三浦知良 10年ぶりに会った『ビスマルク』がヤバい!

スポンサーリンク

 

三浦知良 10年ぶりが話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報からもビスマルクがヤバい事になってきています。

いったい三浦知良選手の10年ぶりとはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

三浦知良 10年ぶりの真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが三浦知良選手の10年ぶりに関する記事詳細です。

J2横浜FCのFWカズ(三浦知良、51)と元ブラジル代表でヴェルディ川崎(現東京V)などでプレーしたビスマルク氏(49)が10年ぶりに再会した。

横浜FCのホーム新潟戦でカズはベンチ外だったが、現在サッカーの代理人として活動しているビスマルク氏がスタジアムを訪れ、ピッチ外で93年のV川崎の年間優勝の立役者、黄金ツーショットが実現した。

端正な顔立ちの面影は残すも体形がふっくらしたビスマルク氏は現役を続けるカズに「全然変わってない」。これにカズが「現役を退いてから、1回もボールを蹴ってないって」と突っ込むと、ビスマルク氏は「今はサッカーを見るだけ」と苦笑する一幕もあった。

カズは試合前にスタンドでJクラブによる被災地復興支援募金に参加。「大切なお金を協力していただけるのはありがたい。すがすがしいです」と話した。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03160640-nksports-socc

 

今回の三浦知良選手の10年ぶりについてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

10年ぶりの三浦知良の画像や動画

スポンサーリンク


 

三浦知良選手10年ぶりに関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
カズとビスマルク言えばやっぱりウェルデイの黄金時代を支えた二人だよ、ウェルデイが落ち込み始めたのはペレイラとビスマルクが続けて出ていってからだよ、今思うとそれがウェルデイにとって致命傷だったね

 
 
ヴェルディ川崎が弱くなりかけた時期とビスマルクが去った時期が一致している。ビスマルクはその後、鹿島アントラーズで活躍した。

一方、前園真聖は活躍できず、ヴェルディ川崎はどんどん弱体化し、読売から日テレに移行して衰退へ向かった。

ビスマルクは貴重な選手だった。
ヴェルディ川崎のファンだったオレは見るに堪えない時代だったなあ。

カズとビスマルクのツーショット、あの素晴らしい時代の象徴だった。今、こうして記事に上がるのはとても懐かしいです。

 
 
サッカー未経験ですが
ゴール後の 祈りのポーズは
真似をしたものです。懐かしい!(^^)

 
 
カズの方が年上なのにカズの方が5歳ぐらい若く見える。さすが現役w

 
 
昔はヴェルディ川崎、鹿島アントラーズが強かった。浦和レッズは下位だったな。北澤、柱谷、ラモス、武田そしてビスマルク、カズ。
いいチームだった

 
 
確か伊達公子と付き合っていたようか。

 
 
あの頃は、ヴェルディや巨人が中心で、スポーツは読売が牛耳ってる感じだったな。

 
 
ペレイラなんてのもいたよね〜

 
 
えっ。見る影もないなぁ。
でもあの頃は素敵でしたよ。

 
 
ビスマルクが居た頃のヴェルディは強かったなぁ。

 

おわりに

今回は三浦知良選手の10年ぶりについて調べてみました。 

10年ぶりに会ったのはビスマルク選手だったようです。

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク