中島翔哉 推定市場価格がヤバい【画像有り】

 

サッカーの中島翔哉選手の推定市場価格が話題になっていますね。

メディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったい推定市場価格とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

スポンサーリンク

推定市場価格とは?

ポルティモネンセ所属の日本代表MF中島翔哉が、ついに大台を突破して日本人選手単独トップに躍り出た。移籍市場における「推定市場価格」のランキングである。
 
 ドイツの移籍専門サッカーサイト『transfermarkt』が全世界のプロフットボーラーを対象に、独自の算定方法によって随時数値を更新しているのが推定市場価格だ。中島は11月1日の最新値が1500万ユーロ(約19億5000万円)に到達。800万ユーロ(約10億4000万円)から倍近くのジャンプアップで、香川真司の1100万ユーロ(約14億3000万円)を抑えて初めて首位に立ったのだ。
 
 夏の移籍市場でも人気銘柄だった中島は、ポルトガル国内の3強(ベンフィカ、スポルティング、ポルト)はもとより、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティといったメガクラブからの関心も伝えられ、ボルシア・ドルトムントやフランクフルト、ヴォルフスブルク、シュツットガルトらドイツ勢、さらにはスペインのセビージャ、東欧からはシャフタール・ドネツク(ウクライナ)とCSKAモスクワ(ロシア)が正式オファーを提示したとされている。

 
 クラブとの現行契約は2020年6月までで、違約金は2000万ユーロ(約26億円)がひとつの目安。ポルティモネンセ幹部によると2年の契約延長を果たせば、その額は4000万ユーロ(約52億円)に膨れ上がる可能性があるという。いずれにせよ、今冬と来夏の移籍市場を大いに賑わす存在となりそうだ。
 
 推定市場価格における日本人選手ランキングでは、この8年間、いわゆる香川、本田圭佑、岡崎慎司のビッグ3が上位を独占してきた。首位の座はつねに香川と本田が争い、2015年10月以降は前者が1位をキープしてきたが、ついにその座を日本代表新10番に明け渡したのである。
 
 ちなみに中島の評価額はポルティモネンセ内でもトップの数値。しかも所属選手全員を合わせた合算額が3620万ユーロ(約47億600万円)で、その半分近くを中島が稼いでいる計算になる。ポルトガル・リーグ内では16位タイ、全世界では471位タイに食い込んだ。

日本人選手の「最新推定市場価格」トップ10は以下の通りだ。
 
1位 中島翔哉(ポルティモネンセ) 1500万ユーロ(約19億5000万円)
2位 香川真司(ドルトムント) 1100万ユーロ(約14億3000万円)
3位 武藤嘉紀(ニューカッスル) 1000万ユーロ(約13億円)
4位 酒井宏樹(マルセイユ) 800万ユーロ(約10億4000万円)
5位 乾 貴士(ベティス) 750万ユーロ(約9億7500万円)
6位 吉田麻也(サウサンプトン) 700万ユーロ(約9億1000万円)
7位 岡崎慎司(レスター) 600万ユーロ(約7億8000万円)
7位 大迫勇也(ブレーメン) 600万ユーロ
9位 原口元気(ハノーファー)450万ユーロ(約5億8760万円)
9位 久保裕也(ニュルンベルク) 450万ユーロ
11位 本田圭佑(メルボルン・V) 400万ユーロ(約5億2000万円)
11位 南野拓実(ザルツブルク) 400万ユーロ

出典元:headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00049754-sdigestw-socc&p=2

 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

中島翔哉の口コミ情報

40代女性
未だに市場価値が2000万ユーロを超えたのは中田、本田、香川だけだから中島翔哉にはここから更に上へ行って欲しいですね!

年齢を考えれば香川はやっぱり凄い。

何気に岡崎、本田、長友も350万ユーロなのも年齢を考えたら健闘してます。

本田はミラン出た時は250万ユーロから400万ユーロまで上げたのは改めて凄いと思います。

いずれにしても日本人はもっと頑張って欲しいですね

40代男性
中島翔哉選手の迷いのない感じ、勢いが昔の香川のように見える。
きっと色々とサッカーが分かるにつれて出来なくなっていく部分ってあるんだろうと思う。
20代女性
市場価格がドンドン上がるのは決して良い事じゃないとはいえ、評価されてるという事実自体は凄く嬉しいんだが、南野が全然上がらないのは何故なんだ?かなりコンスタントに結果残してると思うんだが…
30代男性
推定移籍金だけで大騒ぎするべきてはないし、余り意味はない。育成クラブや代理人にとっては収入源だから重要だが、選手は移籍金の為にプレーするわけではないし、移籍金が高かろうが安かろうが、自身に合うクラブで出来ればよりビッグクラブに移籍して活躍するのが重要。高い移籍金で移籍しても活躍できない選手は腐るほどいる。選手にとっては推定移籍金額など飾りのようなもの。
30代女性
今居るのが5大リーグなら良いけど、下手に市場価値が上がると移籍の弊害になりかねないよね。
香川はいきなりドルトムントだったのがラッキーだった。
勿論そこで活躍できたのは本人の実力だけどね。
年齢を考慮すると出場機会云々と言うどうなるか誰にも判らない未来に怯えず、最も条件の良いクラブに飛び込むべきだよね。
50代男性
所属クラブが設定している移籍金は更に上の26億円。
強豪リーグでの実力は未知数なまま、評価額だけ
高騰するのはいいことなのか判らない。

評価の指標の一つだけど、買い手がつかなければただの数字。

20代女性
あんまり高騰するとビッグクラブしか取れなくなるから干される可能性が高まるなぁ…。もう少し中堅クラブで王様として働いてスキルを磨いて欲しい。

それにしてもどうして中島翔哉ではなくて宇佐美が選ばれてたんだろう?

60代男性
この記事の推定市場価格は一つのサイトが決めてる価格で、クラブ違約金は強奪されないよう相当高めに設定してる

移籍金が実際の価値と見ていいだろう
まず冬に4大リーグへステップアップ、その後でビッグクラブに行ければベストかな
中島翔哉選手には将来50億超えで移籍する選手になってもらいたい

50代男性
>この8年間、いわゆる香川、本田圭佑、岡崎慎司のビッグ3が上位を独占

この嘘、本当?
香川は安定してトップが最低でもベスト3には入ってたし岡崎も確かに高かった。
でも、本田は清武や武藤や吉田に抜かれて、普通に5位以下に落ちてるの見たことあるぞ。

あとこういうのは一時期の数字だけみても仕方ない。
いきなり上がった奴は、いきなり下がる。
清武とか久保とかがそうだったようにね。

スポンサーリンク


10代男性
あまり上がりすぎて獲得オファーが来ても移籍金がネックってことにならなければいいのだけれど。
60代男性
自分だったらあの値段なら南野が一番ほしいよ。あの決定力は見逃せない。オーストリアの試合みたけど、ポジショニングがいいんだろな。良い試合しながらも決定力が無いチームに最適だと思う。たとえばサウサンプトン、ドイツ中堅チームとか。本音はビッグクラブに行ってほしいが。日本代表にはぴったり。一時期の玉田みたいな決定力
10代女性
中島自身の努力もあるが、当時FC東京でレギュラーとまでいかなかった選手を獲得してここまで市場価値を高めたクラブの目も凄い。
10代男性
中島翔哉はまだまだ高くなってほしい。それに中島の移籍金を超えそうな選手も出てきそうで楽しみ!
20代女性
中島はこれからもまだ上がると思うので、非常に楽しみ。でも、マルセイユの酒井は過小評価だと思うけど、どうなんだろうか?
20代女性
中島の存在感は、日本代表の攻撃陣では抜けているね。今後、全盛期の香川を超えるかも。今の香川は、そこまでの存在感はないね。
30代女性
クラブ間の関係とか移籍金に絡む税金からポルトが最有力みたいだけどポルトも出せる金額には限度があるし、結構難しい選択になりそう。
10代男性
値段で買っても実力と実績は香川には勝てない。岡崎、香川、本田はクラブを優勝に導いたひとりでもあるからね。中島もそんな選手になってほしい!
10代女性
トップフォームから下り坂に入った香川を抜いて1位ってもてはやしてもなぁ・・・・
日本のレベルが下がってるって言ってるようなもんじゃないか。

全世代の凋落期=現世代のトップレベル、ってことでしょ。
海外に行く選手は増えたけど、ビッククラブに行く選手は減ってるし、
そう考えると全体のレベルは下がってると言わざるを得ないでしょ。
こんな事で騒いでる時点で終わりじゃんか。

中島はもっとビッグクラブに行ってもらいたい。結局トップのカテゴリーでやれるかどうかが全てだよ。

30代女性
契約延長なんかするなよ。これ以上、違約金をつりあげられたら、ポルティモネンセで使い放題にされるぞ。延長しなければ、2020年には移籍金なしで好きなクラブに行けるのだから、移籍先はじっくり選べば良い。
10代男性
武藤の額w13億だろ…
ポルトかベンフィカあたりが低リスクで挑戦できる気がするなあ
そこでCLに出て結果残せばさらに額は大幅にハネ上がる…
十分可能性のある話だ
主婦
今更だが、なぜ中島翔哉をWCに召集しなかったんだろうと思う。活躍は予想出来たろうに。

20代女性
といっても、中島もそれほど若いわけじゃないからね
できれば早めにステップアップしてほしいが

 
スポンサーリンク