永野芽郁 変化の真相がヤバい!

 

永野芽郁さんの変化が話題になっていますね。

MHKの「半分、青い。」に出演してどのような演技の変化があったのでしょうか?

今回はスターダストプロモーション所属の19歳の永野芽郁さんに何が起こったのかWIKI経歴や動画&画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサーリンク

永野芽郁の変化の真相は?

スポンサーリンク


2018年4~9月に放送されたNHK連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『半分、青い。』で、学生時代を経て、結婚・出産・離婚・起業と様々な経験をする主人公・楡野鈴愛を43歳まで演じきり、新世代の主演女優筆頭に浮上した永野芽郁。『半分、青い。』での経験で得た演技の変化や、これから取り組んでみたい役について語ってくれた。

headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00000001-nikkeisty-ent&p=1

「半分、青い。」放送前は期待していたのに、
始まったらひどい脚本でがっかりしました。

名作や普通レベルの作品に当るヒロインは良いですけど、
せっかく注目されている朝ドラのヒロインになっても、
脚本次第で、逆に黒歴史のようになってしまう場合もあるので、
運というかギャンブルみたいで俳優が可哀そう。

永野芽郁だけでなく、近年だと、まれの土屋太鳳、純と愛の夏菜、
ウェルかめの倉科カナ、つばさの多部未華子、瞳の榮倉奈々辺りも
犠牲者ですね。
その五人もその後、別のドラマ、映画、バラエティ等で、
立ち直っているので、
今後は良い作品に恵まれれば良いと思います。

永野芽郁さんにとっては「朝ドラ」の長丁場を走り切ったことは「大切な経験」になりました。

 ただし、脚本家Kさんの意味不明のストーリー展開・出す必要のない震災での友達の「ナレーション死」の薄っぺらさ・ドラマ本編で理解しきれないところをSNSを使っての言い訳と、あおるような前振りと・・・

 ここまでの逆風の中で「役を演じているだけなのに主役として、批判される」という理不尽なこともありました・・・・・
 今は、日テレ「3年A組・・」にも出演されていますがこれからの飛躍を期待せずにはいられません・・・いい作品と出会えますように・・・

 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

永野芽郁の変化について

 
 
主人公が漫画家をやめてから一気につまらなくなった。

 
 
あのドラマは豊川悦司と井川遥で前半は持っていたようなもの。後半は崩壊の一途。

 
 
日テレのドラマでは早口になると鈴愛のままです。

 
 
永野さん的にはいい経験だったと思います。脚本がくだらない内容でも半年放映されるのは凄いことです。一般的には名作の場合、そのキャラを脱出するのに女優さんは苦労しますが、永野さんは逆にくだらない脚本だったのが良かったかもしれませんよ。新しい境地に前進してください。

 
 
鈴愛役は、大変だったと思う。たたみかける早口な喋り方が、どうしてもイラついてしまう。でも鈴愛のモデルが脚本家さんだと知って、演じ切った永野さんは凄く偉いと思った。

 
 
3年A組は面白く見ていますが、永野芽郁さんはやっぱり今はまだ鈴愛の印象が強くてなかなかイメージが拭えません。
演技は朝ドラの方が上手かった気もしていますが、まだまだこれからですから頑張って欲しいし活躍する姿をたくさん見せて欲しいです。

スポンサーリンク


 
 
3年A組観てますが、鈴愛とダブるので役柄の変化はあまり感じないですね

 
 
永野さんには本当に気の毒な半年になりましたが、これからは是非頑張って欲しいところです。

 
 
ご本人には飛躍のきっかけにもなった作品だったと思いますが、見る方には見続けるのが辛く、厳しい作品でした。
(後半はあまり観ないでネットニュースであらずじの確認だけでしたが・・・)

いま出演中のドラマも評判が良いそうで、今後楽しみです。

 
 
顔がすごく綺麗だなぁと思うのですが、
スズメがイヤな役だったので、声を聞くだけで思い出してしまいます

この人の声も苦手になってしまいました

倉本聰の脚本みたいなドラマで、優しい話し方の役をやって欲しい

 
 
岐阜を舞台にしたドラマ&脚本はあの北川先生ということで、期待を大きく持ちすぎました。
漫画家を目指し上京するまでは、何だかんだ感情移入出来るところもありましたが、その後はどんどん鈴愛が苦手になってしまいました。
今では何を観てたんだろ?という気持ちでいっぱい。永野さんに罪はないのに、永野さんまでまだ少し苦手…。

 
 
酷評されている脚本のせいで、彼女の女優としての印象までもがあまり良くない。

 
 
3年A組おもしろいから見てるけど、めいちゃんが怒ったりして感情出して喋るシーンは、かなり鈴愛とダブる…。というか鈴愛にしか見えんようになってしまいました。
個人的には映画の「俺物語」やってた時のヒロイン役が上手で良かったなーって思います。

 
 
最初から漫画化編は面白かったが
皆さんおっしゃるように
後半崩壊もいいところ。

 
 
この酷すぎる脚本の朝ドラで初めて永野芽郁ちゃんを知った人は「なんだこの役者」と思った人も多いだろうな。
脚本家が求めているキャラをしっかり演じていただけなのに。
とても才能があるかただと思うので、よい作品に出会ってほしいです。

 
 
あんな酷い脚本で永野さんはよく頑張ったというかご愁傷様でした、というより他ならない。あれ以下はないからこれからは怖いもの無しで伸び伸び演じてほしいと思う。という意味ではあの朝ドラは踏み台としてはよかったのかな(笑)。

 
 
記事読んでないけど、あの朝ドラのことにはもう触れないであげてほしい気がする。
あそこまで酷い脚本、演者としてめったにめぐり「遭」えるものではない。

 
 
演技者としては…
何をやっても「すずめ」になってしまってるようにかんじてしまう。

スポンサーリンク


 
 
今にして思えば鈴愛は何をしたいのかがわからなかった。
幼少期に右耳の聴力を喪失したり律との出会いも遠回りしたし父親の漫画好きで漫画家で落ち着くのかと思えば祖父の影響で五平餅に手を出してみたりともかく脈絡が無い不思議なドラマだったね・・・

 
 
途中から本当につまらないドラマになった。
永野芽郁が批判されるべきではなく、全てはあの脚本家のせい。
永野芽郁はそういった意味では演技の幅が広がったと思うし、これからも応援します。

 
 
自称大先生のクソの様な脚本に負けず頑張った素晴らしい役者さん。
自称脚本家による電波の私物化を止められなかったNHKの責任は重い。

 
 
演技を学ぶという面にはプラス
だったのかもしれませんが、
スズメに対しての好感度はがた落ち…

大半は脚本のせいですけどもね…

 
 
批判的なコメントが多いことに驚きました。
確かにストーリーの展開が取って付けたような感じがありましたが、主人公に軸を置いて展開していくのではなく、時代や時間に軸を置いて、その上に登場人物が乗っかって展開していくという点が面白かったと思うんですけどね。

 
 
未来に光輝いている永野ちゃんに暫くは熱愛報道は止めて
女優に専念して頑張って欲しい・・その辺の女優みたいに
直に男を作る事の無い事を祈りたい。

 
 
朝ドラは良い意味でベタであるべきだと思う。

 
 
新ドラマでイメージ挽回できるかと思ったけど、スズメキャラ出てたもんなぁ、、
あのキャラ最強やね 苦笑

 
 
夏菜みたいに変なフィルターかかっちゃったね。
負けずに頑張ってください。

 
 
ごめん。
永野さん悪くないはずなのに、鈴愛役のイメージがとれなくて…。

 
スポンサーリンク