中森明夫 憤りの理由は片山(ミスターサンデー)でツイッターの中身がヤバい!

 

中森明夫さんの憤りが話題になっていますね!

いったい憤りとはどういう事なのでしょうか?

Mr.サンデーの片山さんのツイッターが原因だったのでしょうか?

今回は、憤った中森明夫さんについて動画や画像、WIKIや口コミ情報等で紐解いて見ていきましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

中森明夫さんの憤りとは?

日刊ゲンダイDIGITAL他、メディア各局が中森明夫さんの憤りに関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

作家でアイドル評論家の中森明夫氏のツイッターが物議を醸している。中森氏は宮根誠司(56)がメーンMCを務めるフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」(日曜22時~)からの非常識な取材依頼に対するツイートを投稿、あまりに失礼な文面に対し憤りをあらわにしているのだ。

 コトの発端は17日20時25分、中森氏のTwitterアカウントに同番組のアカウントから届いたDM(ダイレクトメッセージ)だ。その内容はNGT48山口真帆(23)の卒業公演(18日開催)についてコメントを求める取材依頼で、中森氏が公開したDMのスクリーンショットを見ると、たしかに目を疑うような文言が並んでいる。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000006-nkgendai-ent

中森明夫さんが問題提起したフジテレビのミスターサンデーから送られてきたツイッターの内容がこちらです。

名前が間違っているなど失礼な点に憤ったようです。

 

スポンサーリンク

中森明夫の憤りの口コミ情報

20代女性
少なからぬ番組制作者は、中森さんの件で反省してほしい。

自分も失礼な番組制作者に遭遇したことがある。

テレビ番組制作という営みは、ただの仕事の一つに過ぎないことを自覚すべきだと思う。

40代男性
これに限ったことではないが、このごろはそういう事を教えるべき人間が、何も分かってない事が多すぎて、もはや言わされてる方は失礼ともなんとも思っていない事が重大な問題だと思う。
60代女性
報道の自由があるから何をやっても許されると思っているわけですし。
真実の報道をする義務があるけど、それすらも果たせない人たちですし。
権利を声高に主張する輩に限って義務は果たしていない事が多い。

スポンサーリンク


50代男性
アイドル評論家という肩書自体が非常にセンシティブな存在であろう。
タレント側を見、ファン側にも配慮と、ある程度の忖度をしなければ
なるまい。その上に、こんな節操のない条件も不明の依頼が着たら…
お断りするしか、他の選択肢が無いだろう。
フジはダメになったと言われて久しいが… やっぱりダメなんだね。
60代男性
ギャランティーやクレジット、時間など事前にいわずに連絡してくるという話は、他の局でもあるような話を聞いたことがありますので、どの局も似たようなものだろうと思いましたし、テレビ業界は、今でも自分たちが強い立場であり、自分たちが声をかければ相手は喜んで仕事を引き受けると思い込んでいるのだと思います。実際そのようなテレビ業界なれしていないお人好しの方は多いと思いますが、インターネットで誰もが世界に発信できる時代なので、もうそろそろテレビの存在意義が問い直される時代が到来すると思いました。
30代男性

20代女性
KTV制作のあるある大辞典に、専門知識を持つ者として番組での誤りを指摘して、参考文献を示し、正確な知識を教示したが、礼もなかった上に放送では訂正もなかったのに、書籍化された時にしれっと最初からそう放送していたかのように偽造した上にノークレジットだった。
テレ朝のニュースステーションに、同様の指摘をした時は、責任者から丁重なお礼のメールが来て、以後も何かあったらご教示下さいとあった。
30代女性
ネット社会の一側面というべきか今の日本人がそういう性質になっているのか、よくわからないけど、こういうことをSNSで公にする必要ってあるのかね。
言いたいことがあるなら、件のメールを送ってきた本人なり上司なりにもの申せばいいことだ。
記事にあるような理由は理解できなくはないけど、すべての番組制作の現場がそうだというわけでもなく、逆に他の番組でも同じようなことがあったのなら、別に番組名を明らかにする必要はないだろう。
ネット社会そのもののせいというより、ネット社会になって、個人が即時、容易に情報を発信できるようになって、今までであれば、間に介在して一言かけてくれるような人や、考え直す時間というものがなくなり、隠れていた人間のおかしな部分が見えやすくなったという方がいいんだろうけど、今の日本人というのは、一度、自分の行動を、社会との関係で見つめ直してみる必要があるんじゃないかと思うけどね。
40代男性
中森氏の言われる通りだとは思いますが、多くの自称「評論家」を名乗る輩達はこのようなテレビ局からのオファーを甘んじて受け入れているというのが現状で、したがってテレビ局側の人間も使ってやっていると勘違いをしているのが現状ではないのでしょうか。ネットが普及してきた今後はこうした古い頭のテレビ局は徐々に淘汰されて行くのではないでしょうか。
40代女性
いきなり中森明夫さんにはギャラの提示をしないとコメントすら求められないのか。

テレビの番組制作は、一番上に局社員のプロデューサーが居て更に局社員のディレクターが居るが、ほとんどは下請け会社が行っている。
出演者とのやり取りなんかも下請け、孫請けなのかな。
制作現場は「万年人手不足」で年中スタッフ募集をかけ、来る者は拒まず状態。言っては何だが入って来る奴らがきちんと人との対応などができるとは到底思えない連中が多いのも事実。会社も人が欲しいので厳しい試験や社員教育などしない。
局から下請け会社に入る金が少ないから沢山の人員を使えない。すると一人の負担が多くなる。低い賃金で働かされアルバイト感覚なのか、自分の仕事に対する責任感を持つ奴が少ない。ただこなすだけなので字幕の誤植や事前の確認ミスによる誤報が起きてしまう。いつまでもこの業界は古い体質が抜けきらないので今後も憤りは出てくるでしょう。

 

スポンサーリンク

おわりに

中森明夫さんの憤りの真相や口コミ情報は如何でしたでしょうか?

憤りの理由はミスターサンデーのツイッターだったようです。

中森さんもギャラやクレジットがどうたらこうたら言わずに質問に応じてあげればよかったのに!?

そうすればフジテレビからの仕事オファーも増えていった可能性も・・・!?

 

スポンサーリンク