ヴィクトリアズ・シークレット 一部閉店の真相がヤバい!

ヴィクトリアズ・シークレット 一部閉店

ヴィクトリアズ・シークレット 一部閉店が話題になっていますね。

メディア報道や口コミ情報はどうなっているのか?

いったいヴィクトリアズ・シークレットの一部閉店とはどうい事なのか気になりますのでまとめていきます。

ヴィクトリアズ・シークレットの一部閉店の真相がヤバい


Sponsored Link


こちらがヴィクトリアズ・シークレットの一部閉店に関する記事詳細です。

アメリカのランジェリー大手、ビクトリアズ・シークレットは今年、一部店舗を閉めるという。

親会社Lブランズは2月27日、第4四半期の決算を発表した。その中で、ビクトリアズ・シークレットの「パフォーマンスが低下している」として、同ブランドの店舗を今年、最大で53店舗閉店すると述べた。既存店売り上げは、2018年の第4四半期、通期ともに3%減少した。

ビクトリアズ・シークレットは近年、苦戦を強いられている。そのセ※シー過ぎる広告と際どいショーは、この「#Me Too」時代に共感を得られず、顧客離れが進んでいるとされる。

これは2018年11月、Lブランズのチーフ・マーケティング・オフィサー、エド・ラゼック(Ed Razek)氏の雑誌『Vogue』のインタビューがネット上で大きな話題となったことで、顕在化した。ラゼック氏は、ビクトリアズ・シークレットの毎年恒例のファッション・ショーについて、ショーは「ファンタジー」だから「トランスセクシュアル」のモデルを使う必要はないと思ったと発言した。

「(ショーは)42分間の特別なエンターテインメントだ」とラゼック氏は言った。「そういうものだ」

ラゼック氏のコメントはネット上で激しい非難を呼び、同氏は正式な謝罪へと追い込まれた。

ファッション・ショーの視聴率も打撃を受けた。2018年12月2日にショーを放送したABCによると、番組を視聴したのは330万人で、CBSが放送した2017年の500万人、2016年の670万人から減っている。

そして、ビクトリアズ・シークレットの売り上げが減る一方で、アメリカンイーグルのエアリー(Aerie)やサードラブ(ThirdLove)といった、自分のからだをもっとポジティブに捉えようと訴えるブランドが市場シェアを伸ばしている。

アメリカンイーグルは、エアリーの第3四半期の既存店売り上げが32%増えたと報告している。16四半期連続での2桁成長だ。投資家向けの決算発表で、同社のCEOジェイ・ショッテンスタイン(Jay Schottenstein)氏は、これは同社史上最高の結果の1つだと語った。

※一部省略

出典元:ビクトリアズ・シークレット、2019年に北米53店舗を閉店へ

今回のヴィクトリアズ・シークレットの一部閉店についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

ヴィクトリアズ・シークレットの一部閉店に関する口コミ情報


Sponsored Link




あくまで、ショーなんだけどねぇ。
モデルにとって、ステイタスでもあるだろうし。
ただ、これに合う体型は日本では難しいよね



みんな、脚が長い。絶対隣には並べないね。



ここまでスタイル完璧な美女達だと美しいって感じる気もするけど、確かにMeTooの時代には合わないだろうね。



私は女性だし保守的な人間だと思うけど、ヴィクトリアズシークレットのショーはエネルギーに溢れていて大好きです。



昔はかなり流行ったんだけどね。アメリカ国内では値段も割と手頃だったし。時代の流れだね。



シークレットはアンダーウェアとモデルと大人的なビジュアルだけがとりだたされる事が多いんですが

少し前まで靴から服やバッグ、全てオリジナルを取り扱っていたのだけど、ちゃんとリラックスウェアやコンフォーな服、スポーツウェアまでオリジナルで普通にデザインのよいいいものを作っていた。それこそギャップよりシルエットも作りもよく、価格も高くなく、優秀でよく個人輸入で買いました。
今、あの価格であれだけのものが無いので、残念です。
イメージを大人系、綺麗系でブランドいを固定し、
アンダーウェアだけに絞ったのが敗因じゃないかなと。
そんなのとはイメージが全然違う、着心地が良く品質も悪くないアパレル全般もをちゃんとつくったんですがね。



Metooとか関係ないよ笑笑。質が下がったから買わなくなった人が多いだけ。パンティは数ヶ月で破ける。昔なら定価でも買ってたけど、今は安くなってる時にしか買わない。



その前に、十数年前に、突然品質が下がったときから、こういう日が来るのはわかっていたことかと。
ここまでは、それまでの惰性とプロモーションで来られたわけだけど。



昔から質も悪ければ値段も高い
最近はさらに質も悪ければ値段はもっと高い

それが原因



頭がいいのも、足が速いのも、手先が器用なのも、容姿が綺麗なのもそれぞれ個性でそれらを武器に仕事ができれば、またそれを発揮する場があるのは悪い事ではないと思ったり。

『「#Me Too」時代』って良い時代?つまらない時代?

セクハラとかは当然ダメだけど、これについては見たくない人は見なきゃ言いだけとも思うのだけど。

こういった抗議に依るのではなく、「商品の良し悪し」と「個人の主観」で売り上げが増減するものかなとは思う。

これこそがブランドイメージというもので、その戦略は難しいということか。


Sponsored Link




ショーを見る分には良いのよね。
パリコレと同じように、綺麗なモデルさん達が綺麗な服を着て歩く。華やかで素敵。同性でも思わず見とれてしまう。

ただ、買うかと言われたらそれは別問題。
ショッパーも派手だから、アンダーウェア買ったのバレバレだし。

後は産後、数週間とか数ヶ月で体型戻して戻ってくる人いるけど、もちろん彼女達の努力は相当凄いのだけど、やっぱり時代にそぐわないというか、時代はナチュラル思考になっているんだよね。

細くてスタイルのいい人に似合うアンダーウェアを買うのか、いろいろなサイズがあって自分の体型にあうアンダーウェアを買うのか…私だったら間違いなく後者を選ぶだろう。



ヴィクシーはヴィクシーで、スタイルを持って営業してれば良いんだよ
これはこれ、それはそれでいいのに、全てをひとつの方向性に持ってこうとするから歪みが生じる

ただ品質やデザインが受けなくなってるなら改善しないとね



なんか面倒くさい世の中になったって感じ…



素晴らし体型にオシャレなアンダーウェアが似合う女性は男からすれば理想だが、女性のほとんどが自身の体型にコンプレックスを持っていると思う。努力すれば…と言うが、それだって限界がある。
2010年代の文化はあまりにもキレイな物を求め過ぎた時代だった。
2020年代は人間の本質を見つめ直す時代になるのではないのか?



個々のエンジェルズが体型や人気を持続させるために、猛烈な努力をしているのは判ります。
でも選考の土俵に立てる人は、身体的に上位数パーセントが現実で、ほとんどの人は最初から無理、結果として共感され難いと思います。
今は顔はある程度変えられますが、ダイエットしても頭身や足の長さは変えらないですよね。



ラゼック氏は普通に「トランスの方達は他の女性達と同じようにオーディションを平等に受けている。ただ人数が少ないからまだ面接通過者がいないだけだ。」とか無難なこと言えばよかったのに。

トランス専用合格粋を作ってしまったらトランスの方が優遇されて受かりやすくなるしそれは普通の女性に対しての差別になる。



アメリカに住んでた事があって、何度か店舗にも行きましたが、デザイン重視で機能性に劣るものが多かったように思います。
パットの入ってないブラとか、ペラッペラのショーツとか、買いたいと思うものはあまりなかったです。



アメリカではアンダーウェアがそこそこ安価なので需要はあるけど利益率が低いのかな。スポーツウエアは悪くないけど中途半端。ルルレモンのほうが人気が高い。人種差別する気はないが黒人の客が多い。一方、業績を伸ばしているルルレモンは白人層が多い。アバクロとかもそうだけど、黒人とか中国人が買うようになるとなぜか業績が落ちる傾向にあると思う。



100店舗のうち50店舗畳むんならヤバいだろうけど3000店展開してるんだから別に採算悪い店舗の整理としては極端ではないだろう。売上下がっているのは間違いないが、危機的な状況でもない。アバクロしかりGAPしかり、一般大衆をターゲットに設定してて勝ち続けられるブランドはないよ。



カナダで留学生活を送っていた頃、PINKの方にはお世話になりました。といっても、貧乏だったのでボクシングデーを狙って、現地の若い女の子達に混じって買ってました。PINKの方は割と人も入ってましたが、本家本元は確かに、カップル達がアンダーウェアを見ながら冷やかして合ってるのは見たことありますが、実際に買ってる人は少なかったと思います。私はもちろん手も出せませんでした…見てる分には可愛いなぁと思うのですが、お値段は全然可愛くない…



スタイルがよくて美しい女性を並べるのが時代に合わないというのはちょっとおかしいと思う。
美しくあろうとする努力は認めるべき。
きれいな人ばかりの広告なんて流行らないなんて堂々という人がいたら、かわいそうな人だなと哀れんでしまう。


Sponsored Link




製品には興味なくてもショーとしては一流だと思います。出演のモデルは当然魅力的ですが舞台・音楽面白く楽しめます。
アンダーウェアの購入者がモデルと比べて・・・というのは例えばTVスターと自分が違うというようなものでそれをMeTooと言うのはちょっと・・・とも思います。
日本では出来ないショーですネ・・・モデルが着けているアンダーウェアは売るためのショーには見えません(衣装)。



>この「#Me Too」時代に共感を得られず、
>顧客離れが進んでいるとされる。

いや、ただ単にライバルブランドが増えているだけ
品質も向上しないネームバリューだけでは
顧客はついて来ないよ



ヴィクシーモデルは美しく、昔の西洋画に出てくる美の化身のごとく…。
でも、実際に同じアンダー着を買って似合う人がどれぐらい居るかは「確かに疑問」ですよね。
アメリカでは「ふくよか」な人がかなり多いですし、消費者が自分に合った物を買うようになった事は必然なのかと思います。
ただショーを無くたり縮小するのは悲しいので頑張って欲しいですね。



ヴィクシーの低迷と反対に売上を伸ばしてるエアリーは、写真のようなスーパーモデルは使わない。
ウエストのくびれがない人、一般人の体型に近いモデルばかりだ。商品も彼女たちの体に無理なくフィットして、ちゃんとおしゃれに見える。締めつけや食い込みとは無縁。

これ、Me Tooはあまり関係ないと思う。ヴィクシーのような肌着を着ろ、という社会の圧力があるわけではないから。ただ単に、「炭水化物を抜くなんてバカバカしい、ランジェリーは男の目を楽しませるためにあるんじゃない。女がありのままの体型で充分おしゃれに快適に着れることが何より大事」という方向に消費者が変わってきただけだと思う。売上がそれを物語ってる。



ヴィクシーが世の中に知られる前にアメリカからカタログを送ってもらい、日本にはないセKUシーなアンダーウェアや洋服を購入するのが楽しみでした。セレブを起用した広告戦略の失敗、夢のない買い物が当たり前となったネット通販が主流になった弊害だと感じます。また原点回帰で復活して欲しいと願っています!



ランジェリーは通販にすれば、大人的世代の需要はあるかもしれない。
PINKはヨガウェアを豊富に取り揃えてあるし、
安心して着れるデザインなのでスポーツウェアとして売れば良い。
ただ、Foever21で安売りしているジムウェアの方が日本人には馴染みがあるかもしれない。



53店舗ってしれてる数のように
感じる。それぐらい店舗数が多いからな。

アメリカでは。



香港のセントラルにある同店で頼まれた買い物をいたします。
アンダーウェアよりもコスメなどが店舗面積の大半を占めているので、アジアマーケットはそちらが顕著な気がします。
日本にも空港以外に路面店で店舗展開するならば、やはりバッグや小物と併せてコスメがメインになるのかと思います。

奇抜なアンダーウェアはなかなか日本の女性が日常で着用するものでは無いのかなと。



顧客離れは、品質の問題だと思うよ。 年々高くなるのに、ものは数ヶ月するとヨレヨレ。 #metooは全く関係ないと思う、その前からの問題だし

おわりに

今回はヴィクトリアズ・シークレットの一部閉店について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


Sponsored Link