中田久美 覚悟の真相がヤバい【画像有り】

スポンサーリンク

 

女子バレーボールの中田久美(なかだくみ)監督の覚悟が話題になっていますね!

いったい東京五輪で金メダルを諦めない覚悟とはどういう事なのでしょうか?

今回は、てめえら コノヤローで有名な53歳の中田久美監督について動画や画像やWIKIや

口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

 
スポンサードリンク


 

中田久美監督の覚悟とは?

ヤフーニュース 他、メディア各局が中田久美監督の覚悟に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 観客席から掲げられる日の丸を見て、中田久美は、自分にスイッチを入れる。
 インドネシア・ジャカルタで開催されたアジア競技大会、女子バレーボール準決勝。世界ランク1位の中国と対戦した日本は、0-3で敗れ、目標に掲げた金メダル獲得を果たすことはできずに終わった。
 だが、大会が終わったわけではない。
「この敗戦を、私は絶対無駄にしたくない。最後に負ける悔しさは、自分が現役の頃に嫌っていうほど味わっているので。しっかり、責任を果たします」
 その翌日。韓国との3位決定戦も苦しい戦いを強いられ、厳しい現実を突きつけられた。2セットを失った第4セット、14-20から猛追し24-24でジュースにもつれるも、最後は相手ブロックに新鍋理沙の攻撃が捕まり25-27。日本女子バレーはメダル獲得すらできぬままアジア大会を終えた。

出典元:news.yahoo.co.jp/byline/tanakayuko/

 
スポンサードリンク


 

中田久美監督の口コミ情報

40代女性
昔、中田久美さんが現役のとき、確か日立のセッターでテレビで実業団バレーの試合を見たのを懐かしく思い出します。あの頃は日立が強くて、ユニチカや東洋紡など実業団チームが多数ありました。
40代男性
中田久美監督がスポーツ番組「すぽると!」で、番組中うるさかった選手達に「てめえら、この野郎!!」と大声で一喝は有名な話ですね。あの時の選手の顔が一変するのが何とも言えないのが記憶に残ってます。
20代女性
アジア大会でまさかの4位は残念すぎました!残り2年間は覚悟をもって取り組んでほしいです。
30代男性
中田久美監督のアメとムチで日本女子バレーを鍛えなおして、東京五輪では金メダルでなくともメダルは必ずとってほしいですね。
30代女性
東京五輪で金メダルを諦めない覚悟で残り2年をがむしゃらに練習してほしい!
50代男性
中田久美監督の覚悟は相当なものなので、選手達は皆一丸になって2020でメダルを是非獲ってほしいものです。
20代女性
私もバレーボール部でセッターをしてたので、中田さんに教わりたかった。
60代男性
中田久美監督が選手のとき教わった山田重雄監督が懐かしいです。あの頃は日立の監督もしていて、日立は絶対王者の時代でした。江上さんや三屋さんもいたなあ。

 
スポンサードリンク