長谷邦夫 死去の死因が衝撃的!【画像有り】

漫画家の長谷邦夫(ながたにくにお)さんの死去した死因が話題になっていますね!

いったい81歳で死去の死因となった「うっ血性心不全」とはどういう病気なのでしょうか?

今回は、「パロディ漫画大全」「あるマンガ家の自伝 桜三月散歩道」のマンガで有名な長谷邦夫さんについて画像や口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

長谷邦夫さんの死去の死因は?

漫画家の長谷(ながたに)邦夫さんが11月25日に、うっ血性心不全のため亡くなったことがわかった。81歳だった。

 長谷さんのフェイスブックに、長男の洋之さんが「長谷邦夫は、栃木県高根沢町の病院にて療養中でしたが、2018年11月25日、うっ血性心不全のため亡くなりました。81歳でした」と代筆で訃報を掲載した。

 長谷さんは、豊島区南長崎にあった、手塚治虫さんらが住んでいた伝説の「トキワ荘」の“通い組”の一人。赤塚不二夫さんのマネジャーを務めたこともあり、フジオ・プロの創立にも参加した。井上陽水の「桜三月散歩道」の作詞もしている。

※一部省略

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000067-sph-ent

死因のうっ血性心不全とは、心臓が機能障害を起こし、血液の流れが滞ってしまう状態です。


スポンサーリンク


長谷邦夫さんの情報

40代女性
不謹慎だが漫画家で81才と聞いて御長命だと思うのは、漫画家は短命のイメージがあるからか。
40代男性
長谷邦夫さんあの世で再び、赤塚さんと銀玉鉄砲の撃ち合いをやってください。
お疲れ様でした。
20代女性
パロディ漫画におけるパイオニアと
謳われていた長谷邦夫さんですね。
心より御冥福を御祈りします。
30代男性
続きますね 漫画家の死去も目立って多い
お悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク


30代女性
一つの作品の中に手塚治虫のキャラと赤塚不二夫のキャラなどが競演している漫画、本当によかったですね。
ご冥福をお祈りします。
50代男性
桜三月散歩道を初めて聴いた時の衝撃…また本人のナレーション付きの別バージョンを聴いた時のこれまた衝撃…人間の、社会の、青春の、それぞれ全ての儚さと虚しさ、そして優しさを感じたような気がした…ご冥福をお祈りします。
20代女性
長谷邦夫さんが赤塚不二夫さんのゴーストライターされたりしていたんですね。存じませんでした。
ご冥福を祈ります。

60代男性
小学生の頃「しびれのスカタン」を読みました。
50代男性
WIKIによると 長谷邦夫(ながたに くにお、1937年4月7日 – 2018年11月25日)は、日本の漫画家、漫画評論家、元大垣女子短期大学・椙山女学園大学・中京大学・宇都宮アート&スポーツ専門学校等の講師。元日本マンガ学会理事。赤塚不二夫の長年のブレーン役。パロディ漫画におけるパイオニアとして知られる。と記載されている。
10代男性
長谷邦夫さんの死去の死因はうっ血性心不全とは、心臓が機能障害を起こし、血液の流れが滞ってしまう状態です。心臓は、全身各種臓器に向けて血液を送るポンプとしての機能を持っています。心筋梗塞に関連して急性発症することもあれば、心筋症などを原因として慢性的に発症することもあるようです。


スポンサーリンク