西岡剛 練習相手がヤバい【画像有り】

 

西岡剛(にしおかつよし)選手の練習相手が話題になっていますね。

ニュース報道や口コミ情報もヤバい事になってきているようです。

いったい練習相手とは誰のか気になりますので紐解いて見ていきましょう。

スポンサーリンク

練習相手は誰?

12球団合同トライアウトが、13日にタマスタ筑後(福岡)で行われる。投手、野手計47選手が参加予定。戦力外を通告されている選手は、トライアウト終了後に各球団との契約が可能となる。今季限りで阪神を戦力外となり、トライアウトに臨む西岡剛内野手(34)がスポニチ本紙の取材に応じ、現在の心境を激白した。

 この1カ月間、誰もいない甲子園の室内練習場で、たった一人で練習を続けた。「来年ユニホームを着られるんやろうか」。不安が押し寄せることがあっても「この経験ができたことはラッキーだ」と前向きに捉えた。

 福岡入りした11日、今季開幕前に自律神経の病気でソフトバンクを退団した川崎宗則さん(37)が練習相手を買って出てくれた。06年WBCで二遊間を組んだ兄貴分。「おまえの生き方が好きだ。俺のためにも頑張ってくれ」という川崎さんの言葉を胸に刻み「ムネリンの存在が僕にもう一つスイッチを入れてくれた」と感謝した。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000067-spnannex-base

 
スポンサーリンク


西岡剛の評判

60代男性
西岡剛さんの練習相手が川崎さんだったとは泣ける話しですね!ムネリンは義理堅い人間だな
50代男性
練習相手がいないと意外と野球の練習ができないですもんね。壁にボール投げて練習するのは中学生レベルの野球だし
10代男性
西岡選手の練習相手の川崎選手も一緒にトライアウト受けてみれば良いと思う
40代女性
採用の可否はフロントと井口監督とが決める事だけど、現在のロッテの戦力を鑑みると鈴木大地がキャプテンシーを張って、藤岡裕大、中村奨吾、平沢大河がいて、中堅、若手がバランス良くひしめき合ってベテランが入り込む隙間がないように思える。
マスコミを通じて発言するならロッテだけ決め打ち発言じゃなく、どこの球団でも拾ってくれたら嬉しいぐらいにしとけば良かったのにね。
40代男性
西岡選手については、実績よりも「素行が悪い」とか「人間性に問題がある」といった風評がある、という印象が強いです。
まあそういう人は今年引退した新井選手や松井選手のようには、どう転んでもなれないですし、
今さら「ロッテに戻りたい」と口にするあたりがもう、ちっさい男だなとしか思わないですね。
トライアウトがんばってください。

20代女性
この西岡剛のことあまり知らないけど、
なんか嫌われやすいというか、
叩かれやすいタイプ?
あのパフォーマンスの時も
なんだコイツは?と思ってた。
まだ若いのにどこも拾ってくれないのかな。
30代男性
最後は古巣で、と思うならFAやその後の行動をよく考えたほうがいい。
自分が初めて野球選手になって、野球選手のイロハを教えてもらって、
選手としてのピークを迎えた時、こんなところは自分の居場所じゃないと出て行って、最後、やっぱり古巣がいいって。田舎のおかあさんじゃないんだから、甘すぎだと思う。広島の新井を見てたら、あこがれるとは思うけど。
今年FAの人も、最後の最後までの野球人生をよく考えたほうがいいよ
30代女性
ロッテファンとして現状を考えて見れば今のロッテ、特に1軍には西岡の居場所はないかと。どうしてもと言うなら育成契約くらいしか道はないんじゃないかな。
50代男性
これまでさんざん好き勝手しておいて今更という感じ。
この人は未だに自分の立場、自分の実力が分かって
なさそう。

西岡ファン、ロッテファンの人達は、どう考えている
のか分からないけど….。

ソフバンとの日本シリーズで、最後に内野ゴロかなんか
だったと思うけど、一塁に嫌らしいベースランした時に、
あぁ、こういう人間なんだと思ったのを思い出した

20代女性
まぁ、日本では叩かれるのが自然かもしれないけど。

西岡の立場がもし自分だったらって考えてみては?
アメリカから帰ってきたとき。
たしかに古巣のロッテに帰りたい気持ちもある。
しかし、阪神の提示額はロッテの倍以上だった。
一度きりの人生で、野球選手を辞めた後も生活しなきゃいけない。家族もある。
若き西岡がロッテにいた頃、あまりに酷いヤジを入れる悪質なロッテ応援団とのひと悶着もあった。
総合的に考えた結果、阪神を選んだ。

そして年月が経ち、トライアウトを受ける身の上。
すべてリセットされた今、拾ってくれる球団はほぼいないだろうと本人も分かっている。
ただ気持ちとしては、色々あったけど最後は古巣のロッテに戻りたいとコメントする。
そんなにおかしなことだろうか。

 
スポンサーリンク