水谷隼 目の症状の真相がヤバい!

水谷隼 目の症状

 

水谷隼 目の症状が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

卓球の水谷隼(みずたにはやと)選手の目の症状とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

水谷隼 目の症状の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらが水谷隼選手の目の症状に関する記事詳細です。

「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

日本のエースとして卓球界を牽引し続ける水谷隼、1月には10回目の全日本選手権優勝という偉業を成し遂げたばかりだ。「最近の調子は?」と何気ない質問を投げかけるとショッキングな言葉が返ってきた。

「実は、この1年、球が見えないんです」

一人の卓球ファンとして、にわかに信じがたい。だが、そんな冗談を言う男ではない。何より、その眼差しは真剣そのものだ。一体、水谷の目に何が起きているのか。

5年前に突如下がった視力

水谷が視力に悩み始めたのは5年前のことだ。もともと水谷の視力は両目ともに1.5ほどあったにもかかわらず「当時、なぜか左目だけ急に0.3くらいまで落ちて近視と乱視のような状態になった」と明かす。「ちょうどその頃から電光掲示板が卓球の試合に導入され始めて、なんか気になるなぁ…って思い始めました。それで左だけレーシックをしたんです」。視力を元に戻してからの5年間は“黄金期”を迎えた。ロシアリーグの活躍にリオ五輪で初のメダルを獲得、2017年には世界ランキング4位と過去最高につけた。

だが、2018年1月頃、水谷の視界に再び異変が訪れる。ボールが見えにくくなっていたため、検査をしたところ、右目の視力が落ちていた。「ほんの少し右目に乱視と近視がありました。本来は手術する必要性は全くなかったのですが、少しでも良くなればと思いレーシックをしたけど改善できなかった」。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000004-rallysv-spo

今回の水谷隼選手の目の症状についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

 

スポンサーリンク

目の症状が悪い水谷隼の画像や動画

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

水谷隼選手の目の症状に関する口コミ情報

スポンサーリンク


 
 
レーシックは問題ないと書いてますが、わたしの主人もレーシックをしてから照明などの明るい光がすごく眩しく感じるようになったと言っています。安易にレーシックはしないほうがいいと思います。

 
 
全日本を勝ったあと来年は出ないと言っていたから水谷隼選手はオリンピックは既に諦めているのだろう
俊敏性が命の卓球は視力が最も重要だからね
長年卓球界の頂点に君臨して日本卓球をリードして来た彼は最大の功労者として将来卓球界の要職に就いて活躍していただきたいと思います

 
 
よく負けてから実はケガしてたとか、高熱が続いて練習できなかったとか、言い訳めいた事を言うやつがいるが、しっかり勝っていての言葉は説得力あるな。
男子卓球界を盛り上げた人だけに、頑張ってほしい。

 
 
水谷だけの問題ではない。小さい高速ボールを追う卓球のトップ選手にとって、ライティングは実は負担になっている可能性もある。目の症状が出るまで気づかない。
スポーツ科学などを導入して、適切な環境を考えた方がいい。
卓球は人気も出始めて、観客の観やすさも大切だろうが、こここそ選手ファースト。

 
 
ちょっとにわかには信じ難い
経験と予測だけで勝ち上がれる程
全日本は甘くないと思うわ
世界ランカー含めて経験から来る予測であれだけ勝てる訳無いよ
張本クラスの前陣攻撃タイプはそりゃ他に少ないだろうけど
日本でも丹羽だって世界シングルランキングの前陣攻撃タイプだけど苦手としてないし
実際見えなくなってるって言ってる2016には4‐1で勝ってるし
張本のチキータに苦手意識が強過ぎて
それが精神的に作用してんじゃないのかね
ずっと日本のトップで君臨し続けて居たのが中学生に翻弄されてしまい
精神的なショックで一種のイップスみたいになっているような気がする。
現役引退してからならともかくも
現役の身で言うのは他の選手に弱点教えるようなものだし
言い方変えると張本以外は予測だけで勝てるって言ってるようなもんだからね。
相手にしていない感じで
まあ、これは言い過ぎだと思うけど

 
 
主役となるアスリートの選手生命を脅かしてまで
不適切な広告を続ける必要はないと思う。
オリンピック用など今建てている施設のことも考えて
発言して下さったのなら、照明もある程度考慮しても
良いのでは。

 
 
私は15年ほど前にレーシック手術をしました。見え方としては昼間は問題ありませんが、夜に街灯や車のライトなど光るものが滲んで見えます。運転手をしていましたので誰にも言いませんでしたが、はっきり言って夜の車の運転にかなり影響します。なので水谷選手の話を聞いて、目の症状の影響は本当にあるだろうなと思いました。ただ水谷選手は片目ずつ手術をしたようなので、それがレーシックによるものか否かというのは分かっているのではないかと思います。

 
 
サングラスに違和感あったけど、目に不安があったんだなー。
サーブの時にかなり高く球をあげる選手もいるし、バックの光の場所によっては球が同化してるんだろうな。
試合会場の設備、特にライトは目線のラインに入らない工夫も必要だろう。

 
 
LED最盛期だが光線は結構刺激的だね、光線が目に入ると一旦視力が落ちるよ。水谷選手だけの症状ではなく、多くの選手が感じていると思うよ。夜間の運転でもそうだけど、LEDは環境には優しいが人間にはそうでもないのでは?

 
 
驚きです。
見えてない半分はこれまでの経験から
導き出した予測で動いてるのでしょう
照明の問題に関しては海外の他の選手にも
同様の不都合を訴える人が居るのでしょうか?
そうであれば照明や電光掲示の在り方を
検討しなければいけないでしょうね

ここ最近のキツイ照明は卓球のようなスポーツの試合には
無向きなのかもしれません

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は水谷隼さんの目の症状について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク