと複雑。中身を知らない事業=運営が始まらないとわからない世間の評価が怖い。

 
 
なんだかなあ。「これ迄」よりも「これから」の方が短くなった連中(わしもそうだが)が何を言う。あんたらもそのうち川を渡るんだよ。

 

スポンサードリンク