野口健 激怒したホントの理由がこちら↓

スポンサーリンク

 

アルピニストで登山家の野口健(のぐちけん)さんが珍しく激怒して注目を浴びています!

激怒の理由は富士山登山中に救助要請した20代男性が自力で下山し、連絡せずに帰宅したのです。とんでもない奴がいるもんですね!

野口健さんが激怒するのも無理はないですが真相を紐解いてみていきましょう。

 

野口健 激怒したホントの理由

スポンサーリンク


野口健さんは登山家であるので富士山にも何度も登頂しているようですがそんな富士山登山者の中にとんでもない男性がいたようです!

20代の男性が富士山の登山中に野口健さんに救助要請を依頼したようなのですがその後、その男性は体調が回復したのか自力で下山していたようです。

救助隊が助けに向かったのにその場所に到着しても誰も居なかったようです。

そして救助依頼している本人が自力で下山した事を誰にも告げずに勝手に家に帰ってしまったとの事です!

救助隊は体調不良になった登山者を助けようとリスクをおかして救助に向かうのに礼も連絡も無しに勝手に帰ってしまった事に野口健さんは激怒しました。

これは野口さんだけでなく誰でも激おこぷんぷん丸になってしまう案件です。

最近は容易に救助要請を依頼する登山者が多くなっているので有料化は必要ですね!

1回救助隊呼ぶあたり1万円で救助ヘリは1回で50万円くらい払ってもらわないとこれからも気軽に呼びそうな人も出てきそうですね!

 

野口健WIKIプロフィール

名前:野口健(のぐちけん)

生年月日:1973年8月21日

年齢:45

出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市

学歴:亜細亜大学国際関係学部卒業

職業:日本人登山家

 
野口さんは日本人の父親と、エジプト人の母親の次男としてボストンで生まれたハーフのようです。
結構イケメンですよね!

 

4歳の時に初めて日本に来たようなのですがその当時は日本語が話せなかったようです。
そして小学校6年生の時に両親が離婚し家庭環境も恵まれた状況ではなくなってしまいました。

 
高校の時に先輩と喧嘩した事で1か月の停学を食らったようです!
その時に出会った本が植村直己さんの「青春を山に賭けて」で登山を始めたようです。

 

野口健 激怒に関する口コミや評判

今回の野口健さんの激怒についてネットやSNS上ではどのような声や反応が出ているのか口コミ情報を見ていきます。

スポンサーリンク


50代男性
植生回復のために囲いがしてある、とある山のハイキングコースで、写真が撮りたいがために平然と入っていき、巡回スタッフが見つけて咎めると 花を蹴散らしながら逃げていった登山者がいた。
こんなのはごく一部の奴なんだろうけど、確か元首相も山にボンベを捨ててきたんだよね、この国は。
人が見てようがなんだろうが我を通そうとする 中だか 韓だかの国もどうかと思うが、見ていなけりゃ構わねえやっていうのもどうかと思う。
今回の件だって、どうせ誰だかわかりゃしねえやって発想でしょう?

10代男性
冬山は申請したグループ以外は税金使って助ける必要あるのか?って思う。

60代男性
その通りだね県の条例でよいので、非常識な人間には迷惑料金を請求するべきです

10代女性
この野口健さんはこれまで真剣に登山と向き合ってきただけに、余計腹が立って仕方がないだろうな。論外だわ。

10代男性
捜索にかかった費用ぐらい請求できるんじゃないの?

20代女性
ん?
山は有料
海は無料
でなかったの?

認識違いでしたか?


20代女性
心底同意です

この一件に関しては徴収してもいいくらいでは?
いたずら通報並みのことでしょ
しかも二次災害は考えられる、山の救助要請

実名報道必要


30代女性
救助隊は出前じゃないんですよ。

身勝手すぎる。

野口健の激怒の報道内容

スポンサーリンク


こちらがYahoo!ニュースなど各メディアで報道された野口健さんの激怒に関する記事内容です。

アルピニストの野口健氏(45)が、富士登山中に救助要請した20代男性が自力で下山し、連絡せずに帰宅していたとの報道を受け「極めて悪質!」と、男性に激怒した。

野口氏は21日、ツイッターを更新。「これはとんでもない話だ! 救助要請しながら、自力で下山しそのまま帰宅していたとは。そもそもアイゼンも持たずに何を考えているのか。というか救助要請しておきながら…こういう無神経な人がいる事にあきれ果てる 罰金を取る手段はないが、ペナルティーは必要!!!」と怒りをあらわにした。

翌22日にも「極めて悪質!名前の公開ぐらいしてもいいだろうに。救助隊員は命がけで救助に向かう。2次遭難のリスクを背負いながらも一分一秒早く見つけてあげたいと必死になって捜索活動をする。この男はそんな事も想像できないのか」と怒りはおさまらず。「近年、あまりに安易に救助要請をだす登山者が増えている。有料化を検討すべき」と訴えた。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-05220551-nksports-ent

このように野口健さんはかなり怒っています!

その激怒した内容をtwitterにアップした事で波紋を広げています。

 

 

激怒した野口健の画像や動画

スポンサーリンク


野口健さんが激怒したtwitterの投稿がこちらです。

 

ネットの反応

 
 
多分、救助要請した男は、はなっから助けてもらおうとは思ってなく、面白半分で要請したと思う!
実名を公表し前例として全費用を請求すべきです。

 
 
公的業務外の救助は有料化すべき
イヤなら行かなければいいだけだ。

 
 
これは、

あかん!登山やらない者でも頭くるは!

 
 
救助活動する人も命がけ、下手したら自分すら遭難し兼ねない。警察に呼んで事情聴取と相当なお説教が必要。

 

おわりに

今回は野口健さんの激怒について調べてみました。

激怒の理由は富士山の20代男性の登山者が救助要請をしたにも関わらずに助けが来る前に自力で下山して何も連絡せずに家に帰ってしまった事のようです。

この男性は誰なのか名前や顔画像はまだ公表されていません。 

ネットやSNS上では賛否両論いろいろな意見が出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注視し新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 
スポンサーリンク