NGT運営会社 強要否定の真相がヤバい!ついに解散か!

NGT運営会社 強要否定

NGT運営会社 強要否定が話題になっていますね。

山口メンバーが「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」とツイートした事でメディア報道、画像や口コミ情報もヤバい事になってきています。

いったいNGT運営会社の強要否定とはどういう事なのか気になりますので詳細をまとめていきます。

NGT運営会社 強要否定の真相がヤバい

スポンサーリンク


こちらがNGT運営会社の強要否定に関する記事詳細です。

NGT48の山口真帆(23)が昨年12月8日、暴行被害に遭った事件で、グループを運営する「AKS」は22日、新潟市内で、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。

 AKS運営責任者の松村匠取締役、NGT劇場支配人の早川麻依子氏、NGT劇場副支配人の岡田剛氏が出席。

 会見冒頭のあいさつで、松村取締役がメンバーの管理やセキュリティー上の不備など組織運営上の問題が事件の背景にあるとし「山口に事故を遭わせ、メンバーや父兄の方の心にも深い傷を負わせたことをお詫びし申し訳ないと思う」と謝罪。第三者委員会からの厳しい指摘の数々について「早急に改善していきたい」と話した。

 また、今回の調査報告書について山口に説明した際の反応や様子について質問が及んだ。「まだ心に傷を負っている。本人が理解し、納得したかどうかについては疑問もあるが、山口とコミュニケーションをとってフォローに努めたい」と松村氏。また、早川氏は、その際山口が「私が言ったことがちゃんと書いていない」と不満をもらしていたとし「(納得できないのは)どの部分を指しているのかは話していないが、『これがすべてだよ』と言われて、『そうですか』と納得している感じではなかった」と振り返った。

 会見中、動画中継を見ていると思われる山口が「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」とツイート。この投稿内容の確認を迫られる場面があったが、松村氏は「メンバーなので、こういう事実、謝罪を強要することは一切ありません」ときっぱり。続けて「(報告書の内容には)納得していないんだなということは推測できる。引き続き話し合っていくしかない」とした。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000149-spnannex-ent

今回のNGT運営会社の強要否定についてネットやSNS上ではどのように論評されているのか口コミ情報を見ていきます。

強要を否定したNGT運営会社の画像や動画

スポンサーリンク


NGT運営会社の強要否定に関する口コミ情報

スポンサーリンク




本人は具体的に謝罪するに至った経緯を語ってるのに、そんな事はないって、それは山口さんが嘘をついてるって言ってるのと同じですよね
この先の話し合いも、丸め込めると思ってるのか、クビにするとか、誰かのせいにするとかして、脅迫まがいで有耶無耶にしていこうとするのか
これまでの運営の腰の重さと組織だけを守ろうとしてる姿勢をみてると、山口さんを悪者にしようとしてるだけのような気がしてならない
誰を守りたいのか、不祥事を起こしても金になるメンバーなら不問で通したいだけなのか
山口さんがなんで公表したのかをしっかり考えて欲しい
メンバーの中には、余計な事しやがってと暗に含んで山口さんを責めてるメンバーもいる
これは運営が最初っからしっかりと対処しなかったからで、NGTを言う団体をどんどん傷つけてるのは運営です
今傷ついてでも、ちゃんとダメなものはダメと、膿を出さないと、崩壊していくだけですよ



ただ「(報告書の内容には)納得していないんだなということは推測できる。引き続き話し合っていくしかない」

引き続き告発を撤回するよう強要してゆくということですか?
まともな人がする事ではない。
運営さんは世論が全く理解できていないのですね。
人ひとりの人生をこれ以上貶めてまで関与メンバーを庇ってもNGTへの好感度は一切あがらない。



「AKSから山口さんへの公開謝罪の強要」という別件での強要罪での告発。
刑事事件が傷害事件とは別事案として存在することを会見者も山口さんも認めたのだ。

あとは、示談も強要による契約行為であったならば、その示談も民事上無効であり、示談させたときの欺罔行為や強要行為そのものが、暴行事件の処分とは別の事案としてAKSと山口さんとの間で起こされうる。

これで、過去の示談で済ませたかもしれない脱退や退職に関することも、警察・検察が捜査せざるを得ない状況にまで事態の背景が解明され、山口さんの身を賭した内部告発の勇気が結実するときが来た。



山口さんの告発を見ました。
言った、言わないの世界なので外部からはどちらが本当の事を言っているのか知ることはできません。
それでも言えるのは、これまでの対応から運営は信用できないという事。



おそらく山口さんの言っている事が本当でしょうが、報告書と同じで証拠がないの一点張りで逃げ切るつもりでしょうね。ここで素直に非を認めて謝罪すれば違うんだけど、さらに信用を落としましたね。元々信用なんてないか。



被害者を守る気がない。
世間が、どっちの言い分を信じるか。
被害者が、謝罪した時点でおかしいけどね。
昨日、CDスペシャルで、中井りかは、笑顔で歌って踊ってたけどね。



一方的であり、到底納得出来るものではないでしょう。

何の為の第三者委員会なのか。

何の為に山口さんは勇気を出して告白したのか。

他人の足を引っ張らずに一生懸命頑張るメンバー達を含めて守って欲しい。

絶対に許すな。



>松村氏は「メンバーなので、こういう事実、謝罪を強要することは一切ありません」ときっぱり。

これも第三者委員会が調査するべきだと思う



少なくとも数十人のメンバーが私的交流あるいは情報漏洩というグループの機密に関わる問題を起こしていたのは事実で、一連の風紀の乱れを不問にするとした時点で体制を改善することより問題に絡んでいた人物を隠蔽し、運営の管理の不手際をはぐらかす魂胆は明らかである。もうNGTは解散解体した方がよいな!



どちらが本当の事を言っていてどちらが嘘を言っているかは分からないがまずパワハラなどと同じで権力を持っている方が普通に言っている事も受け手側からすれば強要に感じる事は”多々”ある。そして第三者委員会や設営側の発表だけを信用すれば山口がかなり大幅な嘘を言っている事になる。本当にそうならば設営側は名誉棄損でも何でも訴えれば良い。そうすれば裁判として真実を明らかになるだろうし設営側の言っている事の信用度も上がる。しかし、そこまでやらない(やれない)のは何か理由があるからだろうと考えてしまう。

関連記事

⇒ 山口真帆 NGT48の表記を削除した

⇒ 山口真帆(NGT48)の犯人の顔画像×2人

⇒ 早川麻衣子(NGT48新支配人)facebook顔画像

⇒ 北川丈(じょう)山口の犯人で逮捕

⇒ 笠井宏明(じぇぴ)山口の犯人で逮捕

おわりに

今回はNGT運営会社の強要否定について調べてみました。 

ネットやSNS上ではいろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。


スポンサーリンク