村田愛里咲の幼稚園や彼氏が危険!?

村田愛里咲の幼稚園や彼氏が危険!?

モーグル村田愛里咲 無念

フリースタイルスキーの女子モーグル決勝が11日に行われ、3大会連続出場の村田愛里咲(27=行学学園教)は20人による決勝1回目で70・77点の18位に終わり、決勝2回目進出はならなかった。

 女子では唯一の代表として、予選を9位で突破。しかし決勝1回目では高難度のフルツイストを決めた第1エアで高さが出ず、その後の滑りにつなげられなかった。30秒51でゴールした直後は、両手を突き上げたが、得点が表示されると落胆の表情を浮かべた。第1エアからの入りは初日の練習から入念に確認していた部分。「公式練習では上手くいっていたのに」と唇を噛んだ。

 14年ソチ五輪は決勝直前の公式練習で負傷し棄権。「平昌では自分の滑りをして、笑顔で終わりたい」と雪辱を期した。思うような結果は出せなかったが「攻撃的に最後まで滑れた。楽しかった」と気丈に言った。次の五輪については「まだ考え中」と話し、現役続行も示唆した。

<五輪フリースタイル>村田、決勝1回目で敗退 モーグル

平昌五輪で11日、20選手で競う女子モーグルの決勝があり、唯一の日本勢の村田愛里咲(行学学園教)は1回目で70.77点の18位にとどまり、上位12人による2回目に進めなかった。村田は9日の予選1回目を9位で通過していた。